タマネギ 収穫時期

タマネギ栽培.com

タマネギの収穫時期

読了までの目安時間:約 4分

 

スポンサードリンク


tamanegi

タマネギの収穫時期はタマネギが教えてくれます!
収穫時期が近付くと、タマネギの葉がバタバタと自然に倒れていきます

 

 

葉の倒伏がタマネギの収穫のサインです。

 

 

■タマネギの収穫時期

 

1.タマネギの葉が倒伏する理由
タマネギは3月のお彼岸の時期が過ぎて、
気温が上昇してくると、根や葉の数が増えていきます。

 

中晩生種は4月下旬になると球の肥大をはじめます。
葉の数は5月上旬まで増え続け、最大で10枚程度になります。

 

葉の数を増やしながら、球は肥大を続けていきます。
葉の数が増えなくなると、葉鞘部が空洞化していきます。

 

空洞化すると葉自体の重さを支え切れなくなり、葉が倒伏していきます。

 

2.秋まきタマネギの収穫時期
タマネギの葉の倒伏は、収穫時期が来たことのサインです。
しかし、葉が倒伏した後も球は肥大を続けています。

 

葉が倒伏してすぐ収穫すると、
思いのほかタマネギが小さくてがっかりすることになりかねません。

 

だからと言って、球が肥大するのを期待して、
葉が倒伏してからも長時間収穫をしないでいると、
病気にかかったり貯蔵性が悪くなってしまいます。

 

秋まきタマネギの収穫は、
葉が倒伏して1週間後と考えれば間違いがありません。

 

タマネギの収穫は晴天の日に行います。
葉が倒伏してから1週間後の、
よく晴れた日が秋まきタマネギの収穫日和になります。

 

3.春まきタマネギの収穫時期
春まきのタマネギも、葉の倒伏が収穫のサインになります。
秋まきタマネギよりも春まきタマネギの方が、
葉の倒伏が始まってから収穫までの時期が早くなります。

 

春まきタマネギでは、タマネギの葉が全て倒伏するのではなく、
8割方倒伏した時期を収穫時期の目安にします。

 

春まきタマネギでは「根切り」という作業を行います。
よく晴れた日にタマネギを抜き、地面に寝かせておくのです。

 

根からの養分を絶ち、肥大しすぎて外皮がひび割れるのを防ぐために行います。
根切りの時期は、春まきタマネギでも品種によって時期が違ってきます。

 

◎根切りの適期
極早生品種では、8割の葉が倒伏して5日後、
早生種では7~10日後、
中生種では10日~15日後、
晩生種では15日~20日後を目安にします。

 

 

tamanegi (2)

タマネギは、収穫後に畑で2~3日乾かすと保存しやすくなります

 

 

4.タマネギの収穫方法
タマネギの収穫は、しばらく晴天が続く日に行います。
葉を持って引き抜くと、タマネギは簡単に収穫することができます。

収穫後は、2~3日そのまま畑に置いて乾燥させます。
保存方法は、こちらです。
>>タマネギの保存方法
 

■参考

・タマネギ 3月の肥料



スポンサードリンク

 

タグ : 

タマネギ栽培 Q&A

この記事に関連する記事一覧