タマネギ 砂質土 栽培

タマネギ栽培.com

タマネギ 砂質土での栽培

読了までの目安時間:約 4分

 

スポンサードリンク


 

 

tamanegi005

タマネギに合った用土を作ることは、
美味しく大きいタマネギを育てるのに欠かせません

 

 

地植え、プランター栽培ともに用土はしっかり作ります。
では、砂質土での栽培は向いているのでしょうか?

 

 

■タマネギ 砂質土での栽培

 

タマネギは乾燥がやや苦手なので、
少し湿った粘土質の土を好むと言われます。

 

砂質土では、生育が悪くなると考えがちですが、
タマネギは、ほかの野菜と比較すると、用土による生育への影響が、
とても少ない生命力のある野菜です。

 

タマネギの性質に合わせて土を作りをする必要がありますが、
特別に難しい用土作りは必要ありません。
>>タマネギ栽培 用土

 

例えば、千葉県九十九里浜南部長生郡白子町と長生村は、
葉タマネギの日本一の生産量を誇っています。

 

特に早生種の育成には、砂質土は地温が高まりやすく、
タマネギの生長に適しています。

 

早生種以外でも、日当たりが良く、
堆肥を十分に施し、保水性を高めれば、
良いタマネギを栽培できます。

 

砂質の畑で、注意したいことは、肥料切れと水切れです。
砂質土は、施した肥料が流失しやすいため、
追肥もやや多めの量(回数は3回)与えると良いでしょう。

 

ネギ類は、リン酸を効かせると根の張りが良くなるので、
追肥にもリン酸が多いものを選びます。

 

リン酸の分量は、土壌100グラムあたり、
リン酸が60~100ミリグラムが良いとされています。
>>タマネギ 肥料

 

水やりに関しては、土の状態を毎日チェックして、
乾燥しにくいように、マルチングやワラを敷いたりなど、
工夫すれば、いろいろな野菜を栽培することができます。
>>タマネギの水やり

 

 

tamanegi008

広大な畑の土壌改良はたいへんです

 

 

■土壌改良したい場合

土壌改良材を使って、砂質土の地力、保水力を向上させる方法もあります。

 

バーク堆肥、バーミキュライトやゼオライトなど土壌改良材を使います。
使用量は1㎡に1~2リットル程度投入します。

 

全畑に、使用すると費用がかかりすぎる場合は、
畑のすべてに施さなくても、
畝や植穴に混ぜ込むだけでも効果が上がります。

>>タマネギの収穫時期



スポンサードリンク

 

タグ :  

タマネギ栽培 Q&A

人気の記事