オニオン・ジェノバ

タマネギ栽培.com

オニオン・ジェノバ

目安時間:約 4分

 

スポンサードリンク

オニオン・ジェノバ

 

 

オニオン・ジェノバ(DI GENOVA) は、
FRANCHI社から販売されているタマネギで、イタリアの品種です。
ダークレッドのような濃い色をした赤タマネギです。

オニオン・ジェノバの特徴や育て方をご紹介します。

 

 

[オニオン・ジェノバ]

 

 

■オニオン・ジェノバの特徴

 

・イタリアの赤タマネギ
イタリアで食べられている赤タマネギで、
ダークレッドのような濃い色が特徴的です。

 

赤タマネギの特徴は日本の赤タマネギとあまり変わりがありません。
FRANCHI(フランキ)社から販売され、日本では種を購入することができます。

 

種子消毒はされていないことが多いので、栽培には少し注意します。

 

・熟期は晩生
6月から収穫ができ、熟期は晩生です。
うまく貯蔵すると長持ちしますが、
黄タマネギよりは貯蔵期間が短いので、早めに食べきるようにします。

 

・小玉のうちに収穫できる
日本の赤タマネギには少ないですが、黄タマネギの葉タマネギのように、
肥大する前の小玉のうちに収穫して、そのまま焼いて食べることができます。
甘みがあり、ジューシーな味わいです。

 

・辛みが少なく食べやすい
普通に栽培して収穫しても辛味が少なく、
臭いも控えめなので食べやすく、サラダに最適です。

 

 

 

 

■オニオン・ジェノバの栽培のコツ

 

・基本は赤タマネギの栽培と同じ
赤タマネギ栽培の基本や、晩生品種の育て方に沿って栽培します。
海外産の品種なので、どうしても種から育てる必要があります。

 

種まきは9月頃、遅くとも9月いっぱいまでには終えておきます。
極端な早まきをすると大苗になってしまいますので、適期に行います。

 

・追肥は3回
年内に越冬できる葉の枚数を確保し、追肥は年明けから行います。
1回目は1月、2回目は2月、3回目は3月上旬までに追肥をします。

 

化成肥料を1㎡あたり50gを目安として与えます。
3月上旬以降に肥料を与えないように、追肥の時期は守ります。

 

・収穫は5月~6月
収穫は地域にもよりますが、5月中下旬から収穫が開始できます。

 

遅くとも6月中には収穫することができ、
収穫後は、風通しの良い日陰で保管したり吊り玉にすると長持ちします。

 

■参考
・タマネギ 肥料過多
・タマネギ 肥料一発
・タマネギ 無機肥料
・タマネギ 有機肥料
・タマネギ 3月の肥料
・タマネギの収穫時期

スポンサードリンク

 

タグ :

タマネギ 品種

人気の記事

«  | ホーム |