スーパー春いちばん

タマネギ栽培.com

スーパー春いちばん

読了までの目安時間:約 4分

 

スポンサードリンク


スーパー春いちばん

 

 

超極早生品種の春いちばんより、
3日程度早く収穫ができるスーパー春いちばん。
松永育苗から販売されている品種です。

スーパー春いちばんの特徴や育て方をご紹介します。

 

 

[スーパー春いちばん]

 

 

■スーパー春いちばんの特徴

 

・暖地で3月中旬収穫
熟期は超極早生で、春いちばんと同様で9月頃に種まきをし、
3月中旬に収穫する作型です。

 

暖地では遅くとも3月下旬には収穫ができます。
中間地では3月下旬から4月初旬に収穫ができます。

 

冷涼地には不向きで、厳しい寒さや積雪でタマネギが肥大しにくいです。
暖地や中間地に向いている品種です。

 

・超極早生品種に珍しい丸形
超極早生品種、極早生品種では、平べったいような形が多いですが、
甲高の丸に近い形をしています。
大きさは250g前後に揃い、偏平球になりにくく、形も揃います。

 

・トウ立ちや分球が少ない
超極早生品種の中でもトウ立ちや分球が少ない品種で、
形も揃うので良いものが収穫しやすいです。

 

・草勢は大人しい
春いちばんや、同じ極早生品種の杏仁丸より草勢が大人しいです。
その分、追肥が重要になり、早くから生育させるのが栽培のポイントです。

 

 

■スーパー春いちばんの栽培のコツ

 

・早生系より早めの種まき
種まきは春いちばんや杏仁丸と同様に時期に行い、
早生や中生系のタマネギよりも5日程度早く種まきをします。

 

9月上旬から種まきをし、遅くとも9月中旬までには終わらせておきます。
種まきが遅くならないよう、かといって極端な早まきを避けます。
植え付けは10月下旬までに植え付けるようにします。

 

・年内の追肥が重要
草勢が大人しいので、追肥が特に重要です。
年内に行う追肥は1㎡50gを与えます。

 

寒い時期を越すために葉の枚数を揃えます。
また、この時期に生長させることで、タマネギの大きさを確保します。

 

・収穫
収穫は暖地で3月中旬から開始し、中間地では3月下旬から開始します。
実際の倒伏の状況を見て収穫しますが、
貯蔵には不向きなので早めに食べきるようします。

 

■参考
・タマネギ 肥料過多
・タマネギ 肥料一発
・タマネギ 無機肥料
・タマネギ 有機肥料
・タマネギ 3月の肥料
・タマネギの収穫時期



スポンサードリンク

 

タグ :

タマネギ 品種

人気の記事

«  | ホーム |