パワー

タマネギ栽培.com

パワー

目安時間:約 3分

 

スポンサードリンク

power

パワー

 

 

パワーは、抽苔(ちゅうだい=とう立ち)や、
分球の心配がほとんどないといわれている、
とても栽培しやすい中晩生種に属するタマネギです。

 

タマネギは、血液をサラサラにする効果の他、がん予防、老化防止、
さまざまな健康効果があるといわれています。

 

タキイ交配によるこの「パワー」という品種名も、
タマネギの健康効果からつけられたのかも知れませんね。

 

 

[パワー]

 

 

■パワーの特徴

 

・抽苔が少ない
抽苔とは、蕾が上へと上がってきてしまうことで、
とう立ちすると、球が上手く丸く太ってくれなくなります。

 

一般的に、極早生種、早生種は抽苔しにくい性質をもちますが、
中晩生種に属するパワーも、抽苔しにくい性質をもっているので、
とても育てやすいです。

 

種まきの時期や、低温化での栽培に注意すれば、
ほぼとう立ちしないと言っても良いでしょう。

 

・分球が少ない
早まきした場合や、苗が大きくなりすぎると、球が割れ、分球が起こりますが、
パワーの場合、分球が起こりにくい性質を持つため、とくに心配はいりません。

抽苔や分球の心配がないことで、とても育てやすい品種であるといえます。

 

・貯蔵性に優れている
パワーは、中晩生種のため、収穫が6月上旬~下旬と他の品種に比べて少し遅めです。
しかし、その分貯蔵期間は長く、翌年の2月まで貯蔵しておくことができます。

家庭菜園において、貯蔵性が優れているのはとてもうれしいポイントですね。

 

 

■パワーの栽培のコツ

 

・栽培スケジュール
種まきは、冷涼地の場合、8月末頃、中間地は9月中旬頃、暖地で9月末頃が目安です。
苗の定着は、だいたい55日間ですので、10月末頃から11月末に行います。

 

収穫は、暖地、中間地、冷涼地の順番で適期が訪れます。
冷涼地の場合は栽培期間が暖地と比べて約1ヶ月ほど長くなります。

 

収穫は6月上旬~中下旬頃が目安です。

 

・肥料
肥料は元肥を主体として、やや多めに与えるのが上手に育てるコツです。
止め肥は、3月中下旬頃です。それ以上遅くに肥料を与えないようにしましょう。

 

■参考

・タマネギ 苗の作り方
・タマネギ 苗の販売
・タマネギ苗の保存方法
・ホームタマネギの栽培

スポンサードリンク

 

タグ :

タマネギ 品種

この記事に関連する記事一覧