マッハ

タマネギ栽培.com

マッハ

読了までの目安時間:約 3分

 

スポンサードリンク


Mach

マッハ

 

 

マッハは、極早生種の品種で、
通常よりも早い4月頃からの収穫が可能です。

 

極早生種は一般的に貯蔵するのには向かないとされていますが、
マッハならば、8月末頃まで貯蔵できます。

 

貯蔵性に優れた品種と同時に育てれば、
長い間、家庭菜園で採れたタマネギを食卓に並べることができます。

 

 

[マッハ]

 

 

■マッハの特徴

 

・生育が良い
草勢旺盛で、低温肥大性に優れています。
耐寒性、耐病性に優れているので、とてもつくりやすい品種です。

 

・扁円球
マッハは、丸いタマネギというよりは、扁円球の形をしています。

タマネギっぽいか? と言われると、そうではありませんが、
扁円球形タマネギは、包丁で切るとき、安定性があり調理しやすいと思います。

 

・高品質
色艶も良く、首部も良くしまっているので、切り玉に適しています。
貯蔵も、吊り玉ではなく切り玉のまま行えるのはありがたいですね。

 

 

■マッハの栽培のコツ

 

・栽培スケジュール
中間地の場合、9月中旬頃に植え付けます。
マルチ栽培をする場合は、大体9月下旬頃に植え付けることになりますが、
収穫期にさほど差はないため、マルチ栽培でなくても良いでしょう。

 

暖地の場合は、9月下旬頃に植え付けます。
マルチ栽培に関しては、中間地同様です。

 

・早期収穫のために
マッハは、極早生種なので、早どりできるところが一番の特徴であり、魅力です。
4月中旬頃の早い収穫期に良いタマネギを得られるよう、
冬場の生育を抑え、早春から追肥で肥効を高めるようにすると良いでしょう。

 

マルチ栽培の場合は、全て元肥として肥料を与えますが、
露地栽培の場合は、年明け頃と、2月中旬頃を目安に、追肥を与えてください。

 

・収穫
収穫は、4月中旬~下旬が適期とされていますが、タマネギの場合は、
葉や茎が黄色っぽくなり、茎が折れ曲がって倒れた頃を目安にすると良いです。

 

・保存方法
マッハは、一つずつ新聞紙に包んでからカゴに入れ、
風通しの良いところで管理すると、
比較的長い期間貯蔵しておくことができます。

 

■参考

・タマネギ 苗の作り方
・タマネギ 苗の販売
・タマネギ苗の保存方法
・ホームタマネギの栽培



スポンサードリンク

 

タグ :

タマネギ 品種

この記事に関連する記事一覧