浜育

タマネギ栽培.com

浜育

読了までの目安時間:約 4分

 

スポンサードリンク


hamasodati

浜育

 

 

浜育(ハマソダチ)はカネコ種苗から販売されているタマネギ品種です。

 

 

[浜育]

 

 

■浜育の特徴

 

・サラダ向き
早生品種で、サラダに向いているタマネギです。
食味はとても良く、肉厚でジューシーさがあり辛味が少ないです。
肉質はやわらかく、繊維が少なく、甘みが強いタマネギなので生食に最適です。

 

・生育が良く育てやすい
早生品種ですが、比較的育てやすい品種です。
生育が旺盛で、トウ立ち、分球の発生が少ないので、
安定して栽培、収穫が出来ます。

 

・早生品種の中でも収量が多い
早生品種のタマネギの大きさは小さいものが多いですが、
浜育は肥大性が良く、大きさは250g~300gと大きく、収量が安定しています。
また、甲高の形をしていて、大きさ、形ともに揃いが良いです。

 

・冷涼地でも栽培が可能
暖地、中間地のほか、冷涼地でも栽培が可能ですが、
積雪のある地域では栽培が難しくなりますので注意してください。

 

 

■浜育の栽培のコツ

 

・種まき
種まきは暖地、中間地ともに9月中旬が目安になります。
極端に早まきをしてしまうと、トウ立ちや分球が発生しやすくなります。
大苗も同様ですので注意してください。

 

植え付け後、活着を促すために、苗床にはリン酸肥料を多めに入れてください。

 

・植え付け
種まき後、約55日が植え付けのタイミングです。
適期に植え付けを行うことで、その後の生育が良くなります。

 

・肥大期までの育て方
早生品種は肥大期までに葉の枚数を確保しなければなりません。
年内の葉の枚数は5~6枚が理想ですので、極端に少ない場合は、
枚数を確保するために水やりや追肥を行って生育を促します。

 

この際、葉数確保のための追肥は年内までとして、肥料が遅くに効かないようにします。
肥料の遅効きは肥大、品質低下の原因となりますので注意してください。

 

・追肥
追肥は、葉数確保の12月に一回、年が明けて2月頃にもう一度追肥をします。
化成肥料を使い、1㎡あたり50gを与えてください。

 

・収穫時期
4月中旬~5月上旬が収穫時期です。
収穫が遅れてしまうと、品質が低下しますので、適期に収穫するようにしましょう。

 

■参考
・タマネギ 苗の作り方
・タマネギ 苗の販売
・タマネギ 苗の植え方
・ホームタマネギの栽培
・タマネギ 肥料



スポンサードリンク

 

タグ :

タマネギ 品種

人気の記事