鰹のたたき カルパッチョ風

タマネギ栽培.com

鰹のたたき カルパッチョ風

読了までの目安時間:約 4分

 

スポンサードリンク



鰹のたたきと一緒に野菜をたっぷり食べられます

 

 

■鰹のたたきカルパッチョ風

 

鰹のたたきといえば、タマネギのスライスやニンニクスライスと一緒に、
ショウガ醤油などで食べるのが定番です。

 

お刺身とはまた一味違うおいしさを楽しめます。
けれど、鰹のたたきだけでは、ちょっと物足りない時もあります。

 

野菜をたっぷり食べたくても、鰹のたたきがメインだと、
他の料理を何にして良いのか分からない、ということもあるでしょう。

 

そんな時は、カルパッチョ風に仕立てることで、
野菜も鰹のたたきもたっぷり食べられます。
いつもと違う鰹のたたきを、ぜひ楽しんでください。

 

レシピではタマネギのオイル漬けを使っていますが、
ない場合の作り方も、ポイントに記載しています。

 

●材料

鰹のたたき……200g~300g

 

ベビーリーフ……1袋
タマネギのオイル漬け……適量
パプリカ……1/4個
ミョウガ……1個
レモン……1/2個

 

塩……適量

 

●作り方


1.鰹は1cmくらいの幅に切っておきます。
ベビーリーフは洗って、キッチンペーパーなどで水気をふき取ります。
パプリカは薄切りに、ミョウガは千切りにし、レモンはくし切りにしておきます。

 

 


2.大皿にベビーリーフを敷き、その上に鰹のたたきを並べます。
鰹のたたきの上に、少しだけ塩をふっておきます。

 

 


3.鰹のたたきの上に、タマネギのオイル漬けのタマネギ部分を広げ、
さらにその上からパプリカを散らします。
皿の端にミョウガを添えます。

 

最後にオイル漬けのオイルを大さじ1~大さじ2ほど回しかけたら、出来上がりです。
食べる直前にレモンを搾ってください。

 

●ポイント

鰹のたたきは、すでに切ったものを使っても構いません。
サクの状態の方が新鮮で安い場合が多いので、
たっぷり食べたい時は、サクで買うのがお勧めです。

 

鰹の上にふる塩の量は、たたきの味によって変えてください。
しっかりと塩味のついたたたきの場合は、少量だけかけるか、なくても構いません。

 

野菜の量はお好みです。
種類も特に決まりはありませんが、

タマネギとパプリカ、ミョウガはぜひ使ってください。

 

タマネギのオイル漬けがない場合は、タマネギ1/2個を繊維を断ち切るように薄切りにし、
バットなどに広げて30分以上置いておきます。

 

空気に触れさせたタマネギを鰹の上に広げ、オリーブオイルを回しかけてください。

 

■参考
・タマネギ 苗の作り方
・タマネギ 苗の販売
・タマネギ苗の保存方法
・タマネギ 肥料過多
・タマネギ 肥料一発
・タマネギ 無機肥料
・タマネギ 有機肥料
・タマネギ 3月の肥料
・タマネギの収穫時期



スポンサードリンク

 

タグ : 

タマネギ 料理

人気の記事