タマネギ 栽培本

タマネギ栽培.com

タマネギ 栽培本 お勧め!

読了までの目安時間:約 5分

 

スポンサードリンク


タマネギを初めて育てたり、何年も育てているけれど疑問がある時、
やはり良質のタマネギ栽培の本が手元に1冊あると、
知りたいことや迷うことを、すぐに調べられて便利です。

 

初心者の方から上級者の方まで、タマネギに関する知識を深められる、
お勧めのタマネギ栽培本をご紹介します。 

 

■タマネギ 栽培本 お勧め!

 

 

◎タマネギの作業便利(農文協)
タマネギ栽培について、一般的な栽培書にはあまり書かれていないような、
ポイントや気を付ける点などがたくさん書かれています。

 

基本的には、小さなスペースやプランターで育てる方向けではなく、
広い貸農園や農家の方など、多くのタマネギを栽培する人向けに書かれています。

 

けれど、小規模栽培の方でも、参考になることはたくさん書かれています。
一見すると農家向けの専門書のように見えるので、少し身構えてしまいますが、
じっくりと読んでみると、どのような栽培スペースであってもためになります。

 

 

◎タマネギ・ホウレンソウ・シュンギク・サラダナ(NHK趣味の園芸作業12か月・野菜シリーズ2)
1976年に発行された本なので、少し古いですが、内容はぎゅっと詰まっています。
NHKのこのシリーズは、どれも要点がまとめられていて、
その時にどのような作業をすれば良いのかがすぐ分かります。

初めてタマネギを育てる方も、何度か栽培した方、毎年育てている方まで、
1冊あるととても便利で役立ちます。

 

 

◎野菜園芸大百科〈19〉タマネギ・ニンニク・ラッキョウ・アサツキ・シャロット(農文協)
タマネギに関する書籍ではありませんが、タマネギ栽培の部分だけでも、
なるほどと納得できる情報がたくさん記載されています。

 

収穫まではできるけれど、なんとなくうまく育っていないような気がする方や、
水やりや施肥の方法に疑問がある方は、ぜひ参考にしてみてください。

 

ニンニクやラッキョウなど、タマネギ以外に書かれている野菜に関しても、
とても参考になり頭が下がります。

 

 

◎根や茎などを食べる野菜 ダイコン・ゴボウ・玉ねぎ(めざせ!栽培名人 花と野菜の育て方 ポプラ社)
タマネギの球部分が何かをご存知ですか?
あれは鱗形と呼ばれる、葉が何層にも重なって肥大した部分なのです。

 

根を食べるダイコンとゴボウ、そして鱗形を食べるタマネギについて、
重点的に書かれている書籍です。

 

タマネギについての概要と、楽しみながら育てる方法が書かれています。
家庭菜園初心者の方など、あまり専門的なものは気後れする、
という場合には、お勧めの本です。

 

 

◎家庭菜園レベルアップ教室 葉菜〈3〉(農文協)
タマネギやアサツキ、ラッキョウ、ニンニクなどのネギの仲間について書かれている本です。
ネギ類は、生育段階によって、分けつやトウ立ち、肥大などがあります。

 

こういった生育段階がどのような生理で起こるのかを詳しく解説しているので、
一般的な育て方の資料では得られなかった知識を得ることができます。

 

また、家庭菜園として育てることを前提として書かれているので、
小規模栽培を目的とする方にはお勧めです。

 

■参考
・タマネギ 肥料過多
・タマネギ 肥料一発
・タマネギ 無機肥料
・タマネギ 有機肥料
・タマネギ 3月の肥料
・タマネギの収穫時期



スポンサードリンク

 

タグ :

タマネギ

人気の記事