タマネギ 栽培

タマネギ栽培.com

タマネギの保存方法

読了までの目安時間:約 5分

 

スポンサードリンク


tamanegi004
タマネギは保存方法を間違えなければ、
長期間保存することができます

 

 

保存期間は品種によって違いますが、
長期保存に向きの晩生品種であれば年内いっぱいは保存できます。

 

12月から1月に収穫を迎えるホームタマネギと組み合わせると、
1年中タマネギを家庭菜園で育てられますね。

 

 

■タマネギの保存方法

 

1.タマネギの保存期間
タマネギの保存期間は品種によって違います。
早生種のタマネギは保存には向きません。
収穫後はできるだけ早く食べきるようにしましょう。

 

少しでも長く保存したいのであれば、
冷蔵庫に入れず風通しの良いところで保存します。

 

タマネギを一つずつ新聞紙で包み、段ボール箱やカゴに入れ、
風通しがよく涼しい場所で保存します。

 

中晩生種や晩生品種は風通しのよい、
雨の当たらないところに紐でつるして保存します。

 

中晩生種は萌芽葉が生え始める9月から10月頃まで保存できます。
晩生品種は12月から1月まで保存が可能です。

 

2.長期保存での注意
タマネギの保存性をよくするためには、
栽培期間中から気を付けておきたいことがあります。

 

タマネギは多肥の環境で玉が肥大すると、腐りやすくなります。
大きなタマネギを収穫したいと思うと、
球の肥大期にたくさん肥料を与えたくなります。

でも追肥は3月上旬に施した後は絶対に与えないようにします。

 

3月以降、肥料を与えなくても、
良い環境で育ったタマネギの球は自然に肥大していきます。

 

タマネギは病気にかかることも多く、
病気によって保存性が悪くなることがあります。

 

見かけ上は健康なタマネギに見えても、
球の中や皮の内側から病気が進行していくことも多いです。

 

病気のタマネギが混じっていると、
乾燥している間に周囲のタマネギにも病気が感染し腐ってしまいます。

 

収穫までの期間に葉鞘部をよく観察し、
病気を早く発見して抜き取るようにしましょう。

 

3.タマネギの保存方法

 

 

tamanegi008

畑に置いて2~3日乾燥させます

 
・収穫
タマネギは晴天がしばらく続く日に収穫を行います。
収穫時期も保存期間に影響します。

 

収穫のタイミングが遅れてしまうと保存性が悪くなります。
葉鞘部が倒伏した1週間後を目安に収穫を行います。

 

収穫時には、葉や球が変色したり変形しているタマネギを除けておきます。
収穫後は、2~3日は畑に置いて乾燥させます。

 

 

tamanegi-kanso

収穫後は葉と根を切ります

 

 

・収穫後の処理
畑で乾燥させたタマネギは、葉を15㎝程残して切り取り、
根は付け根から切り落としておきます。

葉を根元で切らず、15㎝程残しておくと萌芽葉が出にくくなります。
根を切り落としておくと、
根から空気中の水分を吸い取れず、乾燥が早くなります。

 

・コンテナでの乾燥
葉と根の処理を行ったら、大量の場合はコンテナに入れて乾燥させます。
コンテナに入れる量はコンテナの8分目までにし、風通しを良くします。

 

コンテナの下に空のコンテナなどを敷いて風通しを良くします。
扇風機の風をかけておくと貯蔵性は格段に良くなります。

 

コンテナでの乾燥は2週間ほどを目途に行います。
茎を触って水分を感じない状態を目指します。

 

 

tamanegi002

軒下などに吊るして保存します

 

・つるしての乾燥
コンテナでの乾燥が終わったら、ひもでつるす作業を行います。
タマネギを5つくらいずつ紐で束ねて縛り、
雨の当たらない風通しの良い場所につるしておきます。

 

■参考

・タマネギ 苗の作り方
・タマネギ 苗の販売
・タマネギ苗の保存方法
・ホームタマネギの栽培

 

タグ : 

タマネギ栽培 Q&A

赤タマネギの栽培

読了までの目安時間:約 7分

 

スポンサードリンク


akatamanegi (1)

赤タマネギ=紫タマネギはみずみずしくて辛みが少なく、
サラダにすると彩りもよく食欲をそそります

 

 

おいしいタマネギなのですが、
あまりスーパーで見かけることがありません。
また、見かけても普通のタマネギよりも高価ですね。

家庭菜園で育てやすい品種ですので、
おいしい赤タマネギを気軽に食べてみませんか?

 

 

■赤タマネギの栽培

 

・苗づくり
赤タマネギの苗はあまり店頭に出回らないので入手するのが難しいです。

 

販売されていても通常の苗に比べてとても高価です。
インターネットでは比較的安価で苗を入手できます。

 

ぜひ苗づくりからチャレンジしてみたいものです。
種まきは9月上旬から10月下旬に播きます。

 

品種によって違うので、種の袋を確認し、適切な時期に種を播きましょう。
苗床は種まきよりも2週間前に準備しておきます。

 

畑に植え付けるのであれば、1㎡あたり苦土石灰を100g、
堆肥を2~3kg混ぜてよく畑を耕します。

 

植え付け1週間前には化成肥料を60g混ぜます。
畝は表面を平らにならし、板で6㎝くらい置きに溝を掘っておきます。

 

種は溝に1~2㎝おきに播き、軽く土をかぶせます。
苗を少量だけ作りたいときはポットに種を播きます。

 

この時の用土は市販の堆肥入りの用土を使います。
どちらの場合も撒き終わった後はピートモスで覆って乾燥を防ぎます。

 

 

tamanegi

・畑の準備
赤タマネギの畑は通常のタマネギと同様に植え付けの1か月前に行います。
植え付け時期は10月の下旬ごろですから、
9月の下旬ころには準備を始めます。

 

畑は1㎡あたり苦土石灰を100g施し、畑の酸性度を整えておきます。
植え付けの2週間前には完熟堆肥を2~3㎏、
1週間前には化成肥料を100g入れて混ぜます。

 

タマネギは栽培期間が長いので元肥はとても大切です。
畝は1メートル幅にし、2条仕立てにして植えます。

 

 

nae-uetuke

・植え付け
苗が鉛筆くらいの太さで、
15~20㎝の長さまで育ったら植え付けを行います。

 

根をなるべく傷つけないように掘り上げ、
ちょうどよい大きさに育った苗を選別します。

 

株間は10~12㎝とります。
植穴は棒などで2㎝くらいの深さの穴をあけていきますが、
この時植え付ける位置をまっすぐ揃えていると雑草を抜くときに楽です。

 

タマネギ用のマルチを使うと便利です。
根元の丸い部分を産めるように植え付けていきます。
植え付け後は必ず水を与えておきます。

 

・追肥
追肥は1月と2月と3月上旬に行います。
化成肥料を1㎡あたり50g、株間に溝を掘って撒いていき、土をかぶせます。
肥料をまいたときに、株元に土寄せをしておきます。

 

・雑草の管理
タマネギの栽培で気をつけなければならないのは雑草です。
赤タマネギも同様に、雑草が生えていると、
雑草に栄養分をとられて充分生長できなくなってしまいます。

 

雑草が生えてきたらできるだけ早く抜き取ります。
条間が揃っているとクワなどで削り取る事ができます。
マルチを使っていると雑草が生えにくく管理が楽です。

 

 

tamaneginae1024 (1)

苗の植え付けのようす

 

 

・水やり
タマネギは水切れを起こすと葉が生長できず、
球が肥大できなくなってしまいます。

 

畝が乾燥したらたっぷりと水を与えます。
プランターで栽培のときは特に、乾燥しやすいので注意が必要です。

 

土の表面が乾いたら、
プランターの底から水が流れるくらいたっぷりと水を与えます。

 

 

tamanegi (1)

葉を半分にして紐でしばり、風通しの良い場所に吊るします

 

 

・収穫時期
6月ごろになると収穫時期を迎えます。
葉が倒伏してから1週間後を目安に収穫します。

 

収穫後はしばらく畑で乾燥させる必要があるので、
晴天が2~3日続く日に収穫をします。

 

収穫後は畑に並べて1~3日間乾燥させます。
その後は葉を半分の長さにき切って紐でしばり、
風通しの良い場所につるしておきます。

 

赤タマネギは長期間の保存ができません。
緋蔵っ子だけが唯一赤タマネギの中で長期保存ができます。
それ以外は1か月以内に食べきってしまいましょう。

 

 

■病害虫

 

畑の水はけがよくないと、病気が発生しやすくなります。
軟腐病やべと病、灰色かび病、白色疫病などが代表的です。

 

水はけのよくない粘土質の土地では、畝を高くしておきます。
タマネギは病気になりやすい野菜です。

 

葉の色が悪くなっているなど病気にかかった株は、
早めに抜き取って対処しましょう。
 

■参考

・タマネギ 苗の作り方
・タマネギ 苗の販売
・タマネギ苗の保存方法
・ホームタマネギの栽培

 

タグ : 

タマネギ栽培 育て方

ホームタマネギの収穫時期

読了までの目安時間:約 5分

 

スポンサードリンク


home-tamanegi2

ホームタマネギ栽培とは、
セットタマネギという小球を植えて玉ねぎを育てる方法です

 

 

通常の苗から育てるタマネギの栽培よりも栽培期間が短く、
失敗が少ないので初心者におすすめの栽培方法です。

 

ホームタマネギの収穫時期は、

適期に植え付ければ、通常のタマネギよりもずっと早く、
11月中旬~12月くらいに収穫することができます。

 

 

■ホームタマネギの収穫時期

 

1.ホームタマネギの栽培と期間
ホームタマネギは小さいタマネギの状態まで育った、
タマネギの球を掘り出し乾燥させた小球を植え付けます。

 

植え付けの時期は7月中旬から9月中旬です。
収穫時期は11月中旬から12月の下旬です。

 

栽培方法は通常のタマネギと特に変わりません。
追肥は植え付けの1か月後を目安に行います。

 

通常のタマネギ栽培よりも暑い時期に栽培するので、
乾燥させないように気をつけます。

 

また、気温が高い時期に栽培するので雑草の管理に注意が必要です。
黒マルチを敷いておくと雑草が生えにくいので楽です。

 

通常のタマネギと違うのは、分球しやすいということです。
一つの小球から2本芽が出てきたら、片方を根元から抜き取ります。

抜き取った小球は植え付けて育てることができます。

 

 

home-tamanegi3

ホームタマネギの種球

 

 

2.ホームタマネギの収穫時期の見極め方
ホームタマネギは、
早ければ11月中旬ごろから収穫することができます。
しかし、年内収穫は、菜園経験者でもやや難しい分野です。

 

植え付けが遅くなったり、生長が悪い時には、
収穫時期が年内より遅くなることがあります。

 

植え付け時期がずれ込んだホームタマネギは、
気温が少し高くなる3月ごろに収穫時期が訪れます。

 

収穫時期はタマネギの茎を観察していると見極めやすいです。
タマネギは収穫時期が近付くと、根元から茎が倒れていきます。

 

 

hometamanegi (2)

去年のホームタマネギ、試掘り過ぎの残りです、収穫適期は翌年でした

 

 

しかし、ホームタマネギは倒伏しているかどうかが分かりにくいので、
日数で計算したり、試し掘りすることが、
収穫時期の見極めには確実な方法です。

 

葉の生長が終わると茎が空洞になり、
茎本体を支えることができなくなるからです。

茎が倒れた後も球はしばらく生長を続けます。
だからと言ってあまり長く収穫しないでいると、
病気にかかったり貯蔵性が悪くなってしまいます。

 

葉が倒伏してから1週間後くらいが収穫に一番適しています。
タマネギの収穫後は乾燥させる必要があります。
収穫は晴天がしばらく続く日に行います。

 

 

hometamanegi

年内収穫を目指す、今年のホームタマネギ

 

 

3.ホームタマネギの保存方法
ホームタマネギを収穫するときは、タマネギの根元を持って引き抜きます。
根が浅いのでタマネギは簡単に引き抜くことができます。

 

収穫後は、畑やプランターの上にひろげるように置いて、
そのまま1~2日乾燥させます。

 

乾燥させたタマネギは、葉を半分の長さに切り、ひもで束ねます。
雨の当たらない風通しの良い場所につるしておきます。

 

ただし、ホームタマネギは長期保存することができないので、
1か月以内に食べてしまいましょう。

 

■参考

・ホームタマネギの栽培
・タマネギの収穫時期

 

タグ : 

タマネギ栽培 Q&A

人気の記事