タマネギ栽培 11月

タマネギ栽培.com

タマネギ栽培 11月

読了までの目安時間:約 7分

 

スポンサードリンク


タマネギ苗の植え付け

 

 

タマネギ栽培といえば、11月が植え付け時期となるため、
11月は、タマネギを元気に生長させるために、とても重要な季節です。

 

良い苗を選んで適期に植え付けることで、栽培の成功率も上がります。

 

ホームタマネギを栽培している方にとっては、
この時期はすでに栽培終盤に入ってくる頃です。

 

タマネギの栽培方法に合わせた管理を心掛けましょう。

 

 

[タマネギ栽培 11月]

 

 

■11月のタマネギ

 

 

ホームタマネギ、球が肥大しています

 

 

ホームタマネギを育てている場合、そろそろ球の肥大が見えてくる時期です。
早ければ、もう収穫に近づいている頃でしょう。

 

地上部の葉もよく茂り、地際の球が丸く大きくなってくると、ワクワクしてきます。

 

ホームタマネギは、栽培期間が短い分、
ちょっとしたことで栽培に失敗することも多く、難易度は高めです。

 

だからこそ、この時期にも気を抜かず、ホームタマネギの手入れをしましょう。

 

 

良いタマネギ苗を適期に植え付けるのが成功の鍵です

 

 

タマネギの苗から栽培する場合、11月が植え付けの適期となる場合がほとんどです。

 

もちろん、同じ11月内といっても、栽培する地域や品種によって、
少しずつ植え付けの適期が変わってきます。

 

できるだけ植え付け適期に合わせて作業を行い、年内の活着を促します。

 

 

■11月の作業

 

 

ホームタマネギの収穫! トロッとしていて甘みがあり格別です

 

 

・ホームタマネギの管理
ホームタマネギは、早ければ11月中旬頃から収穫が始まります。
球がしっかりと肥大し、葉が倒れたものは収穫適期です。

 

葉が倒れてから、1週間ほど待ってから収穫するのもお勧めです。

 

葉が倒れていないものの中でも、球が小さく生育が悪いものに関しては、
待っていても倒れない可能性が高いです。

 

葉が倒れず、青い状態のまま残ることを青立ちと呼びます。

 

青立ち状態となったタマネギは、春にトウ立ちや分球してしまう可能性が高いので、
春までに収穫してしまいましょう。

 

球の肥大が悪くても、葉が柔らかくておいしいので、
葉タマネギとして楽しむことができます。

 

収穫したホームタマネギは、新タマネギとして楽しめます。

 

黄タマネギほど貯蔵性は高くありませんが、

真冬に新タマネギが楽しめるのも、栽培した人の特典です。

 

おいしいうちに消費しましょう。

 

・苗の選別
タマネギ苗から栽培するなら、11月定植の適期です。
定植の前に、苗の選別を行いましょう。

 

購入した苗でも、自分で育苗した苗でも、
すべての苗が良い状態とは限りません。

 

病害虫の兆候が出ているものは当然避けますが、
それ以外にも、定植に向かない苗はありません。

 

良い苗の条件を満たしたものを優先的に植え付けましょう。

良い苗の選び方の詳しい条件は、こちらにあります。

 

ぜひ参考にしてください。

>>タマネギ 苗の選び方

 

・苗の植え付け
タマネギの苗は、葉も細く根も少ないため、とても頼りないように見えます。

 

実際、適当に植え付けても、すぐに倒れて根が浮き上がり、
傷む原因になることも少なくありません。

 

選別した苗のうち、良いものから優先的に植え付けます。

 

この時、植え穴をあけますが、根がおさまりにくいからといって、
ぐるぐる巻きにしないよう注意します。

 

根が巻いてしまうと、養水分や酸素の吸収がうまくいかず、
傷む原因となります。

 

苗を植え付けた後、いくらか苗が残ることがあります。

 

別の場所に植え付けるのも良いですが、
数があまりにも少ないのであれば、予備として置いておくのもお勧めです。

 

定植後に苗が枯れたり、害虫の被害にあうこともあります。

 

その場合に、空いた位置に新しい苗を早めに植え付けることで、
他と大差なく育てることができます。

 

タマネギの苗を植え付ける時の詳しい方法は、こちらに書いています。

>>タマネギ 苗の植え方

・定植後の管理
苗の植え付けが終わった後は、水をたっぷり与えておきます。

 

最初はあまり水を要求しませんが、天気の良い日が続いたりすると、
土が乾きやすいこともあります。

 

ただ、気温もずいぶんと下がっている時期なので、
表面が乾いているからといって、すぐに水やりを行うのは危険です。

 

表面が乾いていても、少し掘ったところはまだ湿っていることがあります。
そのような状態で水を与えると、過湿となって根が呼吸できなくなり、傷みます。

 

土の表面が乾いたなと感じてから、数日経ってから水を与えるのがお勧めです。
また、根が絡まない位置の土を少し掘ってみて、乾いているなら与えるようにします。

 

■参考
・タマネギ 肥料過多
・タマネギ 肥料一発
・タマネギ 無機肥料
・タマネギ 有機肥料
・タマネギ 3月の肥料
・タマネギの収穫時期



スポンサードリンク

 

タグ : 

タマネギ栽培 育て方

人気の記事