つりたま2号

タマネギ栽培.com

つりたま2号

読了までの目安時間:約 4分

 

スポンサードリンク


つりたま2号

 

 

つりたま2号は貯蔵性の良い中生の黄タマネギ品種です。
つりたま玉葱同様、株式会社アサヒ農園から販売されている品種名です。

 

食味も良いため、食味の良さと貯蔵の良さを両立した品種です。
つりたま2号の特徴や栽培のコツをご紹介します。

 

 

[つりたま2号]アサヒ交配

 

 

■つりたま2号の特徴

 

・5月下旬から6月中旬に収穫できる
栽培は暖地、中間地が推奨されており、
暖地、中間地ともに5月下旬から収穫できます。

 

栽培方法や気候によっては6月からの収穫になりますが、
遅くとも6月中旬までには収穫ができます。

・円に近い球形になる

形は丸く、円に近い球形になります。
大きさは中晩生品種の中では標準サイズです。
球の締まりも良いです。

 

・水分が多く、みずみずしい
収穫直後は水分が比較的多いです。
そのため、みずみずしいタマネギを食べることができます。
食味も良いため、何をしても美味しいタマネギです。

 

 

焼いても甘みが出ておいしいつりたま2号

・貯蔵性が良く12月下旬まで貯蔵ができる

食味と貯蔵性の良さを両立している品種で、
貯蔵は6月頃収穫してから半年後の12月下旬まで貯蔵することができます。

 

貯蔵方法は乾燥させて涼しい場所に置いておくのも良いですが、
吊り玉貯蔵が向いています。

 

 

 

 

■つりたま2号の栽培のコツ

 

・種まきは9月中下旬
中間地で9月中旬前後、暖地で9月下旬前後が種まきの適期です。
早すぎず、遅すぎないよう適期に行います。

 

種まきをしたら乾燥しないようにこまめに水やりをするか、
乾燥を防ぐため、不織布などを使うと管理しやすいです。

 

・追肥は3回行う
タマネギ栽培で追肥は重要なことなので、忘れないようにします。
1回目は植え付け2週間後、2回目は2月~3月上旬、3回目は3月下旬に行います。

 

3回目の追肥が遅れてしまうと貯蔵性が悪くなったり、
貯蔵中の腐敗の原因にもなるので注意します。

 

・収穫は5月下旬から6月上旬スタート
倒伏してから収穫をします。
収穫時期の目安は5月下旬から6月上旬です。
収穫後は吊り下げで貯蔵する吊り玉貯蔵にするとより長持ちします。

 

■参考
・タマネギ 苗の作り方
・タマネギ 苗の販売
・タマネギ 苗の植え方
・ホームタマネギの栽培
・タマネギ 肥料



スポンサードリンク

 

タグ :

タマネギ 品種

人気の記事