タマネギ 栽培

タマネギ栽培.com

ネオアース

読了までの目安時間:約 4分

 

スポンサードリンク


neoa-su

ネオアース

 

 

ネオアースはタマネギの中でも、特に形がよく美しい品種です。
貯蔵性も抜群で、3月頃まで貯蔵することができます。

 

極早生タマネギと組み合わせて栽培すると、
一年中自家製のタマネギを食べることができそうですね。

 

 

[ネオアース]タキイ種苗

 

 

■ネオアースの特徴

 

・色つやが良い
ネオアースは豊円球の形のよいタマネギです。
外皮は濃い茶色で、大変美しい艶があります。

 

家庭菜園でも、プロが育てたような、
形のよいタマネギが収穫できると、とてもうれしいですね。

 

・貯蔵性が良い
ネオアースは少ない肥料でも大きく肥大します。
そのためよく実がしまり長期間の保存が可能になります。

 

中晩生種の中では抜群の貯蔵性を誇っていて、
翌年の3月までおいしく食べることができます。

 

・貯蔵障害が少ない
タマネギの貯蔵中には、カビや病気が発生しやすくなります。
ネオアースは実がよくしまっており病気の発生も少ないので、
そういった貯蔵障害の心配はいりません。

 

長期貯蔵の終盤には萌芽が起こりやすいものです。
ネオアースは萌芽が遅く、年が明けても芽が出ません。

 

・収穫量が安定している
ネオアースは病気に強く、生育力旺盛で育てやすい品種です。
保肥性に富み、安定して大きく育ってくれます。

 

 

tamanegi

ネオアース、中晩生種の中では抜群の貯蔵性!

 

 

■ネオアースの栽培のコツ

 

・種まき時期
中間地で9月中旬、暖地では9月下旬から10月上旬に種を播きます。
リン酸のきいた苗床で育成し、
育苗期間55日を目安に直径7mmの元気な苗に育てましょう。

 

・定植時期
定植は中間地で11月中旬、暖地で12月上旬に行います。
条間20~30㎝、株間は10~12㎝とります。

 

マルチをかけて栽培すると、
大きなタマネギになり雑草の管理も楽になります。

 

・肥料の与え方
ネオアースは通常のタマネギと同様に、
元肥の他に1月、2月、3月の3回の追肥を行います。

 

ネオアースは保肥力が高く、少しの肥料でも大きく球が肥大します。
追肥は通常のタマネギよりも控えめに行います。
追肥を控えめにすることにより、貯蔵性がよくなります。

 

・収穫時期
ネオアースは6月上旬になると葉が倒伏します。
葉の倒伏後1週間を目安に収穫します。

1週間おくことで球がしまり、貯蔵性がよくなります。
倒伏後も球は肥大していきますが、
あまり長期間収穫を遅らせると貯蔵性が悪くなってしまいます。

 

収穫後は1日畑で乾燥させ、
その後は風通しの良いところにつるして保存します。

 

 

■ネオアースのお勧めの食べ方
ネオアースは実がよく締まり、甘みの強いタマネギです。
どの料理に使ってもおいしく、料理にコクを出してくれます。
 

■参考

・タマネギ 苗の作り方
・タマネギ 苗の販売
・タマネギ苗の保存方法
・ホームタマネギの栽培

 

タグ :

タマネギ 品種

猩々赤(ショウジョウアカ)

読了までの目安時間:約 6分

 

スポンサードリンク


syojyoaka

猩々赤

 

 

猩々赤(ショウジョウアカ)は鮮やかな紫色のタマネギです。
大玉で肉厚で、味がよい、赤タマネギの代表選手と言えます。

 

生育が旺盛で初心者にも育てやすく、しばらく貯蔵することもできます。
黄色タマネギと一緒に赤タマネギを育てるのなら、猩々赤がお勧めです。

 

 

[猩々赤]タキイ種苗

 

 

■猩々赤の特徴

 

・味が良い
猩々赤は水分量が多く、とても歯ごたえが良いです。
甘みが強く、生のタマネギ特有の刺激や辛みをあまり感じません。

 

スライスしたタマネギを生で食べる時は、水にさらして辛みをとります。
猩々赤は辛みが少ないので水にさらさなくても大丈夫です。

 

タマネギのうま味が濃く、肉厚で、
味わい深くおいしくいただくことができます。

 

・色がきれい
猩々赤は赤タマネギの中でも外皮の紫色がとても濃い品種です。
この赤い色素はポリフェノールがたっぷりと含まれています。

 

ポリフェノールとは、身体の若さを保ってくれる抗酸化物質です。
日常生活をで発生した活性酸素は身体に蓄積して細胞を老化し、
肌のシミやくすみや生活習慣病の原因になります。

 

ポリフェノールにはこの活性酸素を取り除く作用があります。
タマネギには血液をサラサラにする効果があります。

 

猩々赤など赤タマネギは、この血液サラサラ効果に加えて、
ポリフェノールで健康を守ってくれます。

 

・大玉に育つ
猩々赤は赤くて大きな立派なタマネギです。
平均的な大きさは320gと大玉です。

 

大玉なのでりん片の1枚1枚が肉厚で、歯ごたえがあり、
タマネギのうま味を存分に味わうことができます。

 

 

tamanegi (5)

 

 

・赤玉としては貯蔵性が良い
赤タマネギは水分量が多いため、
一般的には長期間の貯蔵には向いていません。

 

その中で猩々赤は、上手に保存すれば、
年内いっぱいは保存することが可能です。

 

病気になっていない元気な玉を選び、
風通しの良いところにつるしておくか、
コンテナに入れて風通しの良い場所においておきましょう。

 

・生育旺盛で育てやすい
猩々赤はとう立ちや分球が少ない品種です。
とう立ちするとタマネギは固くなり食べられません。

 

分球はタマネギが2つに割れてしまいます。
とう立ちも分球も、適切な栽培管理をしていても、
天候や気温変化などで起こる可能性があります。

 

とう立ちや分球の少ない品種を選ぶことが、
タマネギ栽培成功の秘訣です。

 

 

■猩々赤の栽培のコツ

 

・種まき時期
猩々赤の種まきは、中間地で9月中旬、暖地で9月下旬です。
育苗期間は標準では55日です。

 

・定植時期
猩々赤の苗の定植は中間地では11月上旬、暖地では11月中旬に行います。
苗の直径が鉛筆位の太さになったら定植します。

 

苗の葉は黄色タマネギと同じ緑色ですが、
猩々赤の苗の根元はうっすらと紫色かかっています。

 

・肥料の与え方
猩々赤は、大変吸肥力の高いタマネギです。
肥料は、黄色タマネギの2~3割少なく施します。

 

特に、肥料を与える時期が遅くならないように注意しましょう。
肥料の量と、与えるタイミングが、
猩々赤が大きく甘く美しい発色をつくっています。

 

・収穫時期
猩々赤は、6月上旬ごろになると葉が倒伏し始めます。
葉が8割ほど倒伏したら、その1週間後に収穫をはじめます。

 

 

tamanegi011

猩々赤は生でいただくと美味しいです

 

 

■猩々赤のお勧めの食べ方

 

猩々赤は生食で食べるのがお勧めです。
水分量が多く辛みが少ないので、
薄くスライスしただけでおいしくいただけます。

 

火を通してしまうと、せっかくのポリフェノールが熱で壊れてしまいます。
サラダや甘酢付け、酢の物などで食卓に彩りを添えて下さい。

 

■参考

・タマネギ 苗の作り方
・タマネギ 苗の販売
・タマネギ苗の保存方法
・ホームタマネギの栽培

 

タグ :

タマネギ 品種

オメガ

読了までの目安時間:約 5分

 

スポンサードリンク


Omega

オメガ

 

オメガは中早生種で、
5月中旬から収穫できるタマネギです。

 

病気に強く、生育旺盛なので、
家庭菜園でも育てやすいのが魅力です。

収穫量も多く、形も良くそろいます。

 

 

[オメガ]タキイ種苗

 

 

■オメガの特徴

 

・病気に強い
オメガの一番の特徴として、耐病性が強いということが挙げられます。
タマネギに発生する可能性のある病気は大変たくさんの種類があります。

 

タマネギの病気はカビや細菌など、原因も様々です。
タマネギの病気対策には、連作をしない、
排水を良くするなど、環境面の配慮が大切です。

 

しかし、気温や天候によって発生する病気もあり、
環境への配慮だけでは病気を防ぎきることはできません。

 

大切に育てているタマネギが病気にかからないために、
耐病性の強い品種を選ぶことも大切です。

 

・草勢力旺盛
オメガは草勢力が大盛です。
タマネギ栽培では、雑草の管理がとても大変です。

 

タマネギの苗が雑草の草勢力に負けてしまい、
雑草に生長が抑えられてしまうからです。

 

普段からこまめに雑草の管理が行えるのであればよいのですが、
家庭菜園ではなかなかそうもいきません。

 

オメガは草勢力旺盛な品種で、
多少の雑草であれば競い合って元気に生長してくれます。

 

忙しいけれどタマネギを育てたい、
家庭菜園愛好者にはうれしい品種ですね。

 

・収穫量が多い
オメガは形の揃ったタマネギをたくさん収穫できます。
タマネギは気温や生長速度によって、とう立ちや分球をおこします。

 

とう立ちするとタマネギは固くなり、食べられなくなります。
分球するとタマネギは中で2つに分かれていびつな形になります。

 

とう立ちや分球が少なく、失敗しにくい品種なのです。
形も良くそろい、260gくらいの甲高で、
艶やかなタマネギがたくさん収穫できます。

 

・長期保存ができる
中早生品種のオメガは、
早生種のみずみずしさと中生種の保存性を兼ね備えています。
採れたてはサラダにするとおいしくいただけます。

釣り玉にして乾燥させとけば、9月頃まで保存することができます。

 

 

tamanegi2

オメガは長期保存できます

 

 

■オメガの栽培のコツ

・種まき時期
オメガの種まき時期は、中間地で9月中旬から下旬です。
種まき時期は中生種と同じくらいの時期になります。

 

・定植時期
オメガの苗の定植は中間地で11月の中旬ごろです。

 

・肥料の与え方
オメガの元肥は全体量の1/2を目安に与えます。
元肥は控えめにし、年内の発育は抑え目にしておきます。

 

元肥にはリン酸を含む肥料を与え、根の張りをよくします。
根張りが良いと、年明に与える追肥によって、よく肥大していきます。

最後に与える肥料は3月の上旬までにし、それ以降は与えません。
長期保存しないのであれば、
最後の追肥の量を少し多くするとみずみずしいタマネギに仕上がります。

 

・収穫時期
オメガの収穫時期は5月の中旬ごろです。
梅雨前の湿度の低い時期に収穫できるので、
乾燥作業がしやすくて良いですね。

 

 

tamanegi1

グラタン、ピザなど火を通すと甘みが美味しいです

 

 

■オメガのお勧めの食べ方

オメガは早生種と中生種の両方のおいしさを楽しむことができます。
採れたてのオメガはみずみずしく、サラダで食感を楽しむことができます。

 

長期保存のタマネギは、加熱すると甘みが増し、
おいしくいただくことができます。

 

■参考

・タマネギ 苗の作り方
・タマネギ 苗の販売
・タマネギ苗の保存方法
・ホームタマネギの栽培

 

タグ :

タマネギ 品種

人気の記事