タマネギ 栽培

タマネギ栽培.com

パワー

読了までの目安時間:約 3分

 

スポンサードリンク


power

パワー

 

 

パワーは、抽苔(ちゅうだい=とう立ち)や、
分球の心配がほとんどないといわれている、
とても栽培しやすい中晩生種に属するタマネギです。

 

タマネギは、血液をサラサラにする効果の他、がん予防、老化防止、
さまざまな健康効果があるといわれています。

 

タキイ交配によるこの「パワー」という品種名も、
タマネギの健康効果からつけられたのかも知れませんね。

 

 

[パワー]

 

 

■パワーの特徴

 

・抽苔が少ない
抽苔とは、蕾が上へと上がってきてしまうことで、
とう立ちすると、球が上手く丸く太ってくれなくなります。

 

一般的に、極早生種、早生種は抽苔しにくい性質をもちますが、
中晩生種に属するパワーも、抽苔しにくい性質をもっているので、
とても育てやすいです。

 

種まきの時期や、低温化での栽培に注意すれば、
ほぼとう立ちしないと言っても良いでしょう。

 

・分球が少ない
早まきした場合や、苗が大きくなりすぎると、球が割れ、分球が起こりますが、
パワーの場合、分球が起こりにくい性質を持つため、とくに心配はいりません。

抽苔や分球の心配がないことで、とても育てやすい品種であるといえます。

 

・貯蔵性に優れている
パワーは、中晩生種のため、収穫が6月上旬~下旬と他の品種に比べて少し遅めです。
しかし、その分貯蔵期間は長く、翌年の2月まで貯蔵しておくことができます。

家庭菜園において、貯蔵性が優れているのはとてもうれしいポイントですね。

 

 

■パワーの栽培のコツ

 

・栽培スケジュール
種まきは、冷涼地の場合、8月末頃、中間地は9月中旬頃、暖地で9月末頃が目安です。
苗の定着は、だいたい55日間ですので、10月末頃から11月末に行います。

 

収穫は、暖地、中間地、冷涼地の順番で適期が訪れます。
冷涼地の場合は栽培期間が暖地と比べて約1ヶ月ほど長くなります。

 

収穫は6月上旬~中下旬頃が目安です。

 

・肥料
肥料は元肥を主体として、やや多めに与えるのが上手に育てるコツです。
止め肥は、3月中下旬頃です。それ以上遅くに肥料を与えないようにしましょう。

 

■参考

・タマネギ 苗の作り方
・タマネギ 苗の販売
・タマネギ苗の保存方法
・ホームタマネギの栽培

 

タグ :

タマネギ 品種

O・P黄

読了までの目安時間:約 4分

 

スポンサードリンク


opki

O・P黄

 

 

O・P黄(オーピーキ)は、
タマネギの品種の中でも中生種でとても栽培しやすい品種です。

 

同じ中生種には、O・K黄、O・L黄がありますが、これら2つの品種と比べても、
分球の心配がなく、家庭菜園向きの育てやすいタマネギです。

 

 

[O・P黄]

 

 

■O・P黄の特徴

 

・耐病性が高い
O・P黄の一番の長所は、強勢で病気にも強く、栽培しやすいことです。
タマネギに限った話ではありませんが、野菜の栽培には失敗もつきものです。

 

私自身、これまでにたくさんの失敗を経て、今の家庭菜園に活かしています。
慣れるまでは強勢で耐病性の高い品種からはじめるのがお勧めです。

 

・貯蔵性に優れている
タマネギは長期保存のできる野菜として知られていますが、
品種によっても保存期間の差は大きく、
早生種など、長く保存できない品種もあります。

 

O・P黄は、貯蔵性に優れたタマネギですので、
5月下旬~6月中旬頃の収穫の後、
吊り貯蔵をすれば、12月末、年内いっぱいまで保存することができます。

 

 

tamanegi007

吊り貯蔵すると長持ちします

 

 

■O・P黄の栽培のコツ

 

・水やり
土表面が乾いたら、しっかりと水を与えてください。
ただし、水の与え過ぎは生育不良の原因になるため、
土の表面が乾いてから与えるのを徹底してください。

 

・間引き
間引きは複数回に分けて行います。
生育の良いものを残して間引きしますが、

 

O・P黄の場合はどれも良く育ってしまうため、
株間を空けることを目的として、バランス良く間引いてください。

 

・追肥
中生種にあたるO・P黄は、栽培期間が長いため、定期的に追肥が必要です。

最初は元肥を主体として、追肥を行わないようにします。

 

止め肥は3月中旬~下旬頃で、それ以降に追肥を行わないようにしてください。

また、吊り貯蔵を行う予定であれば、やや肥料は減らして育てるのが良いです。

 

・収穫
冷涼地は6月下旬~中旬、
中間地は5月下旬~6月上旬、暖地は5月下旬頃が収穫期です。

 

吊り貯蔵をする場合は、適期に収穫することが大切です。
適期に収穫することで、年末まで美味しく食べることができます。

 

■参考

・タマネギ 苗の作り方
・タマネギ 苗の販売
・タマネギ苗の保存方法
・ホームタマネギの栽培

 

タグ :

タマネギ 品種

フォーカス

読了までの目安時間:約 4分

 

スポンサードリンク


Focus

フォーカス

 

 

フォーカスは、葉タマネギとしても楽しめるタマネギの極早生種です。
1つのタマネギで、2種類の食べ方を楽しめるので、
家庭菜園にも向いている品種です。

 

 

[フォーカス]

 

 

■フォーカスの特徴

 

・3月に収穫できる
マッハや、チャージなどの他の極早生種の収穫期は4月に入ってからですが、
フォーカスは、極早生種の中でも早く、3月からの収穫が可能です。

 

あまり貯蔵性が高いとはいえないので、中生種、晩生種と組み合わせて、
2品種のタマネギをつくることをお勧めしたい品種です。

 

・葉タマネギとして食べられる
通常のタマネギとして食べることももちろんできますが、
フォーカス栽培を行うならば、ぜひ、葉タマネギとしても味わって欲しいです。

 

葉タマネギは、タマネギの玉が肥大する前に収穫した早採り野菜です。
季節は限定されますが、ミネラル、ビタミンも豊富に含まれていて、
緑黄色野菜としての栄養価の高さが魅力的です。

 

葉タマネギは生でも、シチューなどの煮込み料理でも美味しく食べられます。
体力増強、風邪対策にも適しています。

 

・作りやすい
とう立ち、分球も起こりにくく、たくさん収穫することができます。
病気にも強いので、初心者向きの品種としても知られています。

 

 

■フォーカスの栽培のコツ

 

・栽培スケジュール
中間地の場合、8月下旬~9月頭頃が植え付けの適期です。
暖地の場合はもう少し遅く、9月中旬頃が適期となっています。

 

この適期に育て始めると、
3月中旬~下旬頃にはしっかりとしたタマネギが収穫できます。
採れたタマネギは、厚みのある扁円球で、とても形が良くそろいます。

 

ただし、北海道や東北地方などの寒冷地では、
栽培に適さない場所がほとんどです。

 

・種まき
幅1メートルくらいの苗床に、条まきし、種が隠れる程度の覆土をします。
その後、ワラや、籾殻で軽く覆い、発芽まで乾かさないようにして管理します。

 

発芽適温は、約15度~25度です。

 

発芽適温、水分条件を満たしていないと、
発芽しないこともあるので注意してください。

 

■参考

・タマネギ 苗の作り方
・タマネギ 苗の販売
・タマネギ苗の保存方法
・ホームタマネギの栽培

 

タグ :

タマネギ 品種

マッハ

読了までの目安時間:約 3分

 

スポンサードリンク


Mach

マッハ

 

 

マッハは、極早生種の品種で、
通常よりも早い4月頃からの収穫が可能です。

 

極早生種は一般的に貯蔵するのには向かないとされていますが、
マッハならば、8月末頃まで貯蔵できます。

 

貯蔵性に優れた品種と同時に育てれば、
長い間、家庭菜園で採れたタマネギを食卓に並べることができます。

 

 

[マッハ]

 

 

■マッハの特徴

 

・生育が良い
草勢旺盛で、低温肥大性に優れています。
耐寒性、耐病性に優れているので、とてもつくりやすい品種です。

 

・扁円球
マッハは、丸いタマネギというよりは、扁円球の形をしています。

タマネギっぽいか? と言われると、そうではありませんが、
扁円球形タマネギは、包丁で切るとき、安定性があり調理しやすいと思います。

 

・高品質
色艶も良く、首部も良くしまっているので、切り玉に適しています。
貯蔵も、吊り玉ではなく切り玉のまま行えるのはありがたいですね。

 

 

■マッハの栽培のコツ

 

・栽培スケジュール
中間地の場合、9月中旬頃に植え付けます。
マルチ栽培をする場合は、大体9月下旬頃に植え付けることになりますが、
収穫期にさほど差はないため、マルチ栽培でなくても良いでしょう。

 

暖地の場合は、9月下旬頃に植え付けます。
マルチ栽培に関しては、中間地同様です。

 

・早期収穫のために
マッハは、極早生種なので、早どりできるところが一番の特徴であり、魅力です。
4月中旬頃の早い収穫期に良いタマネギを得られるよう、
冬場の生育を抑え、早春から追肥で肥効を高めるようにすると良いでしょう。

 

マルチ栽培の場合は、全て元肥として肥料を与えますが、
露地栽培の場合は、年明け頃と、2月中旬頃を目安に、追肥を与えてください。

 

・収穫
収穫は、4月中旬~下旬が適期とされていますが、タマネギの場合は、
葉や茎が黄色っぽくなり、茎が折れ曲がって倒れた頃を目安にすると良いです。

 

・保存方法
マッハは、一つずつ新聞紙に包んでからカゴに入れ、
風通しの良いところで管理すると、
比較的長い期間貯蔵しておくことができます。

 

■参考

・タマネギ 苗の作り方
・タマネギ 苗の販売
・タマネギ苗の保存方法
・ホームタマネギの栽培

 

タグ :

タマネギ 品種

チャージ

読了までの目安時間:約 4分

 

スポンサードリンク


charge

チャージ

 

 

チャージは、4月下旬~5月上旬に収穫できる、
極早生種のタマネギに分類されます。

 

他にも、早生種、極早生種のタマネギはいくつかありますが、
他の早生品種よりも遅くまくことができ、育苗も約50日くらいです。

 

早く収穫できるので、作りやすく、
家庭菜園に向いている人気品種の一つです。

 

 

[チャージ]

 

 

■チャージの特徴

 

・肥大が早い
4月下旬頃より収穫できるタマネギですが、
玉太りも良く、収量性が高くおすすめです。

 

球に近くまんまると太ったタマネギは、
形も抜群で、玉揃いも良く、食味も優れています。

 

・丈夫で育てやすい
灰色腐敗病など、タマネギがかかりやすい病気になりにくい特徴があります。
生育も旺盛なので、栽培難易度は低く、
初めてタマネギを栽培する方にもおすすめできる品種です。

 

・チャージⅡとの比較
チャージも、チャージⅡも同じ極早生種ですが、
チャージⅡと比べて玉の揃いが良いので、
見た目が、とても綺麗なタマネギを収穫できます。

他には、スーパーソニアや、マッハなどの品種が同じ極早生種です。

 

 

■チャージの栽培のコツ

 

・種まきの適期
中間地で露地栽培する場合、9月中旬頃、
暖地ならば、その一週間後が適期です。

 

マルチングをする場合は、
それぞれ一週間くらい遅れて栽培を開始します。

 

・収穫の適期

チャージの魅力はやはり、早い時期の収穫ができることです。
極早生種の場合、4月下旬~5月上旬頃には収穫して、
美味しい新タマネギを食卓に並べることができます。

 

チャージだけに限りませんが、
極早生種のタマネギは貯蔵に不向きな品種なので、
食べる分だけを少しずつ収穫していくのがおすすめです。

 

・病害虫
チャージは病気に強い品種です。
加えて、極早生種は晩生種と比べ、

 

病気にかかりやすい気候になる前に収穫できるため、
無農薬野菜としても収穫することができます。

 

完全無農薬の栽培に挑戦できる品種なので試してみてください。

 

チャージは、やわらかいうちに収穫すれば、タマネギ独特の癖も少なく、
オニオンスライスサラダなどの生食も美味しく食べられます。

 

■参考

・タマネギ 苗の作り方
・タマネギ 苗の販売
・タマネギ苗の保存方法
・ホームタマネギの栽培

 

タグ :

タマネギ 品種

ケルたま

読了までの目安時間:約 4分

 

スポンサードリンク


kerutama

ケルたま

 

 

ケルたまは、2015年に新品種として、
タキイ種苗株式会社より販売されたタマネギです。

 

ケルたまという愛らしい品種名の「ケル」とは、ケルセチン(配糖体)のことで、
健康や美容に良いさまざまな効果が期待できます。

 

今話題の新品種、ケルたま。
育ててみてはいかがでしょうか?

 

 

[ケルたま]

 

 

■ケルたまの特徴

 

・ケルセチンが従来の2倍
従来の秋まきタマネギのケルセチンの含有量は、約24.5ミリグラムです。
しかし、ケルたまは、その約2倍に近い、46.6ミリグラムのケルセチンが含まれています。

 

品種名にもなっている通り、
ケルたまの最大の特徴はこのケルたまの含有量が非常に多いことにあります。

 

ケルセチンは、活性酸素のはたらきを抑え、抗酸化力が非常に強いので、
健康にも美容にも良い機能性成分として知られていて、
ケルセチンのサプリメントも人気があります。

 

とくに、アンチエイジング効果の高い成分なので、
女性の方へのメリットは非常に大きいと考えられます。

 

サプリメントよりも、食べて摂取できるケルたまは、より効果が期待できそうです。

 

ケルたまは、スープや煮込み料理に向いているので、
Twitterで話題の「風邪が治るスープ」を作ってみてはいかがでしょうか?

 

 

tamanegi-ryouri

ケルたまで作ったパエリアは、甘みが出て美味!

 

 

・高品質
晩生種であるケルたまは、玉の締まり、揃いも良く、
家庭菜園においても、スーパーで販売されているような、
綺麗なタマネギを収穫することができます。

皮もツヤがあり、見た目も言うことなしです。

 

・長期保存可能
貯蔵中の萌芽(ほうが)、尻部の動きが遅いので、
長期保存しても傷みにくい品種です。
なお、貯蔵性を高めるために、早採りは避けます。

 

 

■ケルたまの栽培のコツ

 

・栽培スケジュール
スムーズに活着させるため、晩生種ですが、中生種と同等に栽培を行ってください。
9月中旬~下旬頃に播種し、6月中旬から7月初旬頃に収穫します。

 

・肥料
施肥は、元肥に1/2程度を入れます。
追肥は、1月から3回に分けて行い、3月になったら追肥を止めます。

 

■参考

・タマネギ 苗の作り方
・タマネギ 苗の販売
・タマネギ苗の保存方法
・ホームタマネギの栽培

 

タグ :

タマネギ 品種

シャルム

読了までの目安時間:約 4分

 

スポンサードリンク


syarumu
シャルム

 

 

シャルムは、「冬でも新タマネギを食べたい」、
というニーズに応えるべく開発された品種です。

 

栽培方法は、夏に収穫する従来の品種と違い、少々コツが要りますが、
冬でもフレッシュで甘いタマネギを味わえるとあって、とても人気があります。

 

 

[シャルム]

 

 

■シャルムの特徴

 

セット栽培のできる冬どりタマネギです。

貯蔵性は低いですが、新タマネギを真冬に楽しめるのは、
このシャルム最大の特徴です。

 

 

■シャルムの栽培のコツ

 

・栽培スケジュール
ホームタマネギとも呼ばれる、セットタマネギを種から栽培します。
3月中旬頃に種まきを行い、夏前に掘りあげ、
8月に定植させ、11月下旬~12月に収穫ができます。

 

セットタマネギ用の「サラダたまねぎ」「はやて」「マッハ」という品種もあります。

 

・種まき
種まきは、条播きがおすすめです。適期は、3月中旬頃。
条間8~10センチくらいで短冊状に溝を作り、そこへ種を蒔いていきます。

 

苗床は秋まきのタマネギ同様、完熟堆肥等を入れ、水はけの良い土作りを行います。
種まきが済んだら、籾殻などで被覆し、水をたっぷり与えます。

 

発芽までは、トンネル栽培を行い、保温、保湿に努めます。

 

・掘りあげ
5月中旬~下旬頃には、苗の基部が膨らみ、葉が倒伏します。
タマネギとなる部分の直径が約2.5センチくらいになりましたら、掘り上げして、
2日~3日干した後、通気性の良いところで貯蔵します。

 

小さすぎず、大きすぎずのところで掘り上げるのがポイントです。

 

・定植
8月末に定植を行いますが、
乾燥しすぎていない湿り気のある状態で土作りを行うのがポイントです。

 

「たまねぎ名人」と呼ばれるマルチング資材が販売されているので、
それを利用すると簡単に定植ができます。

 

 

tamaware

分けつしたタマネギ

 

 

・分けつした時は?
定植したセット球が大きいと分けつしてしまうことがあります。
その場合は、定植してから1ヶ月くらいした時に、
元気な方を残し、茎盤から割るようにして取ります。

 

・収穫
11月中旬頃には葉が倒れ始め、収穫ができます。

 

順次、球が肥大したものから収穫していきます。
球がしっかり締まるのを待てば、1ヶ月ほどは貯蔵ができます。

 

■参考
・セットタマネギの栽培
・ホームタマネギの栽培

 

タグ :

タマネギ 品種

泉州中高黄

読了までの目安時間:約 4分

 

スポンサードリンク


senshuchukouki

泉州中高黄

 

 

タマネギの品種のうち、中生種の代表種ともいえるのが、
泉州中高黄(せんしゅうちゅうこうき)です。

 

晩生種と早生種のちょうど中間に当たり、それぞれの長所を兼ね揃えています。
強健な性質をもち、家庭菜園でも気軽に栽培できるのが人気の秘密です。

 

 

[泉州中高黄]

 

 

■泉州中高黄の特徴

 

・多収穫が見込め、品質が良い 
泉州中高黄の泉州とは、現在の大阪の南西部を指します。
とてもみずみずしいタマネギで、
柔らかく、甘みがあるのが特徴で、良く太り、高品質です。

旨味成分が多く含まれているので、西洋料理にも良く用いられます。

 

・丈夫で強健、貯蔵性にも優れている 
とても丈夫なので、家庭菜園でもつくりやすい品種です。
また、球が肥大し葉の上のほうが黄色くなった頃に収穫すれば、
長期間の貯蔵も可能です。

 

 

 

tamanegi-

シチューにしても甘くてコクがあり美味

 

 

■泉州中高黄の栽培のコツ

 

・種まき
種まきの適期は、9月~10月頃です。
植え付ける2週間前までに、石灰、堆肥、油粕などを土にすきこみ、
土作りをしてからばら撒きします。

 

種をまいた後は、種が見えなくなる程度に薄く覆土して、
たっぷり水を与えてください。

 

発芽までは、しっかりと水を与え乾燥させないことと、
大雨に当てないようにすることがポイントです。

 

・間引き
苗が15センチくらいになったら、
15センチ間隔に植え付けます。
できれば、マルチを敷いてください。

 

・肥料
化成肥料を元肥に加える他、
植え付けてから、春先までに3回から4回追肥を行います。

 

冬は追肥の後に少し根元を踏んでおくと、霜による浮き上がりを防げます。
使用する化成肥料は、リン酸が多いものがおすすめです。

 

・病害虫
未熟な堆肥や鶏糞を入れると、タネバエの幼虫がつきやすくなるので、
完熟堆肥を使うようにしてください。

また、べと病が発生しやすいので、秋と春は特に気を付けましょう。

 

・収穫
球が5~6センチくらいになったら、一旦、葉タマネギとして収穫します。
葉の上部が黄色くなり、倒伏するくらいのところで、全部引き抜きます。

 

収穫後数日はそのまま畑で自然乾燥させ、
その後、風通しの良いところで吊るして貯蔵します。

 

■参考

・タマネギ 苗の作り方
・タマネギ 苗の販売
・タマネギ苗の保存方法
・ホームタマネギの栽培

 

タグ :

タマネギ 品種

アタック

読了までの目安時間:約 4分

 

スポンサードリンク


attack

アタック

 

 

アタックは、多くの品種を育成しているタキイ種苗株式会社の、
中晩生品種で、人気が高いタマネギです。

 

アタックは、タマネギの品種の中でも、家庭菜園向きと言われている品種で、
家庭菜園初心者の方でも比較的作りやすく、失敗が少ないと言われます。

 

家庭で採れた野菜を食卓に並べ、美味しく食べられるのは、
本当に、家庭菜園の醍醐味ですね。

 

 

[アタック]タキイ種苗

 

 

■アタックの特徴

 

・高品質
一球、約320グラムの重さになり、しっかりと丸いタマネギができます。
それでいてアタックは、色ツヤも良く、中身もギュッとしまっているので、
高品質のタマネギが多く収穫できます。

 

・味
辛みが少なく、甘みが強い品種なので、そのまま生で食べても美味ですし、
親子丼や、カツ丼、煮物類などの、甘い味付けのメニューとも相性が良いです。

 

タマネギが食べられないというお子さんも多いですが、
アタックであれば、シチューや甘煮で美味しいと食べてくれるのではないでしょうか?

 

・貯蔵性が高い
家庭菜園で採れた野菜を全て綺麗に使い切るのはなかなか難しいもので、
私の場合は、それぞれの野菜に合った貯蔵法で保存して使うようにしています。

 

家庭菜園で採れた野菜をおすそ分けしてくださる方がいますが、
収穫量が多すぎてしまうことって、良くあるものです。

 

アタックの場合は、耐湿性に優れているため、非常に貯蔵性が高いです。
タマネギ独特の吊り貯蔵や、冷蔵貯蔵をするだけで、2月末頃までの貯蔵が可能です。

 

6月くらいに収穫できるので、約8ヶ月も貯蔵しておくことができます。
野菜を育てる者にとっては、嬉しい限りです。

 

 

tamanegi

間引いたタマネギとニンジンでホワイトシチュー作ったら、超美味!

 

 

■アタックの栽培のコツ

 

・病気に強い
家庭菜園でタマネギを育てるにあたって、一番厄介なのは、病気です。
しかし、アタックは灰色腐敗病や、黒カビ病などの病気に強い品種なので、
安心して、元気に育てることが容易です。

 

・栽培スケジュール
冷涼地の場合、9月頭頃に植え付けを行います。
中間地ならば、9月中旬、暖地ならば、9月末頃が理想です。

 

暖地の場合は、1月~2月に定植させることもできます。

収穫は、暖地で5月末~6月くらい、冷涼地でも6月中頃までには行えます。

*現在、種は販売されていないようです。

>>タマネギの収穫時期

 

タグ :

タマネギ 品種

もみじ3号

読了までの目安時間:約 3分

 

スポンサードリンク


momiji

もみじ3号

 

 

「もみじ」は、タマネギの品種の中でも歴史が深く、誕生は昭和42年でした。
株式会社 七宝で育成されたタマネギです。

 

現在は改良を加えた「もみじ3号」という名で販売されています。
このもみじという名は、収穫の後、自然乾燥させると、
外の皮の色が紅葉したようになることから付けられたのだそうです。

 

 

[もみじ3号]株式会社 七宝

 

 

■もみじ3号の特徴

 

・長期保存ができる
晩生種であるもみじ3号は、貯蔵に適しています。
自宅での管理でも、約10ヶ月もの期間、貯蔵することができるので、
家庭でつくったタマネギを長期間利用することができ、家計も助かります。

 

・大きいタマネギ
もみじ3号は、小さいものでも180グラム以上、
平均320グラムにもなる大きいタマネギです。

 

ある程度の大きさがあるタマネギの方が切りやすく、調理しやすいです。
色艶も、「もみじ」の名前だけあって、とても綺麗です。

 

・連作障害に強い
家庭菜園という限られたスペースでの野菜の栽培は、連作障害との闘いです。
しかし、もみじ3号は連作障害に強いので、
毎年植え場所を変えなくとも、元気に育ってくれます。

 

病害虫にも強いので、とても育てやすいです。

 

・管理が簡単
追肥のタイミングさえ注意すれば、仕立てや、摘芯なども要らず、管理が簡単です。
家庭菜園で初めてタマネギを育てるという方にもお勧めしたい品種です。

 

 

■もみじ3号の栽培のコツ

 

・種まき、植え付けの適期
種まきは、10月初旬頃に、植え付けは、11月中旬~下旬頃が適期です。

 

・追肥の時期
追肥は、1月上旬~中旬、2月上旬~中旬、3月になったら肥料を止めます。

 

・収穫
翌年の5月中旬~6月中旬頃から収穫ができます。
表面が十分に乾燥してきたのを見計らって、収穫を行います。

 

収穫したもみじ3号は、少し自然乾燥させてから食べるのがお勧めです。
少し置くことによって、より旨味が出ます。

 

なお、北海道のタマネギ品種である「北もみじ」とは別物で、
北もみじは、もみじ3号のようには太りません。

 

もみじ3号は、和・洋・中、どんな調理法でもとても美味しく食べられます。
>>タマネギの収穫時期

 

タグ :

タマネギ 品種