タマネギ 栽培

タマネギ栽培.com

タマネギ栽培 長期保存のコツ

読了までの目安時間:約 6分

 

スポンサードリンク


根の部分も切って干すと、さらに良いです

 

 

タマネギは栽培する期間が長いですが、長期間貯蔵することができます。
できるだけ長い間貯蔵するために、保存方法を工夫することも必要ですが、
実は栽培中にできることもあるのです。

 

タマネギを栽培している時にできる、
長期保存のコツをご紹介します。


 

タグ : 

タマネギ栽培 Q&A

タマネギ栽培 安全でおいしく

読了までの目安時間:約 8分

 

スポンサードリンク


タマネギは栽培期間が長い割りには、手入れが難しくないため、
家庭菜園でも人気があります。

 

手入れが難しくないとはいえ、病害虫に悩まされたり、
思ったよりおいしくなかったりすることがあります。

 

病害虫を予防するためには、薬剤を使うことも少なくありませんが、
家庭で育てるのであれば、できるだけ薬剤は使いたくないものです。

 

また、家庭菜園ならではの、おいしいタマネギを目指したいですよね。
安全でおいしいタマネギ栽培のために、できることはあるのでしょうか。


 

タグ :  

タマネギ栽培 Q&A

タマネギ栽培 農薬

読了までの目安時間:約 8分

 

スポンサードリンク


農薬の準備

 

 

タマネギを栽培していると、どうしても病害虫の被害にあうことがあります。
毎年病害虫にあうために、収量が思うように上がらないという話もよく聞きます。

 

できるだけ農薬は使いたくないところですが、背に腹はかえられません。
どのような農薬が、どの病気や害虫に効くのかをまとめました。


 

タグ : 

タマネギ 病害虫

タマネギ栽培 マルチなし

読了までの目安時間:約 10分

 

スポンサードリンク


タマネギ栽培 マルチなしです

 

 

タマネギを栽培する時、畝にマルチをするかどうかで悩むことがあります。

もちろん、マルチを利用した栽培方法もありますが、
本当にマルチは必要なのでしょうか?


 

タグ : 

タマネギ栽培 Q&A

タマネギ栽培 冬

読了までの目安時間:約 7分

 

スポンサードリンク


家庭菜園産の野菜でシチュー、かなり贅沢です

 

 

タマネギは、栽培期間が長いですが、常に生長しているわけではありません。
冬の寒い間は根もほとんど動かす、地上部の生長もほぼありません。

 

タマネギ自体があまり育たない、冬には何か手入れすることがあるのでしょうか。
また、タマネギを冬に楽しむためには、どうすれば良いのでしょうか。


 

タグ : 

タマネギ栽培 Q&A

タマネギ栽培 カルシウム

読了までの目安時間:約 7分

 

スポンサードリンク


タマネギを栽培するとき、カルシウムが重要でなことをご存知ですか?

 

家庭菜園で少しだけ育てる場合には、あまり耳気にすることはないでしょう。

貸農園やプロ農家など、広いエリアでたくさんのタマネギを栽培する時には、
カルシウムは、しばしば話題にのぼりることです。

 

タマネギ栽培でのカルシウムの役目とは、どのようなものなのでしょうか。
また、与えるのに良いタイミングはあるのでしょうか。


 

タグ : 

タマネギ栽培 Q&A

タマネギ栽培 時期

読了までの目安時間:約 6分

 

スポンサードリンク


収穫したタマネギ

 

 

タマネギの栽培時期といえば、秋から初夏にかけてが一般的です。
ところが、栽培方法や栽培する地域、栽培する品種によって、
栽培する時期が微妙に違ってくるのです。

タマネギ栽培をする時期を、わかりやすくまとめてみました。


 

タグ : 

タマネギ栽培 Q&A

タマネギ栽培 淡路島

読了までの目安時間:約 5分

 

スポンサードリンク



鳴門海峡

 

 

タマネギの産地はたくさんありますが、
その中でも西日本代表といえば、やはり淡路島ではないでしょうか。

 

東日本の方でも、淡路島といえばタマネギというイメージが強いでしょう。
淡路島のタマネギは、なぜこれほどおいしく、人気なのでしょうか。


 

タグ : 

タマネギ

タマネギ栽培 農家

読了までの目安時間:約 11分

 

スポンサードリンク


tamanegi001-3

農家さん、プロのタマネギ栽培は、やはり凄いですね!

 

 

タマネギ栽培は、家庭菜園でも人気があります。
プランターでも地植えでも育てることができるため、
庭の一角を使った栽培も、ベランダでの栽培も可能です。

 

タマネギは秋に苗を植え付け、翌年の春~初夏に収穫するのが一般的です。

 

種から育てる場合は、晩夏頃に種を播き、育苗したものを定植し育てます。
地域によっては、春に種を播いて育てる作型が合うこともありますが、
種播きから収穫までの流れや作業は、春播きも秋播きもほとんど変わりません。

 

家庭菜園でタマネギを育てていると、けっこう失敗することもあります。
原因は様々ですが、ではプロの農家の方はどうしているのでしょうか。

 

プロの農家は、タマネギを育てて収穫したものを出荷し、収入を得ています。
収穫量やタマネギの出来いかんによっては、大きな損害が出る場合もあります。

 

家庭菜園でのタマネギの育て方と、プロの農家が育て方には、
どのような違いがあるのでしょうか。

 

プロ用の栽培資料やプロの農家のかたにお話を伺ってみましたので、
順序立てて、ご紹介します。

 

 

[タマネギ栽培 農家]

 

 

■土の準備

 

タマネギは栽培期間がとても長く、球部分も半分は土に埋まった状態で育ちます。
そのため、育てる土はとても大切で、農家の方も最も気を使う部分の1つです。

 

土がタマネギに合っていなかったり、
準備をおろそかにすると、途端に終了に影響することがあります。

 

・消毒
病気の予防の一環として、土の消毒があります。
土壌消毒をすることで、タマネギがかかりやすい、
病気に感染するのをある程度防ぐことができます。

 

消毒には、太陽熱を利用した熱消毒、
土を水に浸しておく消毒、
薬剤を使って行う消毒などがあります。

 

家庭菜園で実践するのであれば、
熱消毒が一番チャレンジしやすいのでお勧めです。

 

・土壌改良
タマネギがどのような土を好むか知っていますか?
タマネギが丈夫に生長するためには、
生育期間中に水切れを起こさないようにすることが大切です。

 

また、タマネギの根は酸素を多く要求するため、
早いサイクルで土の中の空気を入れ替える必要があります。

 

この2つを実現するためには、水切れを起こさないように水もちが良く、
土の中の空気を入れ替えるため水はけの良い土が必要となります。

 

過湿によって根を傷めると、病気に感染する確率も高くなるので、注意が必要です。
土は、触ると柔らかく、ふかふかとしていて、水を与えた後も水たまりができず、
タマネギが必要とする水分を保持できる土が理想的です。 

 

 

 

tamaneginae

苗を選別して植え付けるのもプロの腕前!

 

 

■苗の選別

 

タマネギは種から育てるか、苗から育てるかになりますが、
農家のようにたくさんの苗を植える場合は、種から育てた方が経済的です。

 

タマネギの苗はホームセンターなどで、100本単位で販売されてますが、
種なら1袋でわずか数百円です。

 

すべての種が発芽するわけではなく、良い苗を作ることは難しいです。
家庭菜園でする分には、それほど株数を植えることがないことが多いので、
種よりも苗で購入した方が簡単です。

 

苗を購入した後、必要になるのが選別です。

 

タマネギ苗は、良い苗とあまり良くない苗、悪い苗とに区別できます。
良い苗は、病害虫にかかっていないことはもちろんですが、
生育状態が「ちょうど良い」ことがとても重要です。

 

特に秋まきのタマネギ栽培では、冬を越す必要があります。
この冬を越す時、苗が大きすぎると春にトウ立ちしやすくなり、
小さすぎると寒害にあいやすくなります。

 

また、苗は大きさを揃えて植え付けた方が、生育にばらつきが出にくくなります。
そのため、苗を選別する時、大・中・小・規格外に分けるのがお勧めです。

 

大きさごとにまとめて植え付けることで、株間などが少しずつ異なるため、
管理する時も見やすくなります。

 

このような種まき、苗の管理に優れた技術を持つのがプロの農家です。

 

 

■追肥のタイミング

 

タマネギの栽培中、追肥が必要になります。
栽培方法によっては、追肥をしないこともありますが、基本としては必要になります。

 

追肥の何に注意が必要かというと、最後の追肥をするタイミングです。
最後の追肥が遅いと、いつまでも肥料効果が出てしまい、
貯蔵性の悪いタマネギに仕上がります。

 

目安としては、中晩生の品種を秋まきで育てた時、3月中旬頃が最後になります。
それ以降に追肥をすると良くないので、忘れないようにしましょう。

 

この肥料止めの加減を見極めるのも、本業のかたは上手いです。

 

 

kuromaruti

 

Mulching (2)

黒マルチで地温上昇、雑草対策

 

 

■雑草対策

 

タマネギ栽培において、雑草対策はとても重要です。
タマネギの周りに雑草が生えることで、
タマネギが必要とする栄養分や水分を雑草が奪ったり、
病気の原因菌や害虫の住処となることもあります。

 

さらに、背の高い雑草が生えることで、雑草が日陰を作ってしまい、
タマネギが日照不足となり、生育不良になることがあります。

 

土を事前に熱消毒したり、黒マルチを使うことで、雑草の発生を抑えることができます。
プロの農家の中には、除草剤を使用することもあるでしょう。 

 

それでもなお生えてくる雑草に関しては、手で取り除く必要が出てきます。
農家がタマネギを育てているスペースはとても広く、
雑草が生えていないかの見回りだけでも時間と労力がかなりかかります。

 

家庭菜園の場合は、農家よりもスペースがかなり狭くなるので、
こまめに見回ることで解決することが多いです。

 

熱消毒や黒マルチなら、家庭菜園でも実践しやすいですし、
それに加えてこまめに見回り、見つけしだい取り除くことで、
雑草による生育不良を防ぐことができます。

 

 

■葉と根を守る

 

タマネギがかかりやすい病気の中には、
葉や根にできた傷から菌が侵入するケースが意外と多いです。
そのため、葉や根に傷ができないように工夫する必要があります。

 

・葉を守る
葉は寒害を受けたり、強風に当たることで傷みます。
また、害虫に食害されることで傷ができることもあります。

 

これらを防ぐために、農家ではトンネルでの栽培を行っていることが多いのです。
寒冷紗や不織布、ビニールなどでトンネルを作り、
その中でタマネギを育てることで、害虫を寄せ付けず、
寒さや強風からタマネギを守ることができます。

 

・根を守る
タマネギの根は、土が過湿や過乾燥の状態になると傷つきやすくなります。
タマネギには適度な湿り気が必要なので、
水もちと水はけの良い土で育てるようにしましょう。

 

 

tamanegi

貯蔵性の高い品種を選ぶと長期間タマネギを楽しめます

 

 

 

■貯蔵性を高める

 

タマネギといえば、新タマネギもおいしいですが、
やはり貯蔵しておいて、使いたい時に使えるようにしておきたいですね。

 

そのためには、プロの農家の方は、貯蔵性の高い品種を選んで育てますが、
栽培中も貯蔵性を高めるために気を配ります。

 

肥料止めのタイミングが遅れると、球が腐りやすく貯蔵性が悪くなります。
タマネギは収穫が近づくと葉が倒れますが、倒れてから長い間放っておき、
収穫適期を逃してしまうと、貯蔵性が悪くなってしまいます。

 

また、収穫後の乾燥と貯蔵中の環境も整えることで、さらに貯蔵性が高まります。
これらに注意することで、本来の貯蔵性を発揮できるようになります。

 

■参考

・タマネギ 苗の作り方
・タマネギ 苗の販売
・タマネギ苗の保存方法
・ホームタマネギの栽培

 

タグ : 

タマネギ栽培 Q&A

タマネギ栽培 寒冷地

読了までの目安時間:約 7分

 

スポンサードリンク


tamanegi2016-001

北海道北見のタマネギ畑

 

 

タマネギ栽培は、暖地での栽培と寒冷地とでは、
少し違いがあります。

 

暖地では、秋に種を播いて初夏に収穫する、
一般的な作型で育てるのが基本です。

 

寒冷地では、秋に種を播く暖地と同じ作型で育てるパターンと、
春に種を播いて夏に収穫するパターンの2通りがあります。

 

さらに春に種を播いて育てるパターンの中にも、
早期の春まきや直播きなど、いくつかの種類があります。

 

基本的には秋まきでも春まきでも育てることができますが、
東北や北海道のような、特に寒い地域では、
秋まきよりも春まきで育てた方が現実的です。

 

では、寒冷地でタマネギを栽培する時、
作型ごとのメリットやデメリット、
また育てるためのコツなどはあるのでしょうか。

 

 

[タマネギ栽培 寒冷地]

 

 

■秋まき移植栽培

 

秋に種を播いて育てるのは、暖地の秋まき栽培と同じですが、
寒冷地では気温の上昇が遅いため、収穫できるのは7月末~8月頃です。

 

8月に種を播いて育苗し、9月に苗を定植して育て、収穫は7月末~8月です。
寒冷地の作型では一番収穫が早いですが、栽培期間が一番長くなります。

 

寒冷地でも、積雪する地域だと、雪溶け水が畑に溜まってしまい、
タマネギが傷んだり、病気に感染する可能性が高くなります。

 

春の雪解けが早く、かつ水はけが良い畑であれば、地植えでも栽培可能です。
プランターなどの容器栽培の場合で、
雪が積もらない環境であれば、栽培は可能です。

 

寒冷地のこの作型には、
ラッキー」や「もみじ3号」のような品種が合います。

 

 

■春まき普通栽培

 

春に種を播いて育てる作型で、
寒冷地でのタマネギ栽培では、最も一般的な作型です。

 

3月末~4月上旬に種を播いて育苗し、5月下旬に定植して育て、
収穫は8月下旬からになります。 

 

秋まきの作型に比べると、栽培期間が短く、
寒さが和らいでから栽培を始めるので、寒冷地にはぴったりです。

 

種を播いて育苗する期間はまだ寒さが残っているため、
ビニールハウスやトンネル内での育苗が必要となります。

 

定植する頃には雪もなくなっているので、特別な資材はほぼ必要ありません。
この作型には「北もみじ2000」「スーパー北もみじ」「ウルフ」、
などの品種がお勧めです。

 

 

■早期春まき移植栽培

 

春まき普通栽培よりも、早めに種を播いて育てる作型です。
1月~2月に種を播いて育苗し、4月下旬に定植して育て、8月に収穫できます。

 

種を播く時期が早い分、育苗に時間がかかります。
育苗期間中は春まき普通栽培と同じように、
ハウスやトンネル内で保温しながら育苗する必要があります。

 

また定植する頃も、まだタマネギが生育するには気温が低いことがあり、
気温が十分に上がるまでは不織布をべたがけしておきます。

 

早期春まき移植栽培には「北早生3号」「北はやて2号」「収多郎」、
などの品種がお勧めです。

 

 

tamanegi

収穫直前の北海道のタマネギ

 

 

■春まきべたがけ栽培

 

春まきべたがけ栽培は、
春まき普通栽培に比べて種まきと収穫がやや早い作型です。

 

3月に種を播き、5月の頭に定植して育て、9月上旬頃に収穫します。

 

早期春まき移植栽培よりも種を播く時期は遅いですが、
定植から収穫までは同じような流れになります。

 

こちらも定植後、不織布をべたがけして保温することで、
低温時の生育を促すようにします。
春まきべたがけ栽培では「オホーツク222」などの品種がお勧めです。

 

 

■春まき直播き栽培

 

春に種を直播きして育てる作型です。
4月中旬~4月下旬に種を播き、そのまま育てて9月頃から収穫が始まります。 

 

寒冷地でのタマネギ栽培の作型の中で、一番古い作型とされ、
栽培期間が短いのが特徴です。

直播きしてそのまま収穫まで育てるので、育苗の必要がありません。
さらには気温が上がってから種を播くので、
ハウスやトンネルなどの施設、不織布などの被覆も必要ありません。

 

もちろん、種を播いた後に不織布でべたがけすることで地温が上がり、
発芽や初期生育が良くなります。

 

ただ、気温がすでに低い時期を脱しているため、
タマネギ栽培の敵である雑草の発生が多くなる可能性があります。

 

春まき直播き栽培には「オホーツク222」「北もみじ2000」「イコル」、
などがお勧めです。

 

■参考

・タマネギ 苗の作り方
・タマネギ 苗の販売
・タマネギ苗の保存方法
・ホームタマネギの栽培

 

タグ : 

タマネギ栽培 Q&A