タマネギ 栽培

タマネギ栽培.com

セットタマネギの栽培

読了までの目安時間:約 5分

 

スポンサードリンク


syarumu

「シャルム」が育てやすく人気です

 

 

セットタマネギの栽培とは、
春に種を播いてできた小さなタマネギの球を、
夏の終わりごろに植え付け、冬に収穫するタマネギの栽培方法です。

 

通常のタマネギは6月頃の収穫になりますが、
セットタマネギは冬に生長し11月~12月には収穫できます。

 

そのため、球は苦みが少なくフレッシュで、葉も柔らかく、
すき焼きなどに入れて楽しむことができます。

 

冬に栽培するため、病害虫の心配も少なくて済みます。
セット球は「オニオンセット」「ホームタマネギ」、
という商品名で販売されています。

 

そちらを購入して育てるのも手軽でよいですし、
本格的に種から育ててみるのも楽しいです。

 

 

home tamanegi (1)

セット球から栽培しているセット(ホーム)タマネギ

プランターでも気軽に作れます。

 

 

■セットタマネギの栽培

 

セット球をつくるためには、3月ごろに種まきを行います。

 

・品種
セットタマネギは極早生タマネギでも作ることができますが、
セットタマネギ用の「シャルム」「サラダたまねぎ」、
「はやて」「マッハ」という品種がお勧めです。

 

・土づくり
良いセット球をつくるためには、苗床づくりが肝心です。
種まきの2週間前に苗床1㎡あたり、
100gの苦土石灰と1.5㎏の完熟堆肥を入れ、よく耕しておきます。

 

水はけのよい肥沃な土壌を作りますが、
生長期は気温が上昇してくる時期です。

 

肥料が多すぎると徒長してしまい、
セット球に栄養が行かなくなってしまいます。

 

・畝づくり
畝は120㎝幅に作り、種まきの前に、
白ビニールマルチとトンネルをかけて地熱を上げておきます。

 

タマネギの発芽温度は20度以上が必要です。
種を播いてすぐはまだ気温が低いので、
ビニールトンネルで温度を上げる必要があります。

 

また、生長時期は気温が上がって行く時期になります。
白マルチは地温が上がりすぎるのを防ぎ、水分を保ってくれ、
セット球が安定して生長するのを助けてくれます。

 

 

tanemaki

・種まき
3月ごろに種まきを行います。
種は深さ8㎜の溝を掘り、5~8㎜間隔に播いていきます。

 

覆土してから軽く抑え、水を与えた後は、
乾燥を防ぐために発芽まで新聞紙をかぶせておきます。

 

発芽後は、トンネルの中を10度以上25度以下に保ちます。
水切れに注意し、雑草が生えないように注意しながら育てます。

 

・セット球の収穫と保存
5月中旬になったらセット球を収穫します。
葉が3枚くらいに生えそろい、
子球が2㎝~2.5㎝に育ったころです。

 

収穫が遅れると葉が倒壊してきますが、その前に収穫を行います。
収穫後は、葉を束ねて風通しの良いところで保存しておきます。

 

このとき、葉が4枚以上の子球は取り除きます。

4枚以上葉が生えたタマネギを植えても、球が肥大しません。
セット球に向かないタマネギは料理に使うことができます。

 

・畑の準備
セットタマネギは、
8月30日を目安に前後1週間ほどの期間で植え付けます。
*畑の準備以降の具体的作業は、下記をご覧ください。
>>ホームタマネギの栽培

 

 

タグ : 

タマネギ栽培 育て方

タマネギ 雨の収穫

読了までの目安時間:約 8分

 

スポンサードリンク


tamanegi001

雨の日のタマネギの収穫は、だいじょうぶでしょうか?

 

 

タマネギを栽培している時も、収穫をする時も、
収穫が終わって干している間も、天気の都合はつきものです。

 

特に収穫適期や収穫後に干している間は、
雨が降ってくると都合が悪いこともあります。

 

タマネギ栽培中、特に収穫~収穫後に雨が降った場合は、
どうすれば良いのでしょうか。

 

 

[タマネギ 雨の収穫]

 

 

■収穫時の雨

 

タマネギを収穫する時は、できる限り土が乾いていた方が良いです。

 

タマネギは貯蔵性のある野菜で、収穫した後も、
貯蔵の具合によっては長期間貯蔵することが可能です。

 

長期間貯蔵できるということは、それだけ水分が少ないということです。
特にタマネギの表皮は、しっかりと乾かして茶色くしておくと、貯蔵性が高まります。

 

収穫直前に雨が降ったり、収穫時に雨が降っていたりすると、
まだ生きているタマネギの根が水を吸いあげ、玉の中の水分量が上がります。

 

さらには土にもたっぷりと水分が含まれているため、
タマネギの表面にも水分を含んだ土が付着します。

 

湿気の多い状態が続くと、貯蔵性のあるタマネギであっても、
カビがはえたり腐ってきたりと、傷んできてしまいます。

 

タマネギを収穫する時には、数日間雨が降っていない晴れた日を選びます。
収穫後に畑で干す場合は、収穫後も数日雨が降らない日に収穫するのが理想です。

 

けれど理想は理想です。
こちらがこうであってほしいと思っていても、天気は変わりやすいものです。

 

タマネギの茎が倒れ、そろそろ収穫かなと思った頃に雨が続いた場合は、
どうすれば良いのでしょうか。

 

 

tamanegi

新タマネギは甘くて美味です

 

 

・地植えの場合
畑などで地植えにしている場合、ハウスで育てていない限り、
どうがんばっても雨を遮ることはできません。

 

支柱とビニールを使って、簡易の雨除けを作ることができても、
完全に雨を避けることは難しいものです。

 

だからといって、収穫適期になっているにも関わらず、
晴れが続いた日を待っているのでは、収穫が遅れてしまいます。

 

雨の日が続いてしまっていても、茎が倒れて収穫適期となったものは、
できるだけ早めに収穫する必要があります。

 

数日雨の降っていない日が無理なら、前日に雨の降っていない日を選びます。
あるいは、午前中に雨が上がった翌日であれば、
朝まで降っていた雨も一昼夜でなんとか浸透してはけているはずです。

 

収穫の前日と当日が晴れていれば良いのですが、
それが無理なら前日は晴れていて当日は曇っている日、
あるいは前日は曇っていて当日が晴れている日が望ましいです。

 

できる限り、収穫当日に雨が降っているという状況は避けるようにします。
栽培量にもよりますが、家庭菜園で育てている範囲くらいであれば、
収穫したものを雨の当たらない場所で乾燥させることはできるでしょう。

 

できる限りタマネギに水分や雨が当たらない天候と環境の中で収穫するようにします。
本来であれば、収穫後は畝の上で乾燥させますが、
天気が悪くなって雨が降りそうな気配がある場合は、
雨の当たらない場所に移動させます。

 

・容器栽培の場合
鉢やプランター、発泡スチロールの箱などでタマネギを育てている場合は、
収穫の頃合いになったら雨の当たらない場所に置くようにします。

 

雨の当たらない場所に置くと、余分な水が土に入り込むのを防ぐことができます。
できれば収穫は晴れた日を狙いますが、もし無理であれば曇りの日に収穫します。

 

いくら雨の当たらない場所に置いてあるといっても、
雨の日は湿気が高いので、収穫後の乾きが悪くなります。

 

 

■収穫後の雨

 

タマネギは、収穫した後も畑に置いて天日に当て、乾燥をさせます。
ただ、晴れている日を選んでいても、乾燥中に雨が降ってくることがあります。

 

そのまま雨に当ててしまうと、けっきょくはタマネギ自体が雨に濡れ、
水分を含んだ土が泥となってついてしまいます。

 

こうなったタマネギは、やはり貯蔵性が低くなり、傷みやすくなります。
天日干しをしている最中に雨が降ってきたら、
急いで干しているタマネギを雨の当たらない場所に移動させます。

 

雨の当たらない場所で再び乾燥をさせますが、
この時に大切なのが、水をふき取っておくことです。

 

タマネギの表面についた雨は、
そのままにしておくと乾きにくくなり、カビなどの原因になります。

 

乾いたタオルなどで表面を軽くふくだけでも、ずいぶんと違います。
できるだけ濡れてしまった部分の水分は残さず、
風通しの良い場所で乾燥を続けましょう。

 

 

tamanegi002

飴色タマネギにしておくと便利です

 

 

■雨に濡れたら?

 

雨に濡れたり、湿気が高く乾かなかったタマネギは、傷むのが早いです。
水分が多かったり、湿気が高くて乾燥がうまくいかなかった場合は、
やはり早めに消費してしまった方が、無駄になりません。

 

家庭で一度に使えるタマネギの量はそんなに多くありません。
生や料理に使うなどして使う他、ピクルスや飴色タマネギにして冷凍するなど、
保存の効く方法で消費することもできます。

 

また、タマネギ自体の様子を見ながら、傷みそうな玉から順次使う方法もあります。

 

■参考

・タマネギ 苗の作り方
・タマネギ 苗の販売
・タマネギ苗の保存方法
・ホームタマネギの栽培

 

タグ : 

タマネギ栽培 Q&A

タマネギ 軟腐病

読了までの目安時間:約 6分

 

スポンサードリンク


tamanegi (19)

軟腐病、輸送中に発病することもあります

 

 

購入したタマネギを調理しようと、縦に二つに割ってみたら、
いつものタマネギの臭いとは違う悪臭が広がり、
表皮から数枚中の麟茎が柔らかく、びしょびしょに崩れかけていた!

 

という経験、ありませんか?
そのタマネギ、軟腐病にかかっているのかもしれません。

 

 

[タマネギ 軟腐病]

 

 

■軟腐病の症状

 

タマネギの軟腐病の症状が出始める時期は鱗茎の肥大期からです。

 

感染株は、初め下位の葉の葉鞘部ぶんから灰白色か淡褐色に変わります。
しだいに感染した葉は柔らかくなり、倒れます。

 

感染した葉と同様に、今度は感染した葉の鱗茎部も柔らかくなり、
表層部から柔らかくなります。

 

最終的には感染した鱗茎が腐れて無くなります。
独特の悪臭を放つので、すぐにわかります。

 

タマネギの収穫後に感染した球が見つかることもあります。
もちろん病原菌にとって好条件になると、
貯蔵中や輸送中にも発生します。

 

感染した球とは知らずに切断すると、
白濁腋が切断部からしみだします。

 

 

■軟腐病の原因

 

病原菌は、
エルウィニア・カロトボラ・カロトボラ(Erwinia carotovora subsp.carotovora)
という学名の細菌です。

 

タマネギの発芽適温は15~20度、
生育適温は、地温は16度前後、気温は20度前後ですが、

 

エルウィニア・カロトボラ・カロトボラの
生育温度はどれくらいでしょうか?

 

生育平均気温が2度前後~40度前後、
活動適温範囲は32~35度前後で、
気温が上昇するとともに、増加します。

 

エルウィニア・カロトボラ・カロトボラは
タマネギの生育適温に完全に被る菌といえます。

 

エルウィニア・カロトボラ・カロトボラは、
感染した土壌が雨や風などによって飛ばされ、
作物に付くと、作物の養分を利用して増えます。

 

またある程度増えると、作業や風雨や害虫などの食害でできた、
タマネギの茎や葉の傷から入り込み、感染して行きます。

 

エルウィニア・カロトボラ・カロトボラの発病は、20~35度の間です。
高温になるほど、発病傾向にあります。

 

ですから、発病せず、保菌したタマネギの球が、
運搬中などに32~35度前後の環境条件におかれると、
軟腐病を発病しはじめます。

 

では、圃場ではどのように
エルウィニア・カロトボラ・カロトボラは生き残るのでしょうか?

 

他の病原菌と同様、
被害株の残渣とともに土中に残り、翌年の伝染源になります。

 

このエルウィニア・カロトボラ・カロトボラは、
深さ25cmくらいでも生育し、
深いところでは70cmにも生息するといわれています。

雨の多い年に多く発生します。

 

タマネギを収穫するときに雨に遭うと、収穫後の発生が多い傾向にあります。

また、すでにエルウィニア・カロトボラ・カロトボラに汚染された、
連作地や低湿地の産地では多発傾向にあります。

 

 

■軟腐病の対策

 

◎感染したら
症状が出ている株を見つけ次第、
圃場から排除し、感染が広がらないように適切に処分します。

 

◎効果的薬剤
農薬は、それぞれの農薬の登録の有無と使用方法に従い、
有効な作物に対し適正に使用してください。

 

薬剤防除は予防散布が効果的です。
強風などでタマネギの葉が傷むと傷口感染が増加するので、
天気が荒れた翌日など、なるべく早く予防的に薬剤を散布します。

 

また、圃場で感染株を発見したら、感染株を排除したあと、
カスミンボルドー、スターナ水和剤、マテリーナ水和剤、
ヨネポン水和剤などを散布します。

 

◎軟腐病の耕種的防除法
耕種的防除法は、
・排水不良の圃場で発生が多いので、高畝栽培などをして圃場の過湿対策をします。
・密植とチッソ多肥による茎葉の過繁茂にならないように、施肥管理をします。
・発病した圃場ではイネ科やマメ科の植物など、感染しない作物を育てます。
・水やりは葉上から極力行わないようにします。
・管理中に植物を傷つけないように注意します。
・食害性害虫を見つけたらできるだけ早くその害虫を駆除します。
・収穫後の鱗茎は十分に乾燥させます。

などがあります。

 

タマネギなど作物の病気は、判断が難しいことがあります。
農協や農業試験場などにご相談ください。

 

■参考

・タマネギ 苗の作り方
・タマネギ 苗の販売
・タマネギ苗の保存方法
・ホームタマネギの栽培

 

タグ : 

タマネギ 病害虫

人気の記事