タマネギ 栽培

タマネギ栽培.com

タマネギ 土寄せ

読了までの目安時間:約 5分

 

スポンサードリンク


tamaneginae001

土寄せで苗の倒伏を防ぎます

 

 

タマネギを育てる時、長細い苗を植え付けて栽培する方法と、
ホームタマネギ(オニオンセット)と呼ばれる、
すでに小さなタマネギの形をしたものを植え付ける方法があります。

 

どちらも土寄せが絶対に必要というわけではありません。
ホームタマネギは、小さい球ができている状態なので、土寄せは不要です。

 

苗を植え付けて育てる場合、土寄せが必要なことがあります。
タマネギ栽培で土寄せをする主な理由は、苗が倒れないようにするためです。

 

苗を見ると分かりますが、タマネギの苗は細くてとても弱々しく見えます。
このか細い苗を植え付けて育てるのですが、
植え付けが甘かったり、強い風に当たったりすると、
根付いていない苗がばったり倒れてしまうことがあります。

 

苗の葉が途中で折れ曲がって倒れているだけなら良いのですが、
株元から倒れてしまうと、根が地上に出てしまいます。
地上に出てしまった根は傷みやすく、その後植え直しても戻らないことがあります。

 

さらに与えた追肥がよく効くように行います。

 

土寄せは、絶対に必要な作業ではありませんが、
土寄せをすることで倒伏を防ぎ肥料効果が高くなります。

 

ただし、土寄せはタイミングとやり方を間違えると、
逆効果になることがあるので注意します。

 

 

tamanegi005

球が肥大したら土寄せは不要です

 

 

[タマネギ 土寄せ]

 

 

■土寄せのタイミング

 

土寄せのタイミングは、だいたい2回です。
肥料を与える時が土寄せのタイミングと覚えておくと簡単です。

 

ただ、参考にする育て方によっては、
栽培中の追肥が1回だったり、2回や3回の時があります。

 

基本的には、植え付けから半月ほど経った頃と、年を越して2月頃の2回です。
どちらの追肥の時期も、まだタマネギの球はあまり大きくなっていません。
この時期が、土寄せをしておくのに最適なタイミングです。

 

追肥の時以外にも、もし倒れそうになっている場合は、
早めに土寄せをして倒伏を予防しておきましょう。

 

タマネギの球が大きくなってくると、土から顔を出すようになります。

土から顔を出していると、なんとなく土寄せが必要な気がしてきますが、
球の肥大期に入っている場合は、土寄せはしないようにします。

 

球の肥大期より前であれば、株元が土から見えていると生育に影響するため、
隠すように土寄せします。

 

肥大期に入ってから土寄せをすると、球の肥大を妨げる原因になるので控えます。

 

 

uetuke2

土寄せの方法

 

 

■土寄せの仕方

 

追肥のタイミングで土寄せをするのであれば、
追肥を行った後、タマネギの株元を隠すように土を寄せます。

 

土寄せの時、タマネギの株元の周りから土を集めて寄せるようにします。

 

畑で畝を作ってタマネギを育てている場合、
畝の肩部分から土をとってしまうのは良くありません。

 

畝の肩の部分には、タマネギが根を広げている可能性もあります。
形の部分の土を土寄せに使うことで根が露出し、生育に影響が出ます。

 

■参考

・タマネギ 苗の作り方
・タマネギ 苗の販売
・タマネギ苗の保存方法
・ホームタマネギの栽培

 

タグ : 

タマネギ栽培 Q&A

タマネギの種まきと発芽

読了までの目安時間:約 4分

 

スポンサードリンク


■タマネギの種まきと発芽

 

タマネギに、ほぼ初挑戦のSenaです!
よろしくお願いします。

 

種から育苗して、地植えで栽培してみようと思います。

 

数年前、一度タマネギを栽培したことがあったのですが
小さいものばかりで成功とは言えませんでした。
今回、機会があったので苗作りから挑戦してみます。

 

使用する品種は「ネオアース」です。
個人的には一番有名な品種だと思っているのですがどうでしょうか?
ネオアースは形が良くて、貯蔵性も良いそうです。

 

 

tamanegi
ネオアース

 

 

種袋の裏面を見ると、寒冷地で8月下旬頃から種を撒きます。
暖かい地域はそれより遅い9月10月頃からで良いそうです。

 

地域によって種まきの時期が違うので、
説明をよく読んでから撒くのが良いですね。

 

育苗期間は50日~60日だそうです。
この頃から撒けば、寒くなる前に植えつけられそうです。

 

種まきをする場所は、庭の花壇です。
ここで育苗して、畑に植え付けようと思います。

 

8月頭くらいから土作りをはじめ、
苦土石灰と化成肥料、堆肥を入れました。

 

種まきをしたのは8月18日でした。

 

すじ撒きをして、覆土をし、たくさん水を与え、
その上から保温や保湿のために黒マルチを軽く被せておきました。
被せるのは黒マルチよりも寒冷紗の方が良いのかな?

 

また、タマネギは嫌光性種子といって、
発芽するのに光を嫌う性質があるので
覆土を多めにしておくと良いと思います。

 

種まきが少し早いかもしれませんが、
これから、どうなるのか分かりません。

 

5日後の8月23日から発芽が確認できました。

 

 

tamaneginae2016-1
タマネギ発芽開始 8月23日

 

 

薄い緑色の芽が見えますか?
発芽したので、黒マルチは取りました。
さらに5日後、どんどん茎が伸びてきました!

 

 

tamaneginae2016-2
タマネギ 8月28日

 

 

ひょろひょろ~っと伸びてきたのが分かります。
よくみると、斜めに曲がっているのですが、
調べてみたら、これは、子葉らしいですね。

 

子葉の上に小さく種の皮があるのが見えます。
言われなければ分からないです。

 

ここからどのようになるでしょうか。
大切に育てて、良い苗が作れるように頑張ります!
*栽培と記事は、Senaさん担当です。

 

■参考

・タマネギ 苗の作り方
・タマネギ 苗の販売
・タマネギ苗の保存方法
・ホームタマネギの栽培

 

タグ :  

タマネギ栽培記録

タマネギ 腐る

読了までの目安時間:約 6分

 

スポンサードリンク


tamanegi30

タマネギが栽培中に腐ったような症状が出ることがあります

 

また、収穫後に貯蔵している間に腐ってしまうこともあります。

 

購入したタマネギであっても、貯蔵中に腐ってしまうことがあります。
タマネギが腐る原因と対策を、栽培中と保存中に分けてご説明します。

 

 

[タマネギ 腐る]

 

 

■栽培中に腐る

 

タマネギを育てている間に、地上部や地際の葉や、
球が腐ってしまう症状が出ることがあります。
こういった症状が出る原因のほとんどは、タマネギがかかる病気です。

 

タマネギは病気に強い野菜ですが、育ててる環境が合っていなかったり、
多肥にしすぎていたりすると、病気にかかりやすくなることがあります。

 

中でも、乾腐病軟腐病、腐敗病といった病気にかかると、
葉や球の部分が腐る症状が出やすくなります。

 

症状が軽いうちは、葉がとろけたようになったり腐るだけですが、
病気が進行すると球の部分まで腐っていきます。

 

こういった病気の原因となる菌は、
水はけが悪い土で育てたり、タマネギに傷ができることで感染率が高くなります。

 

タマネギを育てる時の土は、水はけが悪い土は改良しておくようにしましょう。
また、冷害、凍害、、害虫に食害されることでできた傷からも、菌が入り込みます。

 

タマネギは寒さに強いからといって放置せず、
防寒対策をして地上部の葉を守るようにします。

 

害虫に関しても、被害が少ないからと放置せず、前もって防除します。

 

 

tamanegi2016-3

購入したタマネギも保存に注意します

 

 

■保存中に腐る

育てたタマネギを収穫したものや、
スーパーなどで購入したタマネギを保存しているうちに腐ってしまうことがあります。

 

表面の皮に黒っぽいカビが浮いてきたり、見た目は問題なくても、
切ってみると中が腐っていたりします。
貯蔵中のタマネギが腐ってしまう理由は4つです。

 

1.貯蔵前の乾燥不足
タマネギを長持ちさせるためには、まず収穫後の乾燥が重要なポインです。
貯蔵前の乾燥が不十分だと、タマネギの中の水分量が多くなります。

 

水分が多ければ多いほど、腐敗する可能性が高くなるので、
しっかりと乾燥させるようにします。

 

2.貯蔵中の湿気

貯蔵前に十分な乾燥を行っていても、
貯蔵場所の湿気が高いと、傷みやすくなります。

 

タマネギは何層にもなっているため、
湿気の高い場所だと隙間に湿気が入り込み、そこから傷んでしまいます。

 

冷蔵庫の中は意外と湿気が高く、タマネギの保存場所には向きません。
新タマネギや、すでに皮を剥いてあるタマネギに関しては、
冷蔵庫の野菜室に入れますが、できる限り早く使いきるようにします。

 

しっかりと乾燥させたタマネギの場合は、冷蔵庫に入れてはいけません。
湿気の溜まらない、風通しの良い場所で保存しましょう。

 

紙袋やビニール袋に入れるのも避けるようにします。
ネットやカゴに入れ、タマネギとタマネギの間も風通しを良くしておきます。

 

 

tamanegi2016-1

風通し良く保存します

 

 

3.日向に置いている
風通しの良い場所であっても、日向はタマネギの保存に向きません。
日向に置いていると、タマネギに残った水分が煮えて蒸れの原因となります。

 

蒸れたタマネギは内部から傷み始め、
いざ使おうと切ってみると中が腐っていたという状況になります。

 

タマネギは収穫が初夏になるため、貯蔵初期は夏になります。

 

暑い時期なので日向の温度は高くなり、傷みやすくなります。
タマネギを保存する時は、必ず日陰の涼しい場所を選びましょう。

 

4.病気に感染している
タマネギがかかる病気に、灰色腐敗病というものがあります。
この病気に感染していても、収穫まで目立った症状がほとんど出ず、
気付けない場合があります。

 

その場合、葉を切った切り口から潜んでいた菌が侵入し、
貯蔵中に症状が出てしまうこととなります。

 

皮の表面などに、黒っぽいカビのようなものが出てきて、
進行すると中まで腐っていきます。

 

■参考

・タマネギ 苗の作り方
・タマネギ 苗の販売
・タマネギ苗の保存方法
・ホームタマネギの栽培

 

タグ : 

タマネギ栽培 Q&A

タマネギ 冷蔵庫(13℃位)で保存は?

読了までの目安時間:約 4分

 

スポンサードリンク


tamanegi002

 

 

■タマネギ 冷蔵庫(13℃位)で保存は?

 

タマネギを玄米などを保存している冷蔵庫(13℃位)に入れて、
保存しても良いのでしょうか?

 

+─────────────────────────────+

 

タマネギの保存のことですが、少し調べてみました。
タマネギの品種が書かれていないので、貯蔵用の品種と仮定しますね。

 

その場合、基本は常温保存です。
直射と雨が当たらず、風通しの良い場所が最適です。

 

タマネギを保存する時に注意するのは湿度です。
湿気がこもることで、タマネギの層の間に水分が溜まった状態となり傷みます。

 

なので貯蔵用のタマネギの場合、
収穫後に天日干しを行って乾燥させる必要があります。

 

乾燥が甘いと腐敗の原因になります。

 

しっかりと乾燥させたタマネギは、吊るして保存するイメージがありますが、
もし吊るす場所がなかったとしても、
隙間のあいたコンテナなどに入れておいても良いようですよ。

 

ただコンテナの中でたくさん積んでいると、
下になったタマネギがつぶれてしまい、

 

つぶれたタマネギから漏れた汁が傷んで、
周りのタマネギを腐らせることがあるので、重ねる量にも注意です。

 

 

tamanegi

 

 

◎常温保存もOK!
直射が当たらない、雨が当たらない、風通しが良い、
しっかりと乾燥させているという条件があてはまっていれば、
常温保存でなんら問題はありません。

 

秋になると発芽のスイッチが入るため、芽が出やすくなりますので、
それまでに消費すれば大丈夫なはずです。

 

ここで質問の冷蔵庫なのですが、家庭用の冷蔵庫の野菜室ではなく、
玄米を貯蔵するための冷蔵庫ということですよね。

 

温度が低い高いというよりは、ここでも問題は湿度です。
湿度が高いと、温度が低くても傷みやすくなります。

 

冬であっても新タマネギが傷みやすいのと同じ原理かと思います。
冷蔵庫の設定によって湿度が違うようですが、
だいたい55%~75%が基準になっていることが多いようです。

 

この湿度は玄米が乾燥しないようにするための湿度です。
米は硬いものですけど、保存の場合には乾燥しすぎないよう、
適度な湿気が必要になります。

 

最近では家庭のお米も、米びつに入れての保存より、
ペットボトルなどの容器に入れて冷蔵庫で保存する方が増えているようです。

 

で、結論ですがタマネギを保存するのであれば、
冷蔵庫には入れない方が良いと思います。
できるだけ日陰で風通しの良い場所で保存するのをお勧めします。

 

■参考

・タマネギ 苗の作り方
・タマネギ 苗の販売
・タマネギ苗の保存方法
・ホームタマネギの栽培

 

タグ :  

タマネギ栽培 Q&A

タマネギの花言葉

読了までの目安時間:約 5分

 

スポンサードリンク


tamanegi

愛らしいネギ坊主

 

 

タマネギは現代の日本では、最もポピュラーな野菜の1つです。
たくさんの料理に使えるので、家に常備していると安心です。

 

ピリリとした刺激がおいしい生の状態も、
甘くとろけるような食感になるまで火を通した状態も、
どちらもタマネギの味わいの魅力です。

 

そんな親しみ深い野菜であるタマネギにも、花が咲きます。
花言葉は色々な植物につけられていますが、
なんとタマネギの花にまで花言葉はつけられているのです。

 

タマネギの花言葉とは、どのようなものなのでしょうか。

 

 

[タマネギの花言葉]

 

 

■タマネギの花言葉

 

タマネギの花を実際に見たことがありますか?
自分でタマネギを育てたことのある人でも、栽培に成功していればいるほど、
タマネギの花は見ることができません。

 

というのも、本来であれば春にトウ立ちをするタマネギですが、
栽培する時には春にトウ立ちしないように育てるためです。

 

トウ立ちしてしまうと、花を咲かせるために力を使ってしまい、
味や食感が悪くなったり、球の肥りが悪く可食部分が減ってしまいます。

 

そのため、タマネギ栽培をする時には、トウ立ちしないように、
ちょうど良いサイズの苗を植え付けるのがコツとされています。

 

タマネギの花は、いわゆるネギ坊主のような姿をしています。
春になると、株の真ん中から太くて立派な花茎が伸びてきます。

 

花茎の先端には袋状のものがついていて、花茎が伸びきったところで、
袋が破れて中から蕾が顔を出します。

 

花1つ1つはとても小さいですが、1本の花茎につく花数は多いです。
たくさんの星形をした小花が球形に塊となって、花が咲きます。

 

色は白や紫色をしていて、形や色がかわいらしいので、
実際に咲いているところを見ると、なかなかキレイです。

 

群植している場所で、すべてのタマネギに花をつけさせれば、
見応えのあるタマネギ花畑になります。

 

そんなタマネギの花につけられた花言葉は「不死」です。
由来は不明ですが、スーパーなどで市販されているタマネギも、
明るいところに置いておくと芽が出てきます。

 

それほど生命力が強いタマネギなので、
こういった花言葉がつけられたのかもしれません。

 

 

nira
ニラの花もとても可憐です

 

 

■ユリ科野菜の花言葉

 

タマネギはユリ科の野菜です。
資料などによっては、ヒガンバナ科となっていることもあります。

 

同じユリ科の野菜には、香味野菜として不動の人気を誇る、
ネギやニンニク、ニラなどがあります。

 

それらの野菜も花も、花自体はタマネギと似ていることが多いです。
ネギが一番タマネギの花と似た花を咲かせます。

 

 

rakkyo
ラッキョウの花がこんなに綺麗だとは!

 

 

他は少し小花の数が少ないので、
球形というよりは半円形のような形の花をつけることが多いです。

 

そんなユリ科の野菜には、どのような花言葉がつけられているのでしょうか。

 

ニンニク=勇気と力
ネギ=愛嬌、笑顔、微笑み
ニラ=多幸、星への願い
ラッキョウ=慎ましいあなた

 

タマネギの「不死」に比べると、少し柔らかい言葉がチョイスされています。
どれも前向きで、食べると元気になれるユリ科の野菜にぴったりの花言葉です。

 

■参考

・タマネギ 苗の作り方
・タマネギ 苗の販売
・タマネギ苗の保存方法
・ホームタマネギの栽培

 

タグ : 

タマネギ

タマネギ 栽培期間

読了までの目安時間:約 7分

 

スポンサードリンク


tamanegi201603

タマネギはタイプにより栽培期間が異なります

 

 

タマネギの栽培期間は、簡単に言うと11月頃~6月頃です。
けれどタマネギの品種により、極早生・早生・中晩生と育て方に違いがあります。

 

さらにホームタマネギ(オニオンセット)というタイプもあり、
それぞれ少しずつ栽培期間が異なります。

 

ここでは、それぞれのタイプ別に栽培期間をご紹介します。

 

 

[タマネギ 栽培期間]

 

 

home-tamanegi

ホームタマネギ、セット球

 

 

■ホームタマネギ(オニオンセット)

 

ホームタマネギは、一般的なタマネギと違って春に種播きを行い、
小さな球になるまで育てます。

 

その球を掘り上げて乾燥し、その状態のままで貯蔵します。
その貯蔵したものを、夏の終わりに植え付けて育てます。

 

すでに小さなタマネギのような状態まで育っているので、
栽培期間がとても短いのが特徴です。

 

植え付け適期を守れば、年内の収穫も見込めるので、
真冬に新タマネギを楽しみたい人にはぴったりです。

 

また、前作と次作の植え付けや収穫の都合から、
短い期間しか畑が空かないという人にもお勧めです。

 

年内の収穫を目指す場合、
8月30日を起点にして前後4日以内に植え付けを行います。

 

パッケージ等に記載されている植え付け適期は、
7月下旬~9月上旬となっているものもあります。

 

しかし失敗を減らして年内にきっちり収穫したいのであれば、
8月30日を起点にした植え付け日の方が良いでしょう。

 

また、年内の収穫でなくても良いのであれば、
10月下旬に植え付けて翌年の3月下旬~4月に収穫する方法もあります。

 

植え付けの適期を少しでも過ぎると、うまく育たず、
翌年の初夏頃に収穫することになります。

 

ヘタをすると、春にトウ立ちしてしまい、
収穫しても思ったほど球部分が育っていないということにもなります。

 

ホームタマネギは、すでに膨らんでいる球をさらに膨らませるだけなので、
手軽で簡単といわれることがあります。

 

けれど適期を逃した時のリスクや、
短期間にやるべき作業の重要さから考えると、
むしろ上級者向けの栽培といえます。

>>ホームタマネギの栽培

 

 

tamanegi201604

早生種を選ぶと早めに収穫できます

 

 

■極早生

 

極早生は、苗を植え付けて育てるタマネギの中では、一番早く植え付けを行い、
収穫も一番早くなるタイプの品種です。

 

種蒔きは8月下旬~9月上旬に行うことが多く、
ここを逃すと後の作業に影響が出るので、必ず適期に作業を行います。

 

次に育苗した苗を植え付けるのは、11月上旬頃となります。
その後は一般的なタマネギの育て方に沿って育て、待望の収穫は4月頃です。

 

一般的なイメージとして、タマネギの収穫といえば、
5月下旬~6月頃を思い浮かべる方が多いかと思います。

 

それに比べると、やはり極早生なので早めに収穫することができます。
春に爽やかな新タマネギを味わえますし、
5月以降に何かを育てる場合、スペースを確保しやすくなります。

 

 

■早生

 

早生は、極早生に比べると少し遅い作型になります。
種播きは9月上旬~9月下旬まで、つまり9月いっぱいです。

 

その後育苗して、苗を定植するのは11月上旬~11月下旬となります。
栽培期間中の手入れは、一般的なタマネギの育て方に準じて問題ありません。

 

年を越して春を迎え、収穫できるのは5月上旬頃からになります。
極早生と中・晩生のちょうど間くらいの作型になります。

 

 

tamanegi007

中・晩生種は、保存性に優れています

 

 

■中生~晩生

 

中・晩生は、タマネギの中で一番収穫が遅いタイプになります。
種蒔きは9月中旬~10月上旬までに行い、育苗して植え付けられるくらいに育てます。

 

苗を定植するのは、11月下旬~12月上旬までです。
晩生で注意したいのは、植え付けの適期よりも遅れてしまうことです。

 

植え付けた後すぐに寒くなってしまうので、
苗がとても小さい状態で寒さに当たることになります。

 

寒さに当たると小さな苗は傷み、
うまく育つことができなかったり、冬の間に枯れてしまうことがあるので注意します。

 

育て方は一般的なタマネギの育て方で問題ありません。
収穫できるようになるのは、5月下旬~6月頃となります。

 

中・晩生は他のタイプに比べると収穫が遅くなりますが、
その分貯蔵性が良い品種も多いので、
たくさん育てて長期にわたって保存したい場合はお勧めです。

 

■参考

・タマネギ 苗の作り方
・タマネギ 苗の販売
・タマネギ苗の保存方法
・ホームタマネギの栽培

 

タグ : 

タマネギ栽培 Q&A

タマネギ 雨の収穫

読了までの目安時間:約 8分

 

スポンサードリンク


tamanegi001

雨の日のタマネギの収穫は、だいじょうぶでしょうか?

 

 

タマネギを栽培している時も、収穫をする時も、
収穫が終わって干している間も、天気の都合はつきものです。

 

特に収穫適期や収穫後に干している間は、
雨が降ってくると都合が悪いこともあります。

 

タマネギ栽培中、特に収穫~収穫後に雨が降った場合は、
どうすれば良いのでしょうか。

 

 

[タマネギ 雨の収穫]

 

 

■収穫時の雨

 

タマネギを収穫する時は、できる限り土が乾いていた方が良いです。

 

タマネギは貯蔵性のある野菜で、収穫した後も、
貯蔵の具合によっては長期間貯蔵することが可能です。

 

長期間貯蔵できるということは、それだけ水分が少ないということです。
特にタマネギの表皮は、しっかりと乾かして茶色くしておくと、貯蔵性が高まります。

 

収穫直前に雨が降ったり、収穫時に雨が降っていたりすると、
まだ生きているタマネギの根が水を吸いあげ、玉の中の水分量が上がります。

 

さらには土にもたっぷりと水分が含まれているため、
タマネギの表面にも水分を含んだ土が付着します。

 

湿気の多い状態が続くと、貯蔵性のあるタマネギであっても、
カビがはえたり腐ってきたりと、傷んできてしまいます。

 

タマネギを収穫する時には、数日間雨が降っていない晴れた日を選びます。
収穫後に畑で干す場合は、収穫後も数日雨が降らない日に収穫するのが理想です。

 

けれど理想は理想です。
こちらがこうであってほしいと思っていても、天気は変わりやすいものです。

 

タマネギの茎が倒れ、そろそろ収穫かなと思った頃に雨が続いた場合は、
どうすれば良いのでしょうか。

 

 

tamanegi

新タマネギは甘くて美味です

 

 

・地植えの場合
畑などで地植えにしている場合、ハウスで育てていない限り、
どうがんばっても雨を遮ることはできません。

 

支柱とビニールを使って、簡易の雨除けを作ることができても、
完全に雨を避けることは難しいものです。

 

だからといって、収穫適期になっているにも関わらず、
晴れが続いた日を待っているのでは、収穫が遅れてしまいます。

 

雨の日が続いてしまっていても、茎が倒れて収穫適期となったものは、
できるだけ早めに収穫する必要があります。

 

数日雨の降っていない日が無理なら、前日に雨の降っていない日を選びます。
あるいは、午前中に雨が上がった翌日であれば、
朝まで降っていた雨も一昼夜でなんとか浸透してはけているはずです。

 

収穫の前日と当日が晴れていれば良いのですが、
それが無理なら前日は晴れていて当日は曇っている日、
あるいは前日は曇っていて当日が晴れている日が望ましいです。

 

できる限り、収穫当日に雨が降っているという状況は避けるようにします。
栽培量にもよりますが、家庭菜園で育てている範囲くらいであれば、
収穫したものを雨の当たらない場所で乾燥させることはできるでしょう。

 

できる限りタマネギに水分や雨が当たらない天候と環境の中で収穫するようにします。
本来であれば、収穫後は畝の上で乾燥させますが、
天気が悪くなって雨が降りそうな気配がある場合は、
雨の当たらない場所に移動させます。

 

・容器栽培の場合
鉢やプランター、発泡スチロールの箱などでタマネギを育てている場合は、
収穫の頃合いになったら雨の当たらない場所に置くようにします。

 

雨の当たらない場所に置くと、余分な水が土に入り込むのを防ぐことができます。
できれば収穫は晴れた日を狙いますが、もし無理であれば曇りの日に収穫します。

 

いくら雨の当たらない場所に置いてあるといっても、
雨の日は湿気が高いので、収穫後の乾きが悪くなります。

 

 

■収穫後の雨

 

タマネギは、収穫した後も畑に置いて天日に当て、乾燥をさせます。
ただ、晴れている日を選んでいても、乾燥中に雨が降ってくることがあります。

 

そのまま雨に当ててしまうと、けっきょくはタマネギ自体が雨に濡れ、
水分を含んだ土が泥となってついてしまいます。

 

こうなったタマネギは、やはり貯蔵性が低くなり、傷みやすくなります。
天日干しをしている最中に雨が降ってきたら、
急いで干しているタマネギを雨の当たらない場所に移動させます。

 

雨の当たらない場所で再び乾燥をさせますが、
この時に大切なのが、水をふき取っておくことです。

 

タマネギの表面についた雨は、
そのままにしておくと乾きにくくなり、カビなどの原因になります。

 

乾いたタオルなどで表面を軽くふくだけでも、ずいぶんと違います。
できるだけ濡れてしまった部分の水分は残さず、
風通しの良い場所で乾燥を続けましょう。

 

 

tamanegi002

飴色タマネギにしておくと便利です

 

 

■雨に濡れたら?

 

雨に濡れたり、湿気が高く乾かなかったタマネギは、傷むのが早いです。
水分が多かったり、湿気が高くて乾燥がうまくいかなかった場合は、
やはり早めに消費してしまった方が、無駄になりません。

 

家庭で一度に使えるタマネギの量はそんなに多くありません。
生や料理に使うなどして使う他、ピクルスや飴色タマネギにして冷凍するなど、
保存の効く方法で消費することもできます。

 

また、タマネギ自体の様子を見ながら、傷みそうな玉から順次使う方法もあります。

 

■参考

・タマネギ 苗の作り方
・タマネギ 苗の販売
・タマネギ苗の保存方法
・ホームタマネギの栽培

 

タグ : 

タマネギ栽培 Q&A

タマネギ 軟腐病

読了までの目安時間:約 6分

 

スポンサードリンク


tamanegi (19)

軟腐病、輸送中に発病することもあります

 

 

購入したタマネギを調理しようと、縦に二つに割ってみたら、
いつものタマネギの臭いとは違う悪臭が広がり、
表皮から数枚中の麟茎が柔らかく、びしょびしょに崩れかけていた!

 

という経験、ありませんか?
そのタマネギ、軟腐病にかかっているのかもしれません。

 

 

[タマネギ 軟腐病]

 

 

■軟腐病の症状

 

タマネギの軟腐病の症状が出始める時期は鱗茎の肥大期からです。

 

感染株は、初め下位の葉の葉鞘部ぶんから灰白色か淡褐色に変わります。
しだいに感染した葉は柔らかくなり、倒れます。

 

感染した葉と同様に、今度は感染した葉の鱗茎部も柔らかくなり、
表層部から柔らかくなります。

 

最終的には感染した鱗茎が腐れて無くなります。
独特の悪臭を放つので、すぐにわかります。

 

タマネギの収穫後に感染した球が見つかることもあります。
もちろん病原菌にとって好条件になると、
貯蔵中や輸送中にも発生します。

 

感染した球とは知らずに切断すると、
白濁腋が切断部からしみだします。

 

 

■軟腐病の原因

 

病原菌は、
エルウィニア・カロトボラ・カロトボラ(Erwinia carotovora subsp.carotovora)
という学名の細菌です。

 

タマネギの発芽適温は15~20度、
生育適温は、地温は16度前後、気温は20度前後ですが、

 

エルウィニア・カロトボラ・カロトボラの
生育温度はどれくらいでしょうか?

 

生育平均気温が2度前後~40度前後、
活動適温範囲は32~35度前後で、
気温が上昇するとともに、増加します。

 

エルウィニア・カロトボラ・カロトボラは
タマネギの生育適温に完全に被る菌といえます。

 

エルウィニア・カロトボラ・カロトボラは、
感染した土壌が雨や風などによって飛ばされ、
作物に付くと、作物の養分を利用して増えます。

 

またある程度増えると、作業や風雨や害虫などの食害でできた、
タマネギの茎や葉の傷から入り込み、感染して行きます。

 

エルウィニア・カロトボラ・カロトボラの発病は、20~35度の間です。
高温になるほど、発病傾向にあります。

 

ですから、発病せず、保菌したタマネギの球が、
運搬中などに32~35度前後の環境条件におかれると、
軟腐病を発病しはじめます。

 

では、圃場ではどのように
エルウィニア・カロトボラ・カロトボラは生き残るのでしょうか?

 

他の病原菌と同様、
被害株の残渣とともに土中に残り、翌年の伝染源になります。

 

このエルウィニア・カロトボラ・カロトボラは、
深さ25cmくらいでも生育し、
深いところでは70cmにも生息するといわれています。

雨の多い年に多く発生します。

 

タマネギを収穫するときに雨に遭うと、収穫後の発生が多い傾向にあります。

また、すでにエルウィニア・カロトボラ・カロトボラに汚染された、
連作地や低湿地の産地では多発傾向にあります。

 

 

■軟腐病の対策

 

◎感染したら
症状が出ている株を見つけ次第、
圃場から排除し、感染が広がらないように適切に処分します。

 

◎効果的薬剤
農薬は、それぞれの農薬の登録の有無と使用方法に従い、
有効な作物に対し適正に使用してください。

 

薬剤防除は予防散布が効果的です。
強風などでタマネギの葉が傷むと傷口感染が増加するので、
天気が荒れた翌日など、なるべく早く予防的に薬剤を散布します。

 

また、圃場で感染株を発見したら、感染株を排除したあと、
カスミンボルドー、スターナ水和剤、マテリーナ水和剤、
ヨネポン水和剤などを散布します。

 

◎軟腐病の耕種的防除法
耕種的防除法は、
・排水不良の圃場で発生が多いので、高畝栽培などをして圃場の過湿対策をします。
・密植とチッソ多肥による茎葉の過繁茂にならないように、施肥管理をします。
・発病した圃場ではイネ科やマメ科の植物など、感染しない作物を育てます。
・水やりは葉上から極力行わないようにします。
・管理中に植物を傷つけないように注意します。
・食害性害虫を見つけたらできるだけ早くその害虫を駆除します。
・収穫後の鱗茎は十分に乾燥させます。

などがあります。

 

タマネギなど作物の病気は、判断が難しいことがあります。
農協や農業試験場などにご相談ください。

 

■参考

・タマネギ 苗の作り方
・タマネギ 苗の販売
・タマネギ苗の保存方法
・ホームタマネギの栽培

 

タグ : 

タマネギ 病害虫

タマネギ 乾腐病

読了までの目安時間:約 7分

 

スポンサードリンク


tamanegi30

買ったタマネギの中が一部枯れていた……、
という経験、ありませんか?

 

そのタマネギは、乾腐病(かんぷびょう)に、
かかっているのかもしれません。

 

なぜ流通して手元に来たのでしょう?

乾腐病のことを知れば、
その理由がきっとご納得できると思います。

タマネギ乾腐病の症状、対策についてご紹介します。

 

 

[タマネギ 乾腐病]

 

 

■乾腐病の症状

 

タマネギを育てている全ての期間と、
収穫した後の貯蔵中にも発生する病気です。

 

圃場や苗床での育苗期間での感染症状は以下の通りです。

 

重症株では、初め葉の片側ないし葉の全部が黄色くなり、しなびて
根は褐色に変わって、細くなり、ついには枯れてしまいます。

 

軽症の感染株では、何枚かある葉のうちの1枚あるいは数枚が枯れ、
地上部の育ちが悪くなり、葉が圃場に這うように曲がって伸び、
球体ではない扁平なタマネギになります。

 

収穫後のタマネギでは、感染したらどうなるのでしょう?

第1段階は、茎盤部(食べる時捨てる部分)が灰褐色に変化します。

 

第2段階では、茎盤部近くの鱗片(食べる部分)から、
感染部が水浸し状か、乾くかして腐敗します。

 

第3段階では、感染したタマネギ全体に症状が広がります。
外皮(鱗片が茶色くなった部分。こちらも捨てることが多い)、
だけを残してなくなってしまいます。
*タマネギ 乾腐病の画像は、こちらです。
http://www.takii.co.jp/tsk/bugs/ata/disease/kanpu/

 

 

■乾腐病の原因

 

病原は糸状菌の仲間の、
フザリウム オキシスポルム f. sp. セペ
(Fusarium oxysporum f.sp. cepae)
という学名をもつかびです。

 

「f.sp. cepae」はタマネギに感染する菌を示す言葉です。

 

フザリウム オキシスポルム f. sp. セペの、
発病適温は26~30℃です。

25℃以下では、温度が低くなるほど、発病日数は長くなりますが、
18℃以上では発病の可能性があります。

 

感染したタマネギの維菅束で増殖した、
フザリウム オキシスポルム f. sp. セペは、
厚膜胞子をたくさん作ります。

 

厚膜胞子とは、フザリウム オキシスポルム f. sp. セペにとって、
快適でない環境に耐えて、
長い間生き伸びられるようになっている器官のことです。

 

このフザリウム オキシスポルム f. sp. セペの厚膜胞子は、
被害作物株の残渣とともに土壌中に混入します。
その後、数年~十数年間、土壌で生き残るといわれています。

 

フザリウム オキシスポルム f. sp. セペがいる土壌にタマネギを植えると、
厚膜胞子から発芽管が伸び、タマネギの根や傷口から進入し、
導管内で増殖しはじめます。

 

感染したタマネギは、
フザリウム オキシスポルム f. sp. セペに栄養を奪われ、
導管を占拠され、水分も吸収できず、
さらにフザリウム オキシスポルム f. sp. セペの出す毒素で、
生育が阻害され枯死してしまいます。

 

 

tamanegi-new1005

感染させないことが大切です

 

 

■乾腐病の対策

フザリウム オキシスポルム f. sp. セペは、
典型的な土壌伝染性の病害です。

 

一度土壌にこの菌が入ると簡単には駆逐できませんし、
高温期にタマネギを植えると必ず発病します。

 

従ってフザリウム オキシスポルム f. sp. セペを、
圃場に入れないことが防除の第一歩になります。

 

フザリウム オキシスポルム f. sp. セペの伝染経路は、
・種子
・運搬用や耕運用の大小農機具
・農具
・履き物
・堆厩肥
・潅漑水
・強風や大水で汚染土壌が移動した

などが考えられます。

 

これらを一つひとつ点検したり、
多発圃場では連作をしないことが大事です。

 

またフザリウム オキシスポルム f. sp. セペの、
対抗性品種を植えるのも一案です。

 

◎感染したら
感染した株を見つけ次第、株の根まできれいに抜き、
圃場外で適切に処分します。

感染株が見つかった年以降は、なるべく輪作し、連作を避けます。

 

◎効果的薬剤

農薬は、それぞれの農薬の登録の有無と使用方法に従い、
有効な作物に対し適正な時期に、適正な使用回数や、
適正な希釈倍数などを守って使用します。

 

また、使用期限を必ず守り、
使用期限までに使いきれずに残った農薬や空き容器は、
専門の廃棄業者に引き取ってもらいます。

 

さて、薬剤防除の一番の目的は、貯蔵中の発病を防ぐことにあります。

乾腐病対策の土壌消毒剤は、キルパー、ガスタード微粒剤などがあります。

 

定植のときは、トリフミン水和剤、ベンレート水和剤などに、
苗の根を浸して消毒した後に定植します。

 

◎乾腐病の耕種的防除
耕種的防除としては
・水はけの良い圃場にします。
・発病した株は、抜き取り、圃場外に持ち出し、適切に処分します。
などがあります。

作物の病気の診断は、判断が非常に難しいときがあります。
すぐに農協や農業試験場などの公共指導機関にご相談ください。

 

■参考

・タマネギ 苗の作り方
・タマネギ 苗の販売
・タマネギ苗の保存方法
・ホームタマネギの栽培

 

タグ : 

タマネギ 病害虫

タマネギ べと病

読了までの目安時間:約 9分

 

スポンサードリンク


tamanegi001

育っていくタマネギ

 

 

タマネギのべと病とはどのような病気でしょうか。
べと病の症状や原因と対策をご説明します。

 

 

[タマネギ べと病]

 

 

■べと病の症状

 

タマネギのべと病には、全身感染型と二次感染型の2つの型があります。

 

・全身感染型べと病
秋に感染し、2~3月になってから発病する型のべと病のことをいいます。

枯死する場合もありますが、

軽症なら冬の間にタマネギの株全体へ蔓延し、越年罹病株になります。
*越年罹病株とは、年内に感染し翌年に発病する株です。

 

越年罹病株の葉は、光沢がなくなり、淡黄緑色になります。
感染したタマネギは生育が遅れ、
葉は横にいくらか湾曲するように伸びます。

 

春先の温暖で多湿な条件下では、
全身に白色のつゆ状か、暗紫色のかびを生じます。

 

・二次感染型べと病
春と秋に発生します。
葉に長めの卵形か楕円形の黄色がかった大型の斑点(病斑)ができます。

 

湿度が高い時には斑点状に白や暗紫色のかびが出ます。
病斑がタマネギの葉を一周してしまうと、そこから先の葉が折れて枯れます。

 

 

■べと病の原因

 

べと病はタマネギだけの病気ではありませんが、
タマネギのべと病の病原は、
糸状菌(かび)のペロノスポラ デストラクター
(学名:Peronospora destructor (Berkeley) Caspary)です。

 

この病原菌は鞭毛菌類の一種で、
菌糸や卵胞子や分生胞子をつくります。
卵胞子は丈夫で、土壌中で10年以上も生存できます。

 

さて、ペロノスポラ デストラクターは
どんな特徴のかびなのでしょうか?

絶対寄生菌です。生きた野菜の細胞でしか生活できません。
つまり人工培養ができない糸状菌です。

 

土の中で10年以上も卵胞子で休眠します。

驚きの生命力を持つペロノスポラ デストラクターの、
ライフサイクルはどうなっているのでしょうか?

 

ペロノスポラ デストラクターの分生胞子は、
直接発芽、菌糸発芽をします。
発芽したら、タマネギの葉の気孔と角皮から感染します。

 

分生胞子の発芽適温は10℃前後です。
発病適温は13~20℃と比較的低めです。
そのため、盛夏の時期の発生は少なくなります。

 

タマネギに侵入した病原菌は
細胞内に吸器を作って養分を吸収します。

 

分生胞子の形成は、温度、湿度、光線などの発病環境や、宿主の感染具合、
近くに宿主となりうる元気な作物があるかなどに影響されますが、
これらの条件が整うと繰り返し分生胞子が形成され、伝染し、蔓延します。

 

ペロノスポラ デストラクターの分生胞子は、
タマネギの葉の気孔と角皮から感染するのですが、
どうやって土壌中から感染するのでしょうか?

 

10~11月に雨などで葉上にはね上げられたり
土寄せなどで土が作物の葉に付着したりして伝染し、発病に至ります。
感染した株のうち重症の株はいずれ枯死します。

 

タマネギの春の二次伝染の多くは、
全身感染株の胞子によるものがおおいです。

 

気温が15℃前後の雨が多い時に発生することが多く、
特に4月中旬~5月上旬の曇りや雨の天気が続くと多発します。

 

しかし梅雨明け以降は気温の上昇に伴い、
べと病菌の発病適温(13~20℃)から外れるため、
勢いが衰えます。暑さに弱い菌といえます。

 

べと病菌は栄養繁殖器官として、
菌糸や分生胞子(遊走子のう)を被害部上につくります。
これらが標徴として、霜状に感染部分(病斑)の上に見られます。

感染部分を顕微鏡で見ると感染した作物の気孔から、
分生子柄と分生胞子が出ています。

 

タマネギの感染株が枯死寸前になったり
べと病菌にとって不良環境になったりすると、
病組織内で耐久体の卵胞子を形成します。

 

卵胞子で越夏や越冬して
第一次伝染源になるための準備をします。

 

 

tamanegi002

小さいけれど収穫して味見♪

 

 

■べと病の対策

 

排水の悪い圃場では高畝栽培にするなど、
圃場がじめじめしないように整備します。

 

健全なタマネギの苗を植えます。

越年罹病株から被害が広がるので、
圃場で発病株を見つけたら除去します。

また過去発病した圃場での連作は極力避けます。

 

◎感染したら
圃場でタマネギの発病株を見つけたら、即座に圃場外に除去します。
感染源になるので、圃場内に感染株を放置しないようにします。

 

◎効果的薬剤
農薬は、使用方法に従い、有効な作物に対し、
適正な時期、使用回数、希釈倍数などを守って使用します。

 

農薬は、使用期限を必ず守り、使いきれずに残った農薬や空き容器は、
必ず専門の廃棄業者に引き取ってもらいます。
「農薬取締法」で検索するとより詳細が分かります。

 

では「べと病に効果的な薬剤」に戻ります。

定植圃場が以前、べと病菌が発生したなど、
伝染の恐れがあるときは予防散布に努めます。

 

多発してからの薬剤散布は、効果が得られないことがあるので、
発生初期の防除時期を逃さないように散布します。

 

まん延期に散布をしなければならない場合、
べと病菌の分生胞子は降雨後の多湿時に形成され飛散する特徴を利用し、
晴れ間を見計らって防除時期を逃さないように散布します。

 

防除薬剤として、カンパネラ水和剤、ザンプロDMフロアブル、
べトファイター顆粒水和剤、ホライズンドライフロアブル、
ランマンフロアブル、レーバスフロアブルなどがあります。

 

◎べと病の耕種的防除
耕種的防除には、以下の方法などがあります。

 

・発病したことのない場所や土で苗床をつくります。
・発生した圃場では、連作を避けます。
・べと病菌にかかっていない健全な苗や種子を使います。
・苗床や圃場の排水がよくなるように整備します。
・多湿になる条件を排除します。

 

たとえば、過密なタマネギの播種を避けます。
定植するときも密植せず、疎植にします。
ハウス栽培やガラス室栽培では、湿度が高いと発生しやすいので、
風通りや採光や排水がよくなるように工夫します。

 

土壌中の病原菌が跳ね上がらないように、
敷藁やマルチで土壌の飛散対策をするのが良いです。

 

越年罹病株の発生に注意し、胞子形成を始める前に抜き取ります。
べと病菌に感染した株や感染して枯死した株は、
感染源にならないよう、タマネギの株は圃場外で処分します。

 

感染した株や苗は、焼却するか、土中深く埋めて処分します。
収穫後は、タマネギの葉などを適切に処分し、
分生胞子が圃場内に残らないようにします。

 

■参考

・タマネギ 苗の作り方
・タマネギ 苗の販売
・タマネギ苗の保存方法
・ホームタマネギの栽培

 

タグ : 

タマネギ 病害虫