タマネギ 栽培

タマネギ栽培.com

タマネギ マルチ栽培

読了までの目安時間:約 4分

 

スポンサードリンク


Mulching (1)

タマネギの栽培でマルチを使うのはとても良い方法です

 

 

地熱が上がるため大きなタマネギに育ちやすくなります。
また、雑草の管理も大変楽になります。

 

 

■タマネギ マルチ栽培

 

1.タマネギのマルチ栽培のメリット
・雑草の管理がしやすい
タマネギは雑草を嫌う植物です。
タマネギの苗を植え付け、
生長する時期はちょうど雑草が生え始める時期です。

 

畑に雑草が生えると苗の生育が雑草に負けてしまいます。
そのため、タマネギ栽培では雑草の管理がとても大変になります。

 

黒色のマルチを使うと、マルチの下には太陽の光が届かず、
雑草が生えることができません。

 

マルチの穴から生えてくる雑草と、畝の間の雑草を抜くだけになるので、
除草の面積を大幅に減らすことができます。

 

・地熱が高くなる
黒色のマルチは地熱を上げてくれます。
地熱が高いと発根しやすくなり、冬時期までに充分苗が生長してくれます。

 

春からの地熱上昇もマルチを使っている方が早くなるので、
球の肥大を始める時期が早くなります。

 

黒マルチを使うことによって、大きなタマネギを収穫できるようになります。

 

 

kuromaruti

 

 

2.タマネギ マルチの使い方
マルチにはいろいろな種類のものがあります。
あらかじめ苗を植え付けるための穴が開いているものがあります。

 

タマネギマルチというマルチも販売されています。
苗を植える穴がタマネギを植え付けるのに、
丁度良い幅にあいているので、植え付けがとても楽です。

 

マルチは苗を植え付ける前に貼ります。
畑を耕し、畝をたてた後、畝の外側にマルチを置きます。

 

マルチ用のくいを隅にうち、固定します。
畝からずれないようにマルチを畝にそって広げていき、
畝の外側の隅にくいを打ちます。

 

マルチのふちに土をかぶせ、風で飛んで行かないように固定します。
苗を植え付ける時は、マルチの穴からはみ出るくらい、
土を盛るとマルチを抑えることができます。

 

 

Mulching (2)

追肥は、一つの穴に半つまみくらいずつします

 

 

3.マルチの追肥の方法
マルチ栽培のデメリットは追肥を行いにくいことです。

畝がきれいに平らにならされている状態であれば、
畝の穴にそって肥料を撒いて行っても良いでしょう。

 

マルチに残った肥料は雨に溶け、畝の穴から土に入っていきます。
畝がでこぼこになってしまっているときは、この方法はあまりお勧めできません。

 

低い位置の穴に雨で溶けた肥料成分が偏って流れてしまうからです。
追肥は、一つの穴に半つまみくらいずつ撒いていきます。

>>タマネギの収穫時期

 

タグ : 

タマネギ栽培の基本

タマネギ 種の採取方法

読了までの目安時間:約 6分

 

スポンサードリンク


tamanegi-tane

タマネギの種はホームセンターなどで手に入れることができます。

 
ところで、タマネギの種を畑で見たことはありますか?

タマネギの種はタマネギにできた花芽に花が咲き、
やがて種になることで採取できます。

 

しかし、タマネギ栽培はトウが立ってしまうと失敗で、
花芽ができないように育てるのが基本です。

 

それでは、タマネギの種を取ることはできないのでしょうか?

いいえ、少し手間がかかりますが、
タマネギの花を咲かせて種を取ることは可能です。

 

 

■タマネギ 種の採取方法

 

1.作りたい品種を選ぶ
タマネギの種を採取する前に、
どの品種のタマネギの種を手に入れたいのかを決めます。

タマネギの中には、早生、中晩生種、晩生種などがります。

 

・早生種
みずみずしく生で食べるとおいしいのですが、長期保存はできません。

 

・晩生種
辛みが強く生食よりも火を通すと美味で長期間保存することができます。

 

・中生種・中晩生種
収穫時期や保存性は早生品種と晩生品種の中間で、
収穫時期も早生品種より遅く晩生品種よりも早くなります。

 

複数の品種のタマネギを植えると、
1年中自家製のタマネギを楽しむことができます。

 

また、地域によっても適した品種があり、
北海道では春まきのタマネギしか栽培できません。

自分の地域と好みに合った種類を選んだら、その中で固定種を探します。

 

タマネギの多くはF1(交配)種です。
いわばハーフのような品種で、必ず同じ品種の種ができるとは限らないのです。

 

固定種はその品種の遺伝子しか持っていないので、
種を採取して育てると必ず同じ品種を栽培することができます。

 

2.種を採取するためのタマネギの栽培方法
まず、好みの品種のタマネギを通常通り栽培します。
その中から、自分が作りたい大きさで、品質の良いタマネギを数個取り分けます。

 

取り分けたタマネギは雨のかからない風通しの良いところにつるして保存します。
次のシーズンのタマネギの苗を定植する時期になったら、
保存していたタマネギを畑に植え付けます。

 

株間は20㎝とり、タマネギの1/3ほど土に埋めます。
半月ほどそのままにしておきます。

 

半月後、タマネギを触ってみて根が張っているようであれば、
タマネギに土をかけて覆ってしまいます。

 

 

tamanegi031

ネギ坊主

 

 

そのまま育てて行くと、他のタマネギが収穫時期を迎えるころに、
ネギ坊主をつけて花を咲かせます。

 

花が咲いた後、種ができます。
種が黒くなったらネギ坊主ごと刈り取ります。

 

そのまま放置しておくと、せっかくの種が、
はじけて散ってしまうのでその前に刈り取ります。

 

ネギ坊主ごと10日ほど風通しの良いところで乾燥させます。
乾燥したら、手でもんで種を取り出します。

 

種は、空き缶などに入れ、冷蔵庫に入れて保存します。
乾燥材を一緒に袋に入れておくと安心です。

 

タマネギは野菜の中でも種の寿命が最も短いです。
高温多湿の場所では、2年もすると発芽しなくなってしまいます。
必ず冷蔵庫で保存し、その年に使い切りましょう。

 

3.タマネギの固定種
・ジェットボール
極早生種です。
3月から4月に収穫することができます。
とう立ちしにくく、育てやすい品種です。
球は300g前後によく揃います。
セット球栽培もできます。

 

・スーパーハイゴールド
早生種です。
240gから300gのタマネギが収穫できます。
葉が倒伏した後も、列球が少なく安心です。
葉が直立して伸びるので、株間が狭くても育てることができます。

 

・泉州中高タマネギ
中晩生種です。
300gから350gの大玉ができます。
肉厚でしまりがよく、甘みが強い、風味の良いタマネギです。
生育旺盛で、育てやすい品種です。

 

・ノンクーラー
中晩生種です。
芽が生えたり腐ったりし難く、保存性が良いことから、
「ノンクーラー」という名前が付けられています。
風通しの良いところにつるしておくと、3月まで貯蔵することができます。
350gの大型のタマネギが収穫できます。

 

・奥州タマネギ
晩生タマネギです。
収穫後、その年の間は芽が出ないので長期保存が可能です。
球は200gから300gとやや小ぶりです。
しっかりとした花が咲くので、種を取るには最適の品種です。

 

タグ :  

タマネギ 種苗

O・K黄

読了までの目安時間:約 5分

 

スポンサードリンク


OKtamanegi

O・K黄

 

 

O・K黄はタマネギの中生種の代表的な存在です。
貯蔵性がよいので長期間保存することができます。
色つやや形も良い優等生なタマネギです。

 

 

[O・K黄]タキイ種苗

 

 

■O・K黄の特徴

 

・長期保存ができる
O・K黄は中生種の中では抜群の貯蔵性を備えています。
タマネギは雨の当たらない軒下につるしておくと長期間保存できます。

 

中生種は収穫後年が明けるころまで保存できますが、
時間が経つと萌芽してくるものが出てきます。
O・K黄は萌芽が少なく、最後までおいしい状態で保存することができます。

 

・色つやが良い
O・K黄の外皮は黄金色で艶やかに輝いています。
甲高で、良い形のタマネギが揃って収穫できるのはとてもうれしいことですね。

 

・使いやすい大きさ
O・K黄は1球あたり290gです。
これはタマネギのごく標準的な大きさになります。

 

スーパーで販売されているタマネギと変わりない大きさで扱いやすいです。
レシピを見ながら料理する時も、大きく分量が違わないので、
新しいレシピにも挑戦しやすいタマネギです。

 

・収穫量が多い
O・K黄は芽が直立して伸びていきます。
葉が横に伸びない分混植ができます。

 

混植したほうが実がよく締まり、貯蔵性も良くなります。
つまり、同じ面積の栽培スペースでも、
他の品種よりたくさん植えることができ、たくさん収穫できるのです。

 

・失敗が少ない
O・K黄はとう立ちや分球が少なく、失敗しにくい品種です。
タマネギは苗の大きさや植え付けたタイミング、
栽培中の気温などでとう立ちをおこしやすくなります。

 

とう立ちとはタマネギに花芽ができることです。
花芽ができてしまったタマネギは固くて食べることができません。
分球すると見た目も味も悪くなってしまいます。

 

 

tamanegi-

O・K黄の煮込み料理は抜群です

 

 

■O・K黄の栽培のコツ

 

・種まき時期
O・K黄の種は、暖地で9月下旬に植えます。
育苗期間は55日くらいです。

 

この期間に、根元の太さが直径7㎜になるように育てていきます。
種まき後は乾燥に注意して育てます。

 

・定植時期
O・K黄の植え付けは、暖地で11月下旬です。
植え付け前に酸性度を調整し、十分に元肥を入れた畑を用意しておきます。
畝にはマルチを敷いておくと、雑草の管理がしやすく大きなタマネギに育ちます。

 

・肥料の与え方
O・K黄の肥料は主に元肥に与えるようにします。
栽培初期にしっかりと肥料を効かせて生長させます。

 

1月と3月上旬には追肥を与えます。
追肥は3月上旬までに与え、それ以降には肥料を与えないようにします。
与えてしまうと、せっかくの貯蔵性が悪くなります。

 

・収穫時期
O・K黄の収穫は、5月下旬から6月上旬に行います。
葉が倒伏してから、1週間後の晴天の日に収穫をします。
収穫後はよく乾燥させて保存します。

 

 

■O・K黄のお勧めの食べ方

O・K黄は実のしまりがよく、加熱して食べる料理に向いています。
さっと炒める料理に使うと甘みと歯ごたえの両方を楽しむことができます。

 

煮込み料理に使うと甘みが増します。
長期保存の間、炒めても煮ても、おいしく食べることができます。

 

■参考

・タマネギ 苗の作り方
・タマネギ 苗の販売
・タマネギ苗の保存方法
・ホームタマネギの栽培

 

タグ :

タマネギ 品種

人気の記事