トヨヒラ

タマネギ栽培.com

トヨヒラ

読了までの目安時間:約 4分

 

スポンサードリンク


トヨヒラ

 

 

トヨヒラは北海道向けの春まき栽培専用品種で、
辛みがマイルドな黄タマネギ品種です。

 

辛みが少ないので食べやすく、食味の良い品種です。
トヨヒラの特徴や栽培のコツをご紹介します。

 

 

[トヨヒラ]ノウリン交配

 

 

■トヨヒラの特徴

 

・北海道の春まき栽培向けの品種
北海道向けの品種で、北海道で栽培されている品種の一つです。
そのため、基本は春に種をまく春まき栽培で育てます。

 

種まきは2月下旬から3月上旬頃に行い、
収穫は9月上旬頃になり、熟期は中晩生です。

 

・ピルビン酸の含有量が少ない
北海道で栽培されている品種は辛みが強く、
サラダには不向きな品種が多いです。

 

トヨヒラは辛みの成分であるピルビン酸の含有量が少ないので辛みが少なくマイルドです。
辛みがマイルドなのでサラダにも向いている数少ない品種です。

 

・肉厚で柔らかく食味が良い
春まきの品種は肉質が硬くしっかりしています。
比較的秋まき栽培の品種に似た、柔らかい食感です。
肉厚のためしっかりしているように見えますが実際は柔らかく、食味が良いです。

 

・貯蔵性に優れる
肉質は柔らかく、貯蔵に不向きに思えますが、
中晩生品種のため、貯蔵性が高いです。

 

 

 

 

■トヨヒラの栽培のコツ

 

・種まきは2月下旬、植え付けは4月下旬頃
種まきをしはじめるのが2月下旬で、遅くとも3月上旬までには種まきを終わらせます。
なるべく暖かくしておくと、生育が良いです。

 

育苗をして約55日経つと植え付けに最適な大きさになります。
植え付けは4月中下旬から5月上旬です。

 

・元肥のチッソ量はやや減らし、追肥はしない
基本的な肥料の量より、チッソ量だけ減らしておきます。

 

これは、枯葉を促進するためです。

枯葉を促進する理由として、変形を防いだり、裂皮球対策です。

 

また、追肥は行わないようにします。

 

・根切りをする
収穫後は速やかに根切りをします。
根切りが遅れたりすると、変形球、裂皮球が発生します。

 

また、根切り後は雨により二次生長が促進される可能性があるので、
晴れが続く日に収穫するようにします。

 

■参考
・タマネギ 肥料過多
・タマネギ 肥料一発
・タマネギ 無機肥料
・タマネギ 有機肥料
・タマネギ 3月の肥料
・タマネギの収穫時期



スポンサードリンク

 

タグ :

タマネギ 品種

人気の記事