タマネギ 栽培

タマネギ栽培.com

タマネギ 肥料一発

読了までの目安時間:約 8分

 

スポンサードリンク


hiryoippatu

タマネギ 肥料一発は、各社からさまざまな商品が販売されています

 

 

タマネギは、苗を植え付けてから収穫までの期間が長い上に、
追肥が遅れると味が悪くなったり、腐りやすくなったりするため、
追肥のタイミングには迷うことがあります。

 

そんな時は、一発で追肥が決まる肥料を使うのがお勧めです。
一発肥料とは、元肥として土に混ぜておくことで、
緩やかに長く肥料が効き、追肥を必要としない肥料のことです。

 

特殊な被覆加工により、肥効のタイミングが異なる数種の肥料を混ぜてあり、
肥料の効きも良く、さらに一度に肥料が効きすぎることがありません。

 

また、マルチ栽培だと、追肥の時にマルチをめくるのが、面倒なことがあります。
そんな時にも、一発肥料は活躍します。

 

元肥として土に混ぜ込んでおくだけなで、栽培途中での追肥が不要なため、
マルチをめくる必要がありません。

 

マルチをめくったり、追肥の後にまた戻したりという手間が省けます。

 

プランターで栽培する場合、培養土を使うとすでに肥料が含まれています。
そこにさらに元肥として一発肥料を入れると、
初期の肥効が強すぎてしまい、根を傷めることがあります。

 

一発肥料を元肥として使う場合は、
培養土を使わずに自分で土を配合するか、無肥料の培養土を選ぶようにします。 

 

また、一発肥料にも種類があるため、好みや使用量によって選んでください。

 

 

■タマネギ 肥料一発

 

◎たまねぎ一発肥料 2kg
こちらは、近畿~中部近辺にある農家向けの商品を、
多数取り扱っているお店が販売している一発肥料です。

 

ネット販売だけでなく、実店舗もあります。
農家向けとなっていますが、家庭菜園を楽しんでいる、
一般の方ももちろん利用することができます。

 

2kg入りの一発肥料となっていて、1株あたり4gが目安となっているため、
1袋で500株まで対応することが可能です。

 

サイズは2kgしかありませんので、
家庭菜園では一度に消費するのが難しい場合があるかと思います。

 

菜園仲間と共同で購入するのもお勧めです。
1袋2kgで1329円なので、複数で分けると格安です。

 

 

◎有機一発肥料タマネギ類用 1kg・5kg・20kg
こちらはタマネギだけでなく、他の野菜にも使える一発肥料です。
窒素・リン酸・カリが17:9:8という配合率になっています。

 

タマネギの場合は、1株あたり4gの一発肥料を元肥として混ぜ込んでおきます。
元肥として入れておくだけで、5ヶ月間肥効が続く設計となっています。

 

タマネギの他には、ワケギ、アサツキ、ニラ、ニンニク、ラッキョウに使え、
パセリやオクラにも使うこともできます。

 

サイズは1kg・5kg・20kgと3種類用意されているため、
栽培する株数によって選ぶことができます。

 

1kgなら、プランター栽培や狭い場所での家庭菜園、
5kgなら少し広いスペースでの家庭菜園、
20kgなら農家や広いスペースでの家庭菜園が目安となります。

 

同じ家庭菜園でも、ベランダでプランター1つ分で栽培するのと、
貸農園で育てるのとでは、育てる株数も、必要となる肥料の量も異なるので、
これくらい幅があると購入しやすくて便利です。

 

1kgなら670円、5kgなら2600円、20kgなら5700円となっています。

 

 

◎一発肥料ねぎ・玉ねぎ・にんにく専用 5kg・10kg・15kg
こちらは、タマネギとネギとニンニク専用の一発肥料です。
肥効が持続する期間は、120日間と少し短めです。

 

最小サイズでも5kgなので、菜園仲間と共同で購入して分けるか、
大量に栽培する方、ネギ・タマネギ・ニンニクを同時進行で栽培する方にお勧めです。

 

施肥量の目安は、1坪あたり340gです。
窒素・リン酸・カリは、22:12:11という配合で、
さらにマグネシウムが2%含まれています。
5kgサイズは1480円、10kgサイズは2580円、15kgは3480円です。

 

 

◎追肥がいらない一発肥料!ベストマッチ タマネギ専用肥料 2kg

栽培期間が長く、追肥のタイミングが難しいタマネギ専用の一発肥料です。
窒素・リン酸・カリは、16:16:14となっています。

 

こちらは、1株あたり約6gが目安と、他に比べると少し多めです。
1袋で育てられる株数は、約300株です。

 

だいたい4m×5mのスペースに、ちょうど1袋分(2kg)を使い切るイメージです。
サイズは2kgしかありませんが、
家庭菜園でタマネギを育てるのであれば、十分な量でしょう。
1袋993円です。

 

 

takii

◎タキイ 有機ねぎ・玉ねぎ一発肥料 700g
こちらはタキイが生産している一発肥料です。
本家のタキイのホームページでは、すでに完売していますが、
他のお店でも購入することができます。

 

1袋700gと、他に比べると量が少ないように感じますが、
プランター栽培を中心とする家庭菜園や、小さな庭で楽しむのであれば、十分な量です。

 

土に加える量は、1㎡あたり160gが目安となります。
寒冷地で春から栽培する場合は、
1㎡あたり130gと少なめが目安となるので注意してください。

 

タマネギとネギだけでなく、ニンニクにも使えるので、
700gでも容量が多いと感じる方も、
複数の野菜を育てるなら、これくらいの量が便利です。

 

窒素・リン酸・カリは、16:8:8の配合率です。
肥効期間は約150日なので、苗を植え付けてから5ヶ月の間、
じっくりと肥料が効いてくれます。
700g入りで788円となっています。

 

■参考
・タマネギ 苗の作り方
・タマネギ 苗の販売
・タマネギ 苗の植え方
・ホームタマネギの栽培
◎タマネギ 肥料 ←元肥と追肥の基本をわかりやすくご紹介しています。

 

タグ : 

タマネギ栽培 Q&A

野菜 長雨対策は?

読了までの目安時間:約 10分

 

スポンサードリンク


nagaame-togan

長雨続きで、元気のない冬瓜

 

 

雨が降らず、暑い夏が過ぎたかと思うと、
今度は秋や春に雨ばかりということがあります。

 

晴ればかりで雨が降らないのも困りますが、
雨ばかり降っても、タマネギの苗が倒れたり困ることはたくさんあります。
今年の秋は長雨で農家さんが辛く、コインランドリーは売り上げたそうです。


 

タグ : 

タマネギ栽培 Q&A

マルチの押さえは?

読了までの目安時間:約 9分

 

スポンサードリンク


tamanegi-uetuke201620

マルチの中でも、ビニール製のマルチを使用する場合、
マルチが浮かないように、端やところどころを抑える必要があります

 

 

特に長い畝をマルチで覆う場合、間隔をあけて上部を押さえていないと、
浮き上がりがひどくなる場合があるので、
マルチを使っての栽培時には、欠かせない資材です。

 

一般的にはピンを使うことが多いですが、
資材代を節約するために、土を押さえに使うことがあります。
この土でのマルチ押さえは、本当に良いのでしょうか。


 

タグ : 

タマネギ栽培 Q&A

元肥と追肥の失敗

読了までの目安時間:約 8分

 

スポンサードリンク


tamanegi2016001

タマネギは栽培期間が長く、元肥や追肥などを与えることで、
肥料切れを起こさないように育てます

 

 

特に栽培後半では、球の肥大を促すため、
肥料がよく効くように追肥を多めにしようと考えることがあります。

 

ところが、多すぎる肥料はタマネギに悪い影響をおよぼします。
タマネギ栽培にありがちな、元肥や追肥による失敗と原因についてまとめました。

 


 

タグ :  

タマネギ栽培 Q&A

タマネギ 大量保存

読了までの目安時間:約 9分

 

スポンサードリンク


tamanegi2016-33

大量のタマネギを上手に保存し常備しておくと、とても便利です

 

 

料理の具材のメインとなり、脇役としても様々な料理に使うことができます。

 

また、みじん切り、スライス、くし切り、すりおろしなど、
形状を変えることで、さらに料理の幅が広がります。


 

タグ : 

タマネギ栽培 Q&A

タマネギ マルチ栽培向き品種

読了までの目安時間:約 8分

 

スポンサードリンク


tamanegi-uetuke201621

タマネギはマルチングをして栽培することが多い野菜です

 

 

マルチを使用することを推奨している場合も多いですが、

実際にはどのような効果があるのでしょうか。

 

マルチには、畝を覆うビニール状のマルチや、
苗の株元を保護する敷きワラなどがあります。

 

中でもビニールのマルチは、地温を高める効果があります。
タマネギ栽培では、どのような品種がマルチ栽培に適しているのでしょうか。

 

 

[タマネギ マルチ栽培向き品種]

 

 

■マルチ栽培の目的

 

タマネギの場合のマルチ栽培は、
ビニールマルチや敷きワラ、もみ殻などを使って行うことが多いです。

 

中でもビニールマルチは、ビニールの色によって、地温を上げたり、
タマネギの大敵である雑草を予防することができるため、使用されることが多いです。

 

けれど、ビニールマルチの特徴である「地温を上げる」効果のために、
タマネギ栽培では失敗を招くこともあるのです。

 

そもそも、タマネギ栽培でマルチを使用する時の目的は、
地温を上げて生育を促したり、霜で根が浮き上がるのを予防することが主となります。

 

 

Mulching (2)

マルチで地温を上げて栽培

 

 

◎マルチに多い失敗例
実は、この「生育を促す」とことが、タマネギ栽培では失敗につながりやすくなります。
タマネギは真冬の寒い間は、ほとんど生育しません。

 

寒さに耐える力はありますが、越冬後の生育を良くしたいのであれば、
地上部の葉や地下の根は、できるだけ傷まないようにしておくことが大切です。

 

そのためには、多少冷たい風に当たっても、
耐えることができるくらいまで苗を育てる必要があります。

 

ただ大きく育てるためだけなら、地温を上げるためのマルチは大活躍します。
ところが、タマネギは、定植した苗を大きくするだけでは、高収穫は望めません。

 

むしろやたらと大きく苗を育てることで、収穫量と質が低くなります。
なぜなら、冬になる前までに、株があまりに大きく育ちすぎてしまうと、
今度は越冬後にトウ立ちする確率が高くなるのです。 

 

トウ立ちしたタマネギは、球が割れてしまい、収穫後、可食部分が少なくなります。
あるいは青立ちと呼ばれる状態となり、地上部が大きく育っている割りに、
球があまり肥っていないというようなことになることもあります。

 

ビニールマルチなどを使って地温を上げ、
特に越冬後の生育を促して、球の肥りをよくしようとしていたはずなのに、
マルチをすることでタマネギ栽培が失敗してしまってはいけません。

 

また、マルチ栽培をする目的として、地温を上げて球の肥大を早め、
収穫期を前倒しにするということがあります。

 

タマネギには、極早生から晩生までの品種があり、それぞれの特性があります。
中晩生~晩生だと、貯蔵性が高い品種が多いのですが、
中晩生~晩生は収穫期が遅いものがほとんどです。

 

収穫が遅いということは、夏野菜の定植時期にも絡んでくるため、
栽培が難しくなることもあります。

 

特にスペースの限られた家庭菜園では、
栽培期間の長いタマネギやニンニクのような野菜と、
植え付け時期が重なりやすいトマトなどの夏野菜を兼ね合いが問題です。

 

プロの農家では、貯蔵性の高いタマネギに限らず、他よりも早めに出荷することで、
露地栽培よりも売れ行きが良くなり、利益が上がることも求められます。

 

マルチ栽培で、きちんとしたタマネギを収穫するためには、どうすれば良いのでしょうか。

 

 

tamanegi201603

地上部が大きく育っているのに球があまり肥っていないタマネギ

 

 

■タマネギ肥大のメカニズム

 

タマネギの球が大きくなるきっかけとは何なのでしょうか。
それは平均温度と一日の日の長さです。

 

タマネギは平均温度と一日の日の長さが一定以上になると、球を肥らせ始めます。
この一定の温度と時間は、タマネギの品種によって異なります。

 

中晩生種の場合、平均温度が15度~20度で、日長が約13時間以上で、球が肥り始めます。
極早生~早生は、平均度が15度以下で、日長が約11時間以上で、肥大が始まります。

 

つまり、マルチをして地温を上げたところで、
中晩生種では日長時間が足りず、球を肥らせることができません。

 

球の肥大が遅れるだけなら良いのですが、
悪くすればトウ立ちを促すこととなり、栽培は失敗となります。

 

 

■マルチ栽培向き品種

 

ビニールマルチ栽培の場合、適しているのはやはり極早生~早生の品種です。
マルチをして地温を上げることで、冬までの生育を促し冷害に強い株に育てられ、
越冬後の球の肥りも促すことができます。

 

お勧めは「トップゴールド320」「トップゴールド305」「スーパーアップ」、
などの極早生種です。

 

どうしても中晩生種でマルチ栽培したいという場合は、
植え付ける苗を少し小さいものにします。

 

本来、植え付けに適している苗は7mmが基準となりますが、
それよりも細い4mm~5mmほどの苗を使います。

 

通常よりも細い苗を使うことで、マルチ栽培によって生育が促されても、
冬までに大きくなりすぎることがなく、トウ立ちを予防することができます。

 

また、中晩生のタマネギは、
球の肥大期と高温期が同時にくるため、土が乾燥しやすくなります。

 

マルチをしていると余計な乾燥を防ぐことができるのですが、
一度乾燥すると、逆に水が入り込みにくい分、過乾燥になりやすくなっています。 

 

栽培後半の乾燥を予防するために、畝の形を少し変えておくのがお勧めです。
畝の両端を少し盛り上げてからマルチを張ることで、
雨が降った時に畝の中心に水が溜まり、畝に水分が入りやすくなります。

 

乾燥を予防してマルチ栽培すると、中晩生種を大玉に育てられる可能性が高くなります。

 

■参考
・タマネギ 苗の作り方
・タマネギ 苗の販売
・タマネギ 苗の植え方
・ホームタマネギの栽培
・タマネギ 肥料

 

タグ :  

タマネギ栽培 Q&A

マルチの再利用は?

読了までの目安時間:約 8分

 

スポンサードリンク


kuromulching

黒マルチ

 

 

マルチ(マルチング Mulching) を利用したことはありますか?
野菜などを栽培する時、畝の上にかぶせたり、
トンネル用の被覆資材として、ビニール製の資材を使うことがあります。

 

主に地温やトンネル内の気温を上げたり、
雑草を予防するために用いられることが多いのですが、
栽培に一度使ったあとは、処分するかどうか悩むところです。

 

マルチを実際に利用した方は、購入して入手した方がほとんどかと思います。
その時、意外と高いものだな、と感じることも多いでしょう。

 

それが毎回必要となれば、思っているよりも資材費がかさむことになります。
しかもマルチには種類があり、すべてを常備するにはお金とスペースが必要です。

 

栽培面積の少ない家庭菜園でも、数をこなせば、必要となる量は増えます。
栽培面積の広い農家なら、さらに量が必要です。

 

できるだけ節約しようと、1度使ったマルチを再利用する人がいます。
マルチの再利用はできるのでしょうか。

 

 

[マルチの再利用は?]

 

 

■マルチの役割

 

マルチを利用することにより、様々な効果が期待できます。

 

◎マルチの効果
・乾燥防止
・地温を上げる
・泥の跳ね返り防止
・肥料の流失の防止
・水分蒸発の抑制
・雑草の予防

 

これらの役割は、マルチの色によって効果の程度が異なります。

 

 

sirokuromulching

白黒マルチ

 

 

透明マルチなら、地温を上げる効果は高いですが、
雑草を防止する効果は低くなります。

 

黒マルチなら、雑草を予防する効果は高くなりますが、
透明マルチに比べると地温を上げる効果が低くなります。

 

銀色マルチなら、乾燥防止などの他に、害虫忌避の効果が期待できます。

 

マルチの中には、表面が銀色で裏側が黒のものがあります。
表面が銀色のため、害虫忌避の効果が期待でき、雑草予防の効果も期待できます。

 

このように、ダブルの効果を狙ったものもあるのですが、
単一色のマルチと比べると、値段が高くなります。

 

ビニール製のマルチ以外にも、
ワラバークチップ腐葉土なども、マルチとして使われます。
これらも、使用する度に購入すると高いものとなります。

 

マルチにかかる金額が高くなれば、1度の使用では不経済に思え、
また次の機会にも使おうかと考えます。

 

しかし再利用することで、効果が薄れてしまうことがあります。

 

 

■マルチの再利用

 

マルチには、ビニール製のものや、
ワラやもみ殻、おがくず、バークチップなど土に戻せる有機質なものがあります。

 

いずれも入手するためには、相応の代金がかかります。
マルチ代を節約するために、マルチを再利用することもひとつの手段です。

 

ただ、マルチの種類によっては、完全な再利用ができなかったり、
再利用する時に注意しておかないと、本来の効果が期待できない場合があります。

 

 

wara

ワラは、プランター栽培に便利です

 

 

・ワラやもみ殻
ワラやもみ殻などの有機質のマルチは、再利用しやすい場合としにくい場合があります。
ワラやもみ殻の場合、マルチに利用した後に土にすき込むことがあります。

 

そうなれば、物理的に再利用は不可能となります。
バークチップは、大きさによってはすき込みにくいことがあります。

 

大きいサイズのバークチップであれば、
少し手がかかりますが、栽培が終わった後に回収し、
次の栽培のマルチに利用することもできます。

 

ただ、バークチップ内に虫が侵入していることがあるので、
再利用する場合は熱消毒しておくと安心です。

 

 

tonneru

トンネル内に透明マルチ

 

 

・透明マルチ
地温を上げる効果が最も高い透明マルチは、
厚みもあって丈夫なので、再利用が可能です。

 

ただ、1度マルチとして利用した後、
そのまま再利用しても、効果が薄れる可能性があります。

 

透明マルチは、透明だからこそ、太陽光線を吸収して地面に熱を伝えます。
ビニール素材であるため、地面に吸収された温度は放出されにくくなっていて、
地温が上がりやすい仕組みになっています。

 

透明マルチは丈夫ですが、一回使用すれば汚れがつきます。
畝にかぶせて使うと大なり小なり土汚れや苔がつきます。

 

そんな状態のままマルチとして使っても、透明度が低くなっているため、
太陽光線をうまく透過することができず、地温が上がりきらないことがあります。

 

透明マルチを再利用する場合は、撤去時や使用前に、必ず洗って汚れを落とし、
透明で清潔な状態にしておくようにします。

 

・ビニール製のマルチ
透明マルチ以外の、黒や銀色のマルチも含め、ビニール製のマルチを再利用する場合、
破れている箇所がないかをチェックしておきましょう。

 

マルチが破れていると、そこから土が流れ出たり、乾燥が進んでしまうことがあります。
また、せっかく黒マルチを使っていても、
破れて穴があいた部分から雑草がはえることがあります。

 

小さな破れでも、放っておくとどんどん広がります。
破れた箇所が出たら交換する、と決めておくのも良いですし、
ある程度なら補修して使うこともできます。

 

補修にはガムテープも使えますが、色の効果を少しでもなくしたくない場合は、
色に合ったテープを使いましょう。
黒マルチには黒いテープを、銀色マルチには銀色のテープを、
透明マルチにはできるだけ透明のテープを使うと効果的です。

 

■参考
・タマネギ 苗の作り方
・タマネギ 苗の販売
・タマネギ 苗の植え方
・ホームタマネギの栽培

 

タグ :

タマネギ栽培 Q&A

タマネギ 肥料過多

読了までの目安時間:約 8分

 

スポンサードリンク


tamanegi2016-31

肥料の与え過ぎは、葉が茂り球が大きくなり難いです

 

 

タマネギの球を大きく育てたい時、肥料切れしないように注意します。
では、肥料を与えれば与えるだけ大きくなるのでしょうか。

 

どの植物を育てる時も、適量というものがあります。
それより少なければ生育が遅くなったり、実が大きく育たなかったりします。

 

また、適量を越える量を与えると、何かしらの障害が出ることがあります。
タマネギを育てるには、育てる場所への元肥や、栽培中の追肥は必要になります。

 

けれど、適量を越える量の肥料を与えてしまうと、肥料過多となってしまいます。
タマネギが肥料過多の症状と解決方法をご紹介します。

 

 

[タマネギ 肥料過多]

 

 

■タマネギの肥料過多の症状

 

まずはタマネギが肥料過多になった時の症状をご説明します。
あらかじめ理解していると、見回りをして異変を見つけた時に、
すぐに対処することができるようになります。

 

・球の肥大不良
肥料をたくさん与えれば、球が大きくなりそうに思えますが、
実は肥料過多になると球の肥大が悪くなることがあります。

 

特に窒素が過剰になると起きやすい症状で、
地上部の葉ばかりが大きく茂り、肝心の球部分が大きくなりません。

 

タマネギは球部分も葉の変形したものですが、
上に伸びる青い葉が育ちすぎることで、球部分が大きくなれません。

 

タマネギが育つために窒素は大切な要素ですが、
過剰になると球の肥大不良以外にも、たくさんの症状が出やすくなります。

 

 

hometamanegi (2)

肥料過多で球が小さく根が弱そうです

 

 

・根が傷む
タマネギの根が肥料に触れてしまうと、その部分が傷んでしまいます。
肥料には化学肥料と有機肥料があり、
化学肥料は、水分に触れることで肥料成分が溶け出る仕組みになっています。

 

化学肥料は溶解しやすいので、水分を多く含んだ根が化学肥料に触れることで、
根の水分が肥料の方へ引き込まれ、脱水したり細胞が壊れたりしてしまいます。

 

苗を植え付ける前の土作りの段階で、肥料を多く混ぜ込んでいると、
根が肥料に触れる可能性が高くなります。

 

根が傷むと、根付きが悪くなり、その後の生育に大きく影響します。
生育不良で済めばまだ良いですが、最悪は枯れてしまうことも少なくありません。

 

・甘みが落ちる
タマネギは生で食べた時のすっきりとした辛みもおいしいですが、
生の状態のさっぱりとした甘みや、火を通した時の滋味深い甘みが特徴です。

 

けれど、窒素やリン酸が過剰になると、その独特の甘みが薄くなります。
甘みが薄くなると、辛味や風味など、他の要素が変わっていなくても、
味わいが薄くなるように感じるようになります。

 

タマネギ本来の旨みや辛み、甘みを楽しむのであれば、
窒素とリン酸が過剰にならないように注意する必要があります。

 

 

tamanegi2016-39

肥料過多だと貯蔵性の低いタマネギになりやすいです

 

 

・貯蔵性が悪くなる
肥料過多の状態で育てると、締まりが悪く、貯蔵性の低いタマネギに育ちます。

 

タマネギを育てる時に参考する資料によっては、
タマネギ栽培には窒素やリン酸が多めに必要と書かれていることもあります。

 

窒素やリン酸は必要ですが、与えすぎはかえって良くありません。
タマネギは葉を育てるために窒素が必要になります。 

 

さらに、タマネギが生長するためにはリン酸が不可欠ですが、
タマネギの根は太くて細根が少ないため、リン酸の吸収率が悪いのです。

 

そのため、リン酸を多めに与えるように指示していることもよくあるのですが、
与えれば与えるだけ良いというわけではないので注意が必要です。

 

窒素とリン酸が過剰になることで、乾燥させても貯蔵性が悪くなります。
窒素が多い時などは、貯蔵中の萌芽が早まることもあります。

 

貯蔵性が高いところは、タマネギの魅力の1つでもあります。
できるだけ長く貯蔵し、いつでも使えるようにしたいのであれば、
栽培中から肥料過多にならないよう管理しておきましょう。

 

・病害虫に弱い
肥料が多い状態で育っていくと、タマネギ自体が弱くなってしまうことがあります。
株が軟弱に育っているため、ちょっとしたことで病気が発生しやすくなったり、
抵抗力が弱く害虫が寄り付きやすくなることがあります。

 

また、進行が早くなるため、気付いた時には手が付けられないことも。
家庭菜園で野菜を育てる時、できれば薬剤を使いたくないと思う人は多いはずです。

 

病害虫を防除するための薬剤を使わないためには、
病害虫にかからない株作りや、多少の被害では負けない丈夫な株を作ることが大切です。

 

 

tamanegi2016-40

球の大きさも不揃いになりがちです

 

 

■肥料過多になったら

 

基本の育て方に準じていれば、肥料過多になることはほとんどありません。
何か異変が起きた時、原因を勘違いしてしまい、
必要ない追肥を繰り返してしまうことがあります。

 

必要以上に追肥をすれば、土の中の肥料濃度が高くなり、肥料過多となります。
少ない分には足せば良いのですが、多すぎた時に減らすことはできません。

 

けれどどうにかしないと、事態がどんどん悪化していきます。
そんな時は、土の肥料濃度を下げるようにしましょう。

 

・水で流す
大量の水を与えることで、土の中の肥料成分を洗い流し、濃度を下げる方法です。
特に容器栽培では効果が高い方法となります。

 

普段与えている何倍もの水を与え、容器の底から水が大量に流れるようにします。
容器の底から出てくる水には、溶け出た肥料成分も含まれています。

 

大量に水を与える方法を数日続けることで、
土の中に溜まっていた肥料成分も、ずいぶんと流れ出ます。
少し様子を見て症状がおさまるようであれば、過剰だった肥料が抜けたことになります。

 

■参考
・タマネギ 苗の作り方
・タマネギ 苗の販売
・タマネギ 苗の植え方
・ホームタマネギの栽培

 

タグ : 

タマネギ栽培 Q&A

雨の耕うん

読了までの目安時間:約 8分

 

スポンサードリンク


kounnki
耕うん(耕運)という言葉は、野菜栽培をしていると、よく耳にします

 

 

植物を育てる時には、耕うんの作業が欠かせません。
園芸をする時に必要となる耕うんとは、どのような作業なのでしょうか。

 

雨天の耕うんは、避けたほうが良いのでしょうか?

 

 

[雨の耕うん]

 

 

■耕うんとは?

 

耕うんとは、植物を育てる前に土壌を改良したり、整えることです。
また、栽培途中で植物の周りの土を中耕することも耕うんに含まれます。

 

育てる前に行う耕うんは、土の表層と深層を掘り返したり、固まった土をほぐします。
植物の根は、植物の種類によって深さが違います。

 

そのため、浅い根の植物ばかりを育てていると、深層が硬くなってしまうのです。
また、似た植物ばかりを育てていると、表層に病原菌が集まりやすくなります。

 

表層と深層を掘り上げてほぐした後、表層分を深いところに埋め戻し、
その上から深層部分を埋め戻すと、天地を返した状態となります。

 

表層部分に集まりやすい菌は、深層にいくと数を減らすことができるので、
耕うんをすることで病気予防にもつながります。

 

栽培中の耕うんは、中耕とも呼ばれます。
植物を育てる前の耕うんに比べると、
雨などで固まった表面を軽くほぐす程度なので、とても簡単です。

 

そして、中耕をすることで、追肥した時に肥料成分が広がりやすくなり、
水分も入りやすくなります。

 

水やりをした時に水分が入り込みやすいということは、
新鮮な空気も入りやすいということになります。

 

植物の根は、水や肥料成分とともに空気を必要とすることがあります。
植物が必要とする水・肥料・空気を含んだ土なら、植物の生育が良くなります。

 

 

ninniku161012-1

耕運機で耕した畑

 

 

■耕うんの方法

 

耕うんを行う時、広いスペースで作業するなら、
耕うん機を使っての作業となることもあるでしょう。

 

実際、人力で行える範囲というのは、とても限られています。
最近は、卓上コンロに使用するガスボンベを使って動かす耕うん機などもあります。

 

もし人力での耕うんに限界を感じたら、一度耕うん機を見に行くのもお勧めです。
お店によっては、その場で運転を体験させてもらえることもあります。

 

ただ、耕うん機を使う場合でも、ロータリー耕では少し浅いので、
できれば反転耕やクランク耕で耕うんしましょう。
反転耕などは、ロータリー耕よりも深く耕すので、その分の土を砕くことができます。 

 

人力で行うのであれば、クワやシャベルが必須となります。
クワは慣れていないと、扱いが難しいことがあります。

 

無理にクワを使わず、シャベルの方が使いやすければ、シャベルを使いましょう。
どれだけ小さいスペースであっても、花を1株だけ育てるようなスペースではないはずです。
耕うんは、大きく掘り返す必要があるため、土をすくう面積の広いものを準備します。

 

ただし、大きすぎると扱いきれないことがあります。
道具は使いやすさも大切です。

 

大きすぎず、作業のしやすい道具を選んでおきましょう。
また、中耕に使う場合は、スコップやシャベル、クワなどよりも、クマデが便利です。

 

小さいスペースなら、小クマデが小回りもきくのでお勧めです。

 

 

kounki

耕運機も1万円台からの小規模用があります

 

 

■雨の耕うん

 

基本的に耕うんの作業を行うのは、土が乾いている時です。
少なくとも表面の土が乾いている時に行った方が、
土のほぐれ方も良いですし、水の分の重みがないため、作業が楽になります。

 

雨が降った直後に耕うんを行うのは、あまりお勧めできません。
農家のような耕うん機などを使う場合でも、
けっきょくは土がほぐれにくいため、思うようにいかないことの方が多いです。

 

特に水はけの悪い、粘土質は、雨が降った後数日の間は、湿気が抜けず苦労します。
土壌が粘土質でなくても、砂地でない限り、雨の後の耕うん作業はとても大変です。

 

また水分で土が固まってしまい、せっかく耕うん作業をしても、
土が細かくほぐれず、大きな塊のままとなってしまいます。

 

土が乾いた状態であればあるほど、土は細かく砕かれやすくなります。
けれど、天気の都合で、雨の次の日に耕うん作業をしなければいけないこともあります。
そんな時は、排水対策や雨対策をしておくと、水はけが良くなるのでお勧めです。

 

・排水対策
畑に雨が降った時、畑の周りに溝を作ることで、排水を良くすることができます。
耕うんする場所の周りに、シャベルを使って溝を作るだけでも、水はけが違ってきます。

 

・雨対策
ほんの少しの雨量であれば、晴れが1日あれば乾ききる可能性も高いですが、

 

たくさんの雨が降った場合は、土の深い部分まで水が浸透してしまい、なかなか乾くことができません。

 

そんな時は、最初から雨を土に触れないようにしておくことがポイントです。
ブルーシートなど、水を通さない素材のものを土の上に広げておき、
風で飛ばないように固定します。

 

耕うんの作業当日までこうしておくだけでも、入り込む雨の量は各段に減ります。

 

 

epokku

・エポック
エポックは、土壌に住む微生物を活性化させる効果のあるものです。
薬剤や肥料とは違ったもので、必ず必要というわけではありませんが、
あると便利なものの1つです。

 

稲作をした後に、他の野菜を育てる場合、水田のままでは土が粘土質すぎることがあります。
高粘土質の土壌では、他の野菜が育ちにくかったり、水分が溜まって耕うんしにくくなります。

 

稲を育てている時、エポックを10aあたり2リットル与えておくと、
稲作後の土質の水はけが良くなります。

 

水はけが良くなることで、水分が抜けやすくなり、耕うんがしやすくなるのでお勧めです。

 

■参考
・タマネギ 苗の作り方
・タマネギ 苗の販売
・タマネギ 苗の植え方
・ホームタマネギの栽培

 

タグ : 

タマネギ栽培 Q&A

セット栽培の品種選び

読了までの目安時間:約 6分

 

スポンサードリンク


hometamanegi2016-00

 

hometamanegi2016-01

初秋にセット球が販売されます

 

 

タマネギのセット栽培というものがあります。
一般的なタマネギ栽培は、晩秋に苗を定植し、収穫は翌年の初夏になります。

 

タマネギのセット栽培は、一般的なタマネギの栽培方法とは、
植え付け時期や収穫時期が異なり、管理法も少し変わります。

 

セット栽培に適した品種は、どのようなものがあるのでしょうか。

 

 

[セット栽培の品種選び]

 

 

■セット栽培とは?

 

タマネギのセット栽培とは、3月頃に種を播いて、
球が肥大して小さなタマネギ状になるまで育てます。

 

夏の間、タマネギは肥大しないので、
小さなタマネギの状態で掘り上げ、日陰で休ませます。

 

夏の終わり頃、植え付けを行って育てることで、
年内にタマネギを収穫することができるというものです。

 

タマネギは普通に育てれば、早くても春まで収穫はできません。
それを小さなタマネギの状態までせんに前もって育てておくことで、
普通に育てるよりも早く収穫できるようにしているのです。 

 

小さなタマネギの状態になったものは、
オニオンセットホームタマネギという名前で、植え付け適期に店頭に並びます。

 

すでに小さなタマネギになった状態なので、植え付けから収穫までの期間が短く、
スペースの限られた庭で家庭菜園を楽しむ人にとっては、嬉しい栽培法です。

 

初心者でも育てられますが、必ず適期内に植え付けるなどのコツが必要なので、
最初はうまく育たず、年内に収穫できないことも多々あります。

 

けれど、本来であれば春以降にしか楽しむことのできない新タマネギを、
冬の間に楽しめるため、チャレンジしてみる価値はあります。

 

 

syarumu

シャルム

 

 

■セット栽培の品種選び

 

セット栽培をする場合、セット球を購入して植え付けるか、
自分で種からセット球を作り、それを植え付けるかになります。

 

購入する場合は、適期のうちにホームセンターなどで購入し、植え付けを行います。

 

問題は、自分でセット球を育てる時です。
タマネギには意外とたくさんの品種があり、
どれでもセット栽培にできるかというと、実はそうではありません。

 

セット栽培に向いている品種を選ばないと、
休眠までに球状にならなかったり、保存中に傷むことがあります。

 

セット栽培に適した品種に「シャルム」というものがあります。
タマネギ栽培の資料にも、セット栽培に向いていると書かれていることが多いです。

 

事実、シャルムの紹介文には、セット栽培専用の品種と書かれています。
もちろん、シャルムを使ってセット栽培することは可能です。

 

ただ、注意しておく点があります。

 

・セット球の選別
3月に種を播いて育てたセット球は、5月頃に掘り上げて貯蔵に回します。
この時、シャルムは極早生品種のため、育て方に問題がなければ、
たいていは球が肥大しています。

 

一見すると、セット球として十分使えるものばかりが育ったように見えます。
ところが、夏の終わりに実際に植え付けをして育ててみると、
意外と欠株が出たり、青立ちになる株が多かったりすることがあります。

 

タマネギを苗から育てる場合も、苗の選別をして、植え付けに適したものを使います。
それと同じように、セット球も選別し、揃いの良い状態で植え付けるようにします。

 

セット球はどれも同じように見えますが、よく見てみると、大きさに大小があります。
栽培に適しているサイズは、直径が2.5cm~3cmのものです。

 

それよりも小さかったり、大きかったりするものは除けておきます。

 

 

home-tamanegi-1

タマネギセット球は手軽に栽培できます

 

 

■シャルム以外の品種

 

シャルムはセット栽培に特化した品種ですが、
もちろんシャルム以外の品種もセット栽培で育てることができます。

 

球が早くできて、大きさが揃いやすい極早生や早生の品種がお勧めです。
スーパーアップ」「冬スターF」「冬スターH」「トップゴールド320」などが、
セット栽培が可能な品種です。

 

これらの品種の場合、3月に種を播いて5月に掘り上げを行った後、
夏を越す間に使えない球は自然と傷んで使えなくなることが多いようです。

 

そのため、シャルムのような選別がほとんど必要なく、手間が省けます。

 

■参考
・セットタマネギの栽培
・ホームタマネギの栽培

 

タグ : 

タマネギ栽培 Q&A