タマネギ 栽培

タマネギ栽培.com

タマネギの花言葉

読了までの目安時間:約 5分

 

スポンサードリンク


tamanegi

愛らしいネギ坊主

 

 

タマネギは現代の日本では、最もポピュラーな野菜の1つです。
たくさんの料理に使えるので、家に常備していると安心です。

 

ピリリとした刺激がおいしい生の状態も、
甘くとろけるような食感になるまで火を通した状態も、
どちらもタマネギの味わいの魅力です。

 

そんな親しみ深い野菜であるタマネギにも、花が咲きます。
花言葉は色々な植物につけられていますが、
なんとタマネギの花にまで花言葉はつけられているのです。

 

タマネギの花言葉とは、どのようなものなのでしょうか。

 

 

[タマネギの花言葉]

 

 

■タマネギの花言葉

 

タマネギの花を実際に見たことがありますか?
自分でタマネギを育てたことのある人でも、栽培に成功していればいるほど、
タマネギの花は見ることができません。

 

というのも、本来であれば春にトウ立ちをするタマネギですが、
栽培する時には春にトウ立ちしないように育てるためです。

 

トウ立ちしてしまうと、花を咲かせるために力を使ってしまい、
味や食感が悪くなったり、球の肥りが悪く可食部分が減ってしまいます。

 

そのため、タマネギ栽培をする時には、トウ立ちしないように、
ちょうど良いサイズの苗を植え付けるのがコツとされています。

 

タマネギの花は、いわゆるネギ坊主のような姿をしています。
春になると、株の真ん中から太くて立派な花茎が伸びてきます。

 

花茎の先端には袋状のものがついていて、花茎が伸びきったところで、
袋が破れて中から蕾が顔を出します。

 

花1つ1つはとても小さいですが、1本の花茎につく花数は多いです。
たくさんの星形をした小花が球形に塊となって、花が咲きます。

 

色は白や紫色をしていて、形や色がかわいらしいので、
実際に咲いているところを見ると、なかなかキレイです。

 

群植している場所で、すべてのタマネギに花をつけさせれば、
見応えのあるタマネギ花畑になります。

 

そんなタマネギの花につけられた花言葉は「不死」です。
由来は不明ですが、スーパーなどで市販されているタマネギも、
明るいところに置いておくと芽が出てきます。

 

それほど生命力が強いタマネギなので、
こういった花言葉がつけられたのかもしれません。

 

 

nira
ニラの花もとても可憐です

 

 

■ユリ科野菜の花言葉

 

タマネギはユリ科の野菜です。
資料などによっては、ヒガンバナ科となっていることもあります。

 

同じユリ科の野菜には、香味野菜として不動の人気を誇る、
ネギやニンニク、ニラなどがあります。

 

それらの野菜も花も、花自体はタマネギと似ていることが多いです。
ネギが一番タマネギの花と似た花を咲かせます。

 

 

rakkyo
ラッキョウの花がこんなに綺麗だとは!

 

 

他は少し小花の数が少ないので、
球形というよりは半円形のような形の花をつけることが多いです。

 

そんなユリ科の野菜には、どのような花言葉がつけられているのでしょうか。

 

ニンニク=勇気と力
ネギ=愛嬌、笑顔、微笑み
ニラ=多幸、星への願い
ラッキョウ=慎ましいあなた

 

タマネギの「不死」に比べると、少し柔らかい言葉がチョイスされています。
どれも前向きで、食べると元気になれるユリ科の野菜にぴったりの花言葉です。

 

■参考

・タマネギ 苗の作り方
・タマネギ 苗の販売
・タマネギ苗の保存方法
・ホームタマネギの栽培

 

タグ : 

タマネギ

タマネギ栽培 日当たり

読了までの目安時間:約 5分

 

スポンサードリンク


tamanegi2016-2

タマネギを立派でおいしいものに育てるためには、
いろいろなポイントやコツがあります

 

 

その中でもやはり重要なのが、日当たりです。
日当たりの良し悪しが生長に影響するのは、タマネギだけではありません。

 

けれどタマネギの場合、日当たりの良い場所で育てた時と、
悪い場所で育てた時の結果は歴然としています。

 

タマネギを日当たりの悪い場所で育てると、
どのような弊害があり、日当たりを確保には、
どのようにすれば良いのでしょう。

 

 

[タマネギ栽培 日当たり]

 

 

■日当たりの重要性

 

タマネギは栽培期間が長いですが、追肥の回数は少ない野菜です。
肥料を多く与えない代わりに、太陽の光を浴び光合成をし養分を蓄えます。

 

タマネギは、じっくりと時間をかけ、たくさんの日光を浴びることで球を肥らせるのですね。
そのため、栽培期間中の日照時間を合計すると、かなり多くなります。

 

1日の日照時間が数時間でも短くなると、それが積もりに積もって、
最終的な日照時間の合計にはかなりの差が生まれます。

 

タマネギ栽培では、できる限り日当たりの良い場所で育てることが、
とても大切なのがよく分かります。

 

半日陰のような、半日以下しか日が当たらない場所では、
収穫の時期になっても球が大きくなっていないことも増えます。

 

最初から小さく収穫するのを目的としていたとしても、
日当たりの良い場所で育てた方が生育は良くなります。

 

タマネギは株間を狭くすることで球の大きさを小さくすることができるので、
同じ小さくそだてるのでも、日当たりは多い方が有利です。

 

 

tamanegi004

プランターなど容器栽培は、容器の場所を日照に合わせて移すと効果があります

 

 

■日当たりが悪いとどうなる?

 

タマネギ栽培で、十分な日当たりが確保できないと、様々な症状が出てきます。
まずは葉の生育が悪くなります。

 

タマネギの葉は、光合成をするための大切な器官です。
葉の生育が悪くなると、光合成して作れる養分の量が少なくなります。

 

それから、株があまり充実しないため、
収穫できたとしても球が小さいままになる場合があります。

 

さらには株が軟弱に育つため、病害虫の被害にあいやすくなります。
収穫した後のタマネギも、締まりが悪く傷みやすいことがあるので、
結果として、日照時間が足りないと、良いことは1つもありません。

 

 

■日当たりを良くする工夫

 

できるだけ日当たりの良い場所で育てたくても、
日光が一日中当たる場所がないということもあります。

 

ベランダや庭の日当たりを観察していると、
日光の当たる場所が移動しているのが分かるかと思います。

 

そんな時は、プランター栽培で育てるのがお勧めです。
タマネギは根が深くないため、プランターなど容器栽培でも育てられます。

 

庭で露地栽培をするスペースがあっても、日照時間が確保できない場合、
プランターなどの容器栽培にして、時間ごとに移動させれば日当たりを確保できます。

 

ベランダ栽培をする場合も同じで、時間帯で日当たりの良い場所が変わる時は、
容器ごと動かして日を当ててあげると、日当たりの悪さを軽減することができます。

 

毎日、移動しなくても、天気の良い日に移してあげれば、
タマネギの生長が格段に良くなりますのでお試しください。

 

■参考

・タマネギ 苗の作り方
・タマネギ 苗の販売
・タマネギ苗の保存方法
・ホームタマネギの栽培

 

タグ : 

タマネギ栽培 Q&A

タマネギ栽培 ベランダ

読了までの目安時間:約 5分

 

スポンサードリンク


home tamanegi (1)

ベランダでもよく育ちます

 

 

タマネギを育ててみたいけれど、
庭がなくて畑を作るのが難しいということがあると思います。

 

けれどタマネギは、地植えでなくても栽培できます。
プランターを使って栽培することもできるので、
ベランダでも育てることが可能です。

 

ベランダでタマネギを育てる場合のコツをご紹介します。

 

 

[タマネギ栽培 ベランダ]

 

 

■品種を選ぶ

 

実はタマネギにもたくさんの品種があります。
極早生や早生のように、早くから収穫できるものや、
中生や晩生で貯蔵性が高いものまで様々です。

 

基本的にはどの品種でも、ベランダでのプランター栽培は可能です。
育て方も基本に準じた方法で問題ありません。

 

ただ、プランターで育てると、
広い畑で育てるほど、たくさんの株数を育てることはできません。

 

できるだけたくさんの株数を収穫したいという場合は、
ミニタマネギ(ペコロス)がお勧めです。

 

ミニタマネギは名前の通り、小さなタマネギです。
球が小さい分、株間が狭くても育てることができるので、
同じサイズのプランターでも育てられる株数が増えます。

 

 

ho-mutama

ミニタマネギ(ペコロス)が育てやすいです

 

 

■日照を確保する

 

タマネギは栽培期間が長い野菜の1つです。
苗を植え付けてから収穫まで、だいたい7ヶ月ほどかかります。

 

この長い栽培期間に、太陽を浴びた量は、タマネギの生育や食味に影響します。
できる限り日当たりの良い場所で育てることで、
大きくて立派なおいしいタマネギを収穫することができます。

 

同じベランダの中であっても、
場所や高さ、角度によって日当たりの具合が変わることがあります。

 

特に周りに高い建物がある場合は、日照時間が変わるので注意が必要です。
タマネギに限らず、ベランダで菜園を作るつもりなのであれば、
一度ベランダの日当たりをチェックしておきましょう。

 

ベランダを囲っている柵や壁の高さや材質によっては、
プランターを少し高い場所に置くと、太陽光がよく当たる場合があります。

 

その場合は、台や棚などの上に、
タマネギを育てているプランターを置くと、日照を確保できます。

 

 

home-tamanegi

ミニタマネギの新タマネギ、おいしいです

 

 

■風対策をする

ベランダといっても、どの高さにあるベランダなのかは、それぞれです。
アパートやマンションであっても、1階に住んでいればベランダも低いですし、
高層階に住んでいればそれだけベランダも高い場所になります。

 

高層階になればなるほど、強くなるのが風です。
また、階層が低くても、周りに高い建物があると、
いわゆるビル風が吹きやすい環境なので、時折強い風が吹くことがあります。

 

多少風が吹くぐらいなら問題ありませんが、
台風なみの強い風がしょっちゅう吹く場所や、
突風が吹く場所でタマネギを育てる場合は、工夫が必要です。

 

タマネギの葉は細いので、風の抵抗をあまり受けないように見えますが、
強い風が当たれば葉が折れることもあります。

 

ただ葉が折れ曲がるだけなら良いのですが、
強風に当たると折れた葉がそのままちぎれてしまうことがあります。

 

ちぎれたり傷ついたしまった葉は、病害虫に侵されやすくなりますし、
光合成できる量が減ってしまいます。

 

また、タマネギは葉の高さに比べると根が浅い植物です。
風にあおられると、株全体が倒れてしまい、根が露出することがあります。

 

ベランダでタマネギを育てる時は、
できるだけ突風や強風が吹かない場所を選ぶか作りましょう。

 

■参考

・タマネギ 苗の作り方
・タマネギ 苗の販売
・タマネギ苗の保存方法
・ホームタマネギの栽培

 

タグ : 

タマネギ栽培 Q&A

人気の記事