タマネギ 栽培

タマネギ栽培.com

玉ねぎ 苗 販売 無農薬

読了までの目安時間:約 5分

 

スポンサードリンク


タマネギ苗から無農薬栽培するととても安心で美味しく食べられます

 

 

タマネギはスーパーなどで年中見かける野菜ですが、
無農薬のものは値段も高く、取り扱いのない店も多いです。

そこで、家庭菜園でタマネギを無農薬栽培しようと考える方も多いでしょう。

 

タマネギの苗を植え付けて育てることで、無農薬のタマネギができますが、
植え付ける時に使う苗は、無農薬のものはあるのでしょうか。


 

タグ :   

タマネギ 種苗

玉ねぎ苗 おすすめ

読了までの目安時間:約 6分

 

スポンサードリンク


タマネギ栽培成功の第一歩は、良い苗を植えることです

 

 

タマネギ栽培を秋から始めるなら、やはり苗がないと始まりません。

 

タマネギ苗はホームセンターなどでも販売されていますが、
インターネット通販でもたくさん販売しています。

 

有名な種苗会社や園芸店のオンラインショップの中で、
おすすめのタマネギ苗をご紹介します。


 

タグ : 

タマネギ 種苗

タマネギ苗 大きくならない

読了までの目安時間:約 10分

 

スポンサードリンク


tamanegi-hatuga

タマネギの苗作り、結構難しいです

 

 

タマネギは、種から育苗する方法と、苗を購入して植え付ける方法があります。
初心者の方や、栽培スペースが広くない場合には、
ホームセンター、ネットなどで販売される苗を購入すると思います。

 

逆に広いスペースにたくさん苗を植え付けたい方や、
慣れてきて育苗からチャレンジしたい方などは、種から育てることが多いでしょう。

 

どちらの方法でも、種を播いてみたけれど育苗中の生育が悪かったり、
苗を定植した後の生長が悪いことがあります。

 

このように苗の生育が悪く、大きくならないのには、
どのような理由があるのか原因をご紹介しましょう。


 

タグ : 

タマネギ 種苗

タマネギ 種まき ポット

読了までの目安時間:約 6分

 

スポンサードリンク


tamaneginae2016-2

タマネギを種から育てる時、種をどこで育てるのか迷います

 

 

一般的には、プランターや発泡スチロールのような箱型のものに用土を入れ、
種を播いて育てることが多いです。

 

他には、直径が3cmほどのプラグトレーに1穴1粒~2粒蒔いて育てる方法もあります。
タマネギではない他の野菜や植物であれば、
3号サイズの黒いポットを利用して育苗することがあります。

 

タマネギの黒ポットでの種まきをご紹介しましょう。

 

 

[タマネギ 種まき ポット]

 

 

■ポットで種まき

 

タマネギの種まきは、黒ポットでももちろん可能です。
ただ、プランターや発泡スチロールを使う時に比べると、
容器自体が小さくなるので、苗の数によっては小さく育つことがあります。

 

苗を基準の大きさにまで育てたい場合は、途中で間引きをして調整を行います。
少し小さくなっても数を確保したいという場合は、
ばらして植え付けを行う時期を、本来よりも少し早めに行います。

 

定植の時期を早めることで、冬までに寒さに耐えられるサイズまで栽培できます。

 

注意したいことは、苗をあまり大きくは育てないことです。
大きい苗を定植すると、春にトウ立ちしたり、球割れを起こしやすくなります。 

 

では遅めに植え付ければ良いかというと、そうではありません。
地上部だけであれば、遅めに植え付ければ、冬までの生長を遅らせることができます。

 

けれど地下の根は、冬までの時間が短く、うまく根付かないことがあります。
ポットで種を播いて育苗する場合であっても、
小さめか標準サイズになるように調整をしましょう。

 

プランターや発泡スチロールでは容器が大きく、苗の本数が多くなりすぎる場合や、
プラグトレーでは手間が気になるという場合は、ポットでの育苗が最適でしょう。

 

家庭菜園の場合、特にベランダなど栽培スペースがかなり限られている場合、
ポットで育苗することで、苗の数をあらかじめ少なくすることができますし、
狭いスペースでも育苗することが可能になります。

 

 

tamanegi-tane

タマネギの種

 

 

■種の播き方

 

種を播く時に必要なのは、3号程度のポット(プラスチックやビニール)、
鉢底ネット、用土、種です。

 

鉢底ネットは、使わなくても良いですが、
あった方が土の流出や害虫の侵入を防ぐことができるのでお勧めです。

 

ポットの底全体に敷く必要はなく、穴を塞ぐくらいのサイズで十分です。
種の播き方も、特に難しいことはありません。

 

◎ポットの種の播き方
1.ポットの穴に鉢底ネットをかぶせる
2.用土をポットに入れる
3.土の表面を平らにならし、給水させる
4.土の給水が終わったら、表面に種をばらまきする
5.種が隠れるていどに土をかぶせ、上からも水をかけて湿らせる
6.湿らせた新聞紙などをかぶせ、日陰に置いて管理する

 

 

potikubyo

ポット苗での育苗

 

 

種はそのままの状態のものでも構いませんが、
ペレット種子やコート種子と呼ばれるものも扱いやすいです。

 

ペレットやコートという種子は、種の回りにコーティングがされているため、
通常の種よりも少し大きくなっています。

 

また、コーティングをしていることにより、
大きさや形が均一になるため、蒔きやすいのも特徴です。

 

色が白くなっているものも多いため、
黒っぽい土の上でよく目立ち、どこに種を置いたのかが一目瞭然です。

 

タマネギはばらまきで良いのですが、できれば種が重ならないようにしたいですね。
そんな時は、コーティングされて目立つペレット種子やコート種子の方が、
色が目立つのでわかりやすいです。
*タマネギのペレット種子は、農業屋.comさんで販売しています。
 

 

■育苗中の管理

 

種を播いた後の管理は、他の方法で種を播いた時と同じです。
発芽するまでは30度を超えない、少し涼しいところで、乾かないように管理します。

 

発芽後は、日当たりの良い場所に置いて管理しましょう。
タマネギの種を播く頃は、まだ昼間は暑い日も多いので、土が乾いたり、
反対に蒸れてしまわないように注意します。

 

定植する時は、一度ポットから抜いて苗を1本ずつにばらし、選別をして植え付けます。
苗が小さめの場合は、通常の植え付けよりも早めに植え付けるのがポイントです。

標準サイズにまで育っているものは、基本的な植え付け時期に沿って行います。

 

■参考

・タマネギ 苗の作り方
・タマネギ 苗の販売
・タマネギ苗の保存方法
・ホームタマネギの栽培

 

タグ :  

タマネギ 種苗