タマネギ 栽培

タマネギ栽培.com

極早生タマネギの栽培

読了までの目安時間:約 7分

 

スポンサードリンク


sintamanegi

サラダ、シチューなどに甘くて美味しい極早生タマネギ

 

 

極早生(ごくわせ)タマネギは栽培方法も簡単で、
通常のタマネギよりも早く収穫できます。

 

3月下旬から「新玉ねぎ」という名で白いタマネギが販売されます。
これが極早生タマネギです。
柔らかく、みずみずしく甘みがあります。

市場には出回りませんが、葉もおいしくいただくことができます。
極早生タマネギは残念ながら貯蔵には向きません。
期間限定の旬のおいしさを味わってください。

 

 

tamanegi-tane

こちらの貝塚早生黄を今年は育ててみます

 

 

■極早生タマネギの栽培

 

・苗づくり
極早生タマネギは通常のタマネギ栽培よりも、
早く種を播き、早く収穫を行います。

 

収穫時期は通常のタマネギよりも3か月ほど早いのですが、
種を播くのは1週間ほどしか早くありません。

 

極早生タマネギは早く生長する品種です。
そのため、早く生長するように手助けしながら育てていきます。

 

極早生タマネギの品種には、
「春一番」「杏仁丸」「スーパーソニア」などがあります。

 

いずれの品種も、9月上旬に植え付けます。

苗床は、植え付けの2週間ほど前に準備します。
苦土石灰を1㎡あたり100g、完熟堆肥を2㎏入れ、よく耕しておきます。
畝は1mほどの幅に仕立てます。

 

深さ8㎜ほどの溝を掘り、5~8㎜間隔で種を播いていきます。
土をかぶせた後、軽く押さえます。

 

充分に水を与えた後は、腐葉土やピートモスをかけておきます。
大体1週間ほどで発芽します。

 

本葉が2枚生えたら条間に溝を掘り、
化成肥料を1㎡あたり50gまき、土をかぶせます。

 

追肥と同時に株もとに軽く土を寄せておきます。
茎の直径が6~8㎜くらいになるまで育てます。

*苗づくりが難しい場合は、園芸店やネットで、
極早生タマネギの苗を購入できます。

 

・畑の準備
極早生タマネギの畑への植え付けは10月下旬ごろです。
植え付けの1か月前に畑を準備します。

 

 

tamanegi
畑の土づくり

 

 

tamanwgi-unedukuri
畝の作り方

 

 

苦土石灰を1㎡あたり100g施し、よく耕して畑を中和します。
植え付けの2週間前には1㎡あたり2~3㎏の完熟堆肥を入れて混ぜます。

 

植え付けの1週間前には化成肥料を1㎡あたり100~120g入れ、
90~120㎝(100㎝推奨)幅の畝を作ります。

 

・植え付け
苗をスコップなどで掘り上げ、大きさをそろえます。

大きなタマネギの苗のそばに小さなタマネギの苗を植えると、
小さなタマネギは育たなくなります。

 

大きな苗の方がよいというわけではなく、
大きいととう立ちしたり分球したりする恐れがあります。

 

小さな苗は、冬の間に枯れてしまうことがあります。
植え付けは株間を15㎝~20㎝に取り、2条または3条植えにします。

 

指で植えに穴を掘り、苗を植え付けます。
あまり深く植え付けないようにし、
植え付け後は手で土を押さえます。

 

植え付け後は必ず水を与えます。

 

 

tamanegi200

苗の植え付け方

 

 

・追肥

通常のタマネギは1回目の追肥を1月に行います。

極早生タマネギは、年内に生長させて、
葉数を早くそろえる必要があります。

 

そのため、1回目の追肥は12月に行います。
2回目の追肥は2月に行います。 

 

それ以降の追肥は葉の倒伏を遅らせるので避けたいのですが、
肥料切れであれば3回目の追肥を行います。

 

条間に溝を掘り、1㎡あたり50gの化成肥料を施します。
肥料をまいた後は土をかぶせます。
同時に、株元にも土寄せを行います。

 

・雑草の管理
タマネギを植え付けると同時に雑草も生えてきます。
タマネギ栽培で最も重要なのは、雑草の管理です。

 

畑に雑草が生えているとタマネギが雑草に負けて生長できません。
畝は常に雑草が生えていない状態を目指します。

 

・水やり
タマネギは水切れに弱い植物です。
水分が少ないと、葉が育ちません。

 

また、球が肥大する時期に水切れを起こすと、
大きなタマネギが育たなくなります。
畝が乾燥したらたっぷりと水を与えるようにします。
>>タマネギの水やり

 

・収穫時期
3月ごろに葉が倒れたら収穫できます。
葉が倒れてからもしばらくの間は球が肥大し続けます。

 

極早生タマネギは貯蔵ができないので、
食べる分だけ少しずつ収穫していっても良いでしょう。

 

 

■病害虫
植え付け後は軟腐病やべと病が発生しやすくなります。
収穫時期には白色疫病が発生しやすくなります。

いずれも畝の排水が悪いのが原因になります。

 

■極早生タマネギ 栽培のコツ
1.早く生長する品種を選びます
2.苗づくりが難しい場合は、苗を購入できます
3.水やりと追肥で生長を促します 

 

タグ :

タマネギ栽培 育て方

ホームタマネギとは?

読了までの目安時間:約 7分

 

スポンサードリンク


home-tamanegi3

こちらがホームタマネギのセット球です

 

 

ホームタマネギ、オニオンセット、セット球……。
これだけ聞くと、いったいなんのことやら、
タマネギの新種かなと思ってしまいますが、そうではありません。

 

ここではホームタマネギ、オニオンセットについて、
詳しくわかりやすくご紹介します。

 

 

■ホームタマネギ(オニオンセット)とは?

 

1.ホームタマネギの意味
まずはじめに「ホームタマネギ」と「オニオンセット」は、
別のものではなく、まったく同じもののことを指しています。

 

8月に入ると、ホームセンターや園芸店などで、
タマネギそのものの形をした小さなタマネギが販売されるようになります。

 

メーカーなどにより、ホームタマネギやオニオンセット、
場所によってはベビーオニオンという名前で売られていることもあります。

 

一般的なタマネギを育てるサイクルとしては、
8月下旬~10月上旬に種を播いて育苗します。

 

その後、10月下旬~12月上旬に育苗した苗を定植し、
年を越して育てたものを5月~6月頃に収穫します。

 

つまり、種から考えると10か月もの時間をかけて育て、
やっと収穫までに至るというわけです。

 

ところが、このホームタマネギは、
7月中旬~9月上旬に植え付けると、
11月中旬~12月に収穫できるのです。 

 

ホームタマネギは、3月頃に種をまいて育て、
小さなタマネギくらいまでに育ったものを5月~6月に収穫し、
いったん休眠させます。このタマネギをセット球と呼びます。

 

すでにタマネギの赤ちゃんの状態まで育てたセット球を、
7月中旬~9月上旬に植え付けるため、栽培期間が短くて済むのです。
*タマネギのセット栽培は、大阪府立環境農林水産総合研究所で、
昭和40年代に開発された方法とのことです。

 

2.植え付けが簡単
通常、タマネギは種から育てて苗を作るのに2ヶ月間かかるので、
初心者には、かなり難易度が高い作業になります。

 

一般的に売られているタマネギの苗は、
50~100本など何十本も束になった状態になっています。

 

それを傷めないようにばらし、苗の生育によって選別した後、
生育の良いものを畑に植え付けます。

 

葉ネギのような状態の苗は、植え付けも難しく、
まっすぐに植えにくく折れてしまったりと、なかなか自立してくれません。

 

ホームタマネギであれば、
球根状になっているタマネギを植え付けるので、
ぐらついたりせずに簡単に植え付けることができます。

 

先端が少し土から見えるように植え付けるため、
他の球根植物のように深さを気にすることもありませんし、
どこに植えたかも分かりやすいです。

 

 

home-tamanegi2

2015年購入のホームタマネギ、30球で627円(税込)

 

 

3.栽培期間が短い
一般的なタマネギが、種からの栽培で10か月ほどかかるのに対し、
ホームタマネギを植え付けた場合、
最短で3か月ほどで収穫が可能になります。

 

栽培期間が短いということは、
世話をする期間も短いため、手間が少なくて済みます。

 

また、植え付けてから収穫までが長いと、
その間ずっとやきもきしてしまいがちですが、それも軽減できます。

 

さらに、通常のタマネギの収穫は、5月~6月ですから、
夏野菜の植え付け時期と重なり、スペースの問題も出てくる場合があります。

 

4.冬に新タマネギが味わえる
普通の新タマネギであれば、5月~6月の初夏が旬です。
ですがホームタマネギであれば、
収穫が年内になるので、真冬に新タマネギを味わうことができます。

 

新タマネギといえば、薄切りにして水にさらして生食することが多く、
暑い日もある初夏には冷やして食べることも多いでしょう。

 

冬の新タマネギは、薄切りにしてサラダもとっても美味ですが、

火の通りが早く柔らかく甘い特徴を生かし、
丸ごとスープで煮て食べるなど、熱々の状態を楽しむことができます。

 

初夏とは違う食べ方ができるのも、
年内収穫が可能なホームタマネギの魅力です。

 

新タマネギは傷むのが早いため、収穫したら早く食べるのが鉄則ですが、
ホームタマネギ(オニオンセット)は寒い時期に収穫するため、
初夏よりも多少日持ちします。

 

葉が倒れたら収穫の合図ですが、葉が倒れてから1週間ほど経って収穫すると、
球が締まって1か月ほど保存が効くようになります。

 

 

home-tamanegiA

本日9月3日に植え付けました

*球の頭が隠れる程度に覆土し10~15㎝間隔で植え付けます。

 

 

5.初心者でも簡単栽培
ホームタマネギは、すでに小さなタマネギの状態まで育てられているため、
収穫までの期間が短く、苗から育てるよりも失敗が少なくて済みます。

 

栽培期間も短いため、場所やプランターを長期間占領しません。

球肥りが悪かったとしても、
葉タマネギとして年内収穫をして楽しむこともできます。

 

気軽にチャレンジできて、失敗も少ないとなれば、
初心者の方にはとてもおすすめです。

>>ホームタマネギを各種見てみる

 

 

タグ : 

タマネギ栽培 Q&A

北海道 タマネギ栽培

読了までの目安時間:約 6分

 

スポンサードリンク


tamanegi008
北見のタマネギ畑

 

 

北海道でのタマネギの栽培は、
作業やタイミングが他の地域と異なります。

 

北海道では、タマネギの種を春にまき、
9月~10月ごろに収穫を行います。

 

栽培初期は低温に気を付けることと、
気温が上がってからは除草作業が大切なポイントになります。

 

寒暖の差が激しい北海道では、
甘みの強いタマネギをつくることができます。

 

 

■北海道 タマネギ栽培

 

・苗づくり
春まきの種は4月にまきますが、まだ雪が残っている時期です。

農家は3月の下旬ごろからハウス内で種をまき、畑には融雪剤を用い、
雪をできるだけ早くとかし地熱を上げる努力をします。

家庭菜園では、かなり難しい作業です。

 

苗づくりは、育苗箱を利用し、室内で行います。
または、5月から販売されるタマネギの苗を利用しても良いでしょう。

 

育苗箱に野菜栽培用の土を入れ、種をまきます。
底から給水させ、水切れを起こさないように注意します。

 

日当たりが良い場所で、20度くらいの温度を保って育てていきます。

 

本葉2枚に育ったところで、間引いて株間を2.5㎝くらいにします、
25㎝まで育ち、茎径7~8㎜まで育った苗を定植します。
定植2週間前から、徐々に外気温にならしていきます。

 

・畑の準備
北海道では、タマネギの植え付けは5月末~6月上旬ごろに行います。 
畑の準備は、雪がとけ地面が乾いてから行います。

 

畑1㎡あたり100gの苦土石灰をまき、耕し混ぜて酸性度を調節します。
植え付け2週間前までには、堆肥を約2㎏投入します。

 

植え付け1週間前には窒素成分を含んだ化成肥料を100g~120g施します。
畑には黒いビニールマルチを敷きます。
地熱が上がりやすくなり、雑草対策にもなります。

 

 

tamanwgi-unedukuri
畝の作り方例

 

 

・植え付け
株間を10㎝、条間を20~25㎝で植え付けを行っていきます。
苗はあらかじめ同じくらいの大きさに揃えて分けておきます。

 

大きさの違う苗を混ぜて植えてしまうと、小さな苗が育たなくなります。
植え付け後はビニールトンネルで覆います。

 

・追肥
北海道のタマネギ栽培では、追肥は行いません。

堆肥は2か月間ほど効果が持続します。


栽培期間の短い春まきタマネギは元肥
をしっかりと播けば元肥の養分のみで充分育ちます。
追肥を行う
と、タマネギが腐りやすくなり貯蔵性も落ちてしまいます。

 

・水やり
タマネギは乾燥に弱い植物です。
北海道では寒暖の差が激しいため、
朝露がおり畑に水やりを行うことはまれです。

 

しかし、タマネギを短期間にしっかりと生育されるためには、
夏時期には水を与えたほうがよいでしょう。

 

・除草
北海道のタマネギ栽培で一番大変なのが除草作業です。
冬の低温で病害虫の発生が少ない北海道は、
他の地域に比べ、農薬の使用量が少ない傾向にあります。

 

しかし、タマネギに限っては、
本州のタマネギに比べて農薬散布の回数が多くなっています。

 

これは全て、除草作業のためです。
家庭菜園では、できるだけ除草剤は使いたくないものです。

 

マルチを敷いて畑の雑草を生えないようにするほか、
畝間にも刈り草を敷いて雑草の発生を押さえます。 

また、雑草対策はできるだけ早期から、こまめに行う必要があります。

 

・収穫時期
8月中旬を過ぎると、タマネギの葉が倒れていきます。
葉が倒れてから1週間後に収穫を行います。

 

収穫は、晴天が続いている日に行うのが良いです。
収穫後は3~5日ほど畑に置いて乾燥させます。
その後、葉を束ねて風通しの良いところで乾燥させます。

 

 

tamanegi

ダイナミックな吊るし方

 

 

■病害虫

 

軟腐病:高温多湿時期に発生しやすくなります。排水を良くして防ぎます。
りん片腐敗病:葉の倒伏時期に発生しやすくなります。
18度くらいの気温で雨が多い時は注意が必要です。
干腐病:連作をしないようにし、やむを得ない場合は土の消毒をしっかりと行います。
灰色腐敗病:7月中旬以降に注意が必要な病気です。
病気にかかっているタマネギは廃棄し、他のタマネギに感染しないようにします。
アザミウマ:6月上旬から発生しやすくなります。
水で薄めた木酢酢をスプレーして退治します。

 

■北海道タマネギ栽培のコツ
1.種まきと植え付け適期を守ります
2.雑草対策を早期からまめにします
3.苗を作るときは多く作り選り分けて大きさを揃えます 

>>タマネギ苗を各種見てみる

 

 

タグ : 

タマネギ栽培 育て方

人気の記事